犬の急性胃炎~原因から症状、治療法や予防法まで~

【獣医師監修】犬の急性胃炎~原因から症状、治療法や予防法まで~

お気に入りに追加

犬の急性胃炎の症状・原因・治療法・予防法をご紹介しています。犬の急性胃炎の原因には誤飲・誤食によるものも多く、普段から注意しておくことが必要です。

6734view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬の急性胃炎について

聴診器とレトリーバー

犬も人間と同じように「急性胃炎」があるのをご存じでしょうか?
犬の急性胃炎は、飼い主さんがご自身で判断することはとても難しいと思いますが、愛犬の様子をよく観察し、どのような様子なのか、どのような症状があるのかを把握し、獣医さんに細かく伝えることで診断に役立てることができます。

今回は犬の急性胃炎について、症状・原因・治療法・予防法などをまとめてみましたので、愛犬が「急性胃炎かな?」と思った時に、ぜひお役立てください。

犬の急性胃炎の症状とは?

よだれをたらす犬

胃の粘膜に炎症が引き起こされた状態を『急性胃炎』と言います。
急性胃炎は通常では1週間ほど症状が続き、慢性胃炎へと悪化してしまった場合には症状が1週間以上続く場合があります。

お腹を大きく収縮させながら胃の内容物を吐き出そうとすることがありますが、横隔膜や腹筋を使って、胃の中を空っぽにしようとするからです。吐き出した胃酸によって食道が傷つき、逆流性食道炎を発症してしまうこともあるため注意が必要です。

主な症状

  • 急な嘔吐
  • 食欲低下
  • 沈鬱
  • 腹部の痛み

犬の急性胃炎の原因とは?

寝ている犬

寄生虫・感染症・薬剤・誤飲誤食・中毒などが原因であることが多いようです。
もちろん基礎疾患があって起こる場合もあります。
犬が摂取してはいけないものに注意し、予防に努めましょう。

寄生虫による急性胃腸炎

寄生虫によって胃炎を引き起こすことがあります。

感染症による急性胃炎

犬の場合はジステンパーウイルスやパルボウイルスなどの感染症によって胃炎を引き起こすことがありますが、それ以外の細菌やウイルスへの感染によって引き起こされる場合もあります。

薬剤による急性胃炎

治療のために服用している薬が胃炎を引き起こす場合もあります。

誤飲誤食による急性胃炎

犬の急性胃炎の原因としては可能性が高いものの一つです。飲んだり食べたりしてはいけないものを口にしてしまったことが原因です。自宅にある飲み物や食べ物だけではなく、お散歩中の道端に生えている植物などにも注意が必要です。

犬の急性胃炎の治療法とは?

点滴中の犬

急性胃炎の場合、通常良好で、もちろん個体差や基礎疾患にもよりますが、2~3日で症状が落ち着くことが多く、治療にも反応してくれます。しかし、1週間以上経っても症状が治まらない場合には慢性胃炎である可能性が高いです。
もしくは、胃炎を引き起こす別の疾患がある可能性もあります。

誤飲誤食が原因である場合

異物を飲み込んでしまった場合の治療法が用いられます。固形物である場合には催吐剤などによって除去され、液体である場合には胃洗浄や吸着剤などの投与による治療が用いられます。

絶食・絶水

傷ついてしまった胃を休めるために絶食・絶水をします。どれくらい絶食・絶水をするのかは獣医さんの指示に従ってください。目安として、絶食絶水は24時間ほどです。その後は、消化されやすい食事から始めます。

輸液

嘔吐によって失われた体液を補うために輸液を行います。重症である場合には点滴が行われる場合もあります。

疾患の治療

寄生虫や感染症が急性胃炎の原因である場合には、原因となるものを除去する治療が行われます。

犬の急性胃炎の予防法とは?

水たまりの水を飲む犬

急性胃炎のほとんどは予防することができます。犬の急性胃炎の原因で多いうちの一つでもある誤食や誤飲の場合は、飲んだり食べたりしてはならないものを犬の手の届く範囲に置かない、お散歩中の誤飲・誤食に注意するなど対応することで予防することができます。

寄生虫が原因である場合

定期的な便検査によって寄生虫が寄生していないかをチェックすることができます。犬の健康診断は年に1回がベストですが、そのタイミングで便検査もしてみてはいかがでしょうか。
また、最近ではフィラリアの予防薬と一緒に寄生虫を予防できるものも発売されていますので、そういうものを使っていただくのも一つです。

感染症が原因である場合

犬の場合はジステンパーやパルボウイルスといった感染症によって胃炎を引き起こすことがありますが、ワクチンの接種で予防することができます。ワクチンの接種は年に1回ですが、任意ワクチンであるため、接種させていない飼い主さんもいらっしゃるようです。

まとめ

聴診器とダックス

一週間以内によくなることも多いですが、食欲がない、元気がないなど、あまりにも症状が重い場合にはすぐに病院へ連れて行きましょう。

固形物の誤食による急性胃炎である場合、誤飲したものを取り除くために手術が必要になってしまう場合もあります。犬の急性胃炎の原因の一つには、誤飲・誤食である場合も多いため、しっかり予防してあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちの愛犬は昨年、病気の治療で抗生剤やステロイド等多くの薬を飲んでいました。その結果胃がかなり荒れてしまったようで、大量の血が混ざった嘔吐を連続でしてしまいました。その中には消化しきれていないジャーキーなどの硬いおやつがそのままの状態で沢山出てきました。病院での判断は<胃炎>との事で、治療法は、数日絶食して胃薬を飲ませて(ミソプロストール)水分は犬用ポカリを水で薄めたものや豆乳を少し与えたりしました。そして、徐々に流動食からはじめて、少量のフードをふやかしたものにしていき、段階を踏んで元の食事に戻していきました。薬による胃炎だったので、それ以降は薬を減らして、おやつも全て手作りの無添加で消化の良いものに変えました。その後は一切同じような胃炎の症状は出ていません。
    人も犬も、病気を治すための薬が、かえって体を壊す原因になる場合もあるという事を学びました。長期にわたって服用したり、量が多い場合は一度獣医さんと相談してそのままで大丈夫かをチェックした方が良いと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。