愛犬のためのペットホテル選びのノウハウ

愛犬のためのペットホテル選びのノウハウ

お気に入りに追加

仕事や旅行など、やむを得ない事情で愛犬と過ごすことが出来ない…そんな時に便利な施設「ペットホテル」。ペットブームに伴い、増えてきたペットホテルですが、どのようにしたらわんちゃんも飼い主さんも上手なペットホテル利用が出来るの?ペットホテルの選び方や事前準備は?持ち物は?この記事では、そんなペットホテル利用に関するノウハウを述べたいと思います。

10412view

犬のペットホテルとは

ペットホテル

ペットホテルとは、皆さんご存知の通り、飼い主さんなしでペットが宿泊出来る施設、ペットを預かってくれる施設のことです。

しかしひとことで「ペットホテル」と言っても、様々な形態やスタイルのペットホテルがあるのをご存知ですか?

もちろんペットホテル専門の業務を行っている施設もありますが、動物病院やペットショップ、またトリミングサロンがホテルサービス、ペットのお預かりサービスを行っている場合もあります。

またそうした違いの他にも、その施設ごとに、ペットを預かってくれる環境も異なります。

1匹ずつ分けてケージなどに入れて管理する施設や、そのように1匹ずつ分けることなく全てのペットを同じ場所で自由に遊ばせておく施設、またその施設の管理人の方が常にペットと同じ空間にいて一緒に過ごす施設やそうでない施設など、その環境も様々あるのです。

愛犬のためのペットホテルの選び方

上記のように、そのスタイルや環境も様々ある「ペットホテル」の中からどういった施設を選ぶのかは、飼い主さんの判断次第です。

トリミングサロンが運営しているホテルやペットホテル専門の施設では、もしも愛犬の体調に何かがあった場合に心配なので動物病院の方が良い、という人もいれば、動物病院では少ないとはいえ感染症などの院内感染のリスクがあって心配、という人もいます。

どこに預けるのが正解でどこに預けるのが間違い、ということはありません。

環境がこう在って欲しいという飼い主さんの希望や、普段の愛犬の生活スタイルや愛犬の性格など、様々なことを考慮した上で慎重に選びましょう。

ただし、預けるペットホテルを選ぶ際に最低限チェックしておいて欲しいポイントがあります。

それは、その施設が「動物取扱業」として登録されているかどうかを確認することです。

「動物取扱業」として登録されているということは、その施設が自治体から「動物を扱う仕事をして良い」という許可を得ているということ。

大切な愛犬に、あってはならないトラブルが起きないようにする為にも、その施設が「動物取扱業」としての登録がなされているかどうかは最低限確認しておきましょう。

愛犬にペットホテルがしてくれること

ペットホテルはもちろん、「ペットを預かる」というのがメインのサービスです。

その上で、「ペットを健康な状態で預かる」ために、ペット同士で、また管理人さんと遊ぶ時間を設けてくれたり、お散歩に連れて行ってくれたり、必要があればトリミングやお手入れ、そして最近ではマッサージなどを行ってくれる施設もあるそうです。

中にはwebカメラを使用して、愛犬と離れている場所でも、終始スマホやインターネットで愛犬の様子をチェック出来るといったシステムのある施設もあるとのこと。

ペットブームに伴い、ペットホテルの需要が高まっている現在、そのサービス内容も日々変化しています。

このように、そのホテルが行っているサービス内容なども事前に詳しくチェックし、信頼出来る、安心出来るホテルを選びましょう。

犬をペットホテルに預ける前の準備すること

愛犬をペットホテルに預けることを決めたら、その時点から預けるための準備を行いましょう。

事前準備なんて必要なの?と思われる形もいらっしゃるかもしれませんが、ペットホテルをスムーズに利用するためには、事前の準備が非常に大切になります。

以下では、そんなペットホテル利用のために事前に準備しておくべき項目をいくつか挙げたいと思います。

(1)留守番や一人遊びに慣れさせる

一見忘れがちなことかもしれませんが、これは、大切な愛犬になるべくストレスをかけずにペットホテルを利用するためには最も大切になってくることです。

いきなりペットホテルに預けたとしても、自分の愛犬が大人しく何の問題もなくきちんとそこで過ごすことが出来る、と思い込んでいませんか?

しかし、日頃から留守番をすることや、飼い主さんと離れて一人でいる状態に慣れていない場合、ペットホテルで上手に過ごすことは難しいでしょう。

例えそのような状態に慣れているわんちゃんであってさえ、いつもとは異なる環境で過ごすということは、大変にストレスのかかること。

そんな状況に加え、更に普段慣れていない「飼い主さんと離れる」という状況になれば、膨大なストレスを感じたわんちゃんは、吠え続ける、噛み続ける、食欲がなくなる、また他のわんちゃんや管理人さんに対して攻撃的になったりといった問題行動を起こしかねません。

ですからそのような問題行動を起こすことなく上手にペットホテルを利用するためには、日頃から愛犬を留守番や一人遊びに慣れさせておく、飼い主さんと離れる状況に慣れさせておくことが非常に大切なのです。

日頃そのような練習を行っていない場合には、ペットホテル利用を決めたらすぐにでも練習を始めましょう。

一人遊びや一人でいる状況に慣れさせる方法は簡単。

飼い主さんや家族がお家にいる時でも、常に24時間愛犬と一緒、というのではなく、一日の一定時間は愛犬を一人でいさせる時間を作る、一日の一定時間は愛犬と別の部屋で過ごすなど、愛犬と離れる時間を設けることで、わんちゃんは自然に一人でいる状態を特別なことと思わなくなります。

また、留守番の練習に関しては、もちろん留守番の練習ですから実際に飼い主さんがお家からいなくなり、愛犬だけで留守番をさせる練習をするのですが、いきなりの長時間の留守番は厳禁。

時間のある時に少しずつ、まずは1分、上手に出来るようになったら5分、10分、30分、そして1時間と、徐々にその時間をのばしていきましょう。

(2)クレートやケージに慣れさせる

ケージに入った犬

大抵のペットホテルでは、24時間ではないにせよ、就寝時など一日の一定時間はペットたちはクレートやケージなどに入って過ごすことになります。

そのような時、愛犬がクレートやケージのような空間に入ることに慣れていなければ、上記同様に、吠えたり噛んだりなどの問題行動を起こしかねません。

ですからペットホテルを上手に利用するためには、留守番や一人遊びに慣れさせることに加えて、クレートやケージに入ることにも慣れさせる必要があります。

普段からそのような空間に慣れていない場合には、ペットホテル利用を決めたらすぐにでも、一日の一定時間はクレートやケージに入れて過ごさせるなどして、少しずつ愛犬をそうした環境に慣れさせていきましょう。

(3)ワクチン接種、予防接種を済ませる

これは、最も忘れてはならない準備です。

大抵の場合はペットホテルを利用する予定がなくても、毎年の混合ワクチン接種、狂犬病予防接種を愛犬に受けさせていることと思います。

ほとんどのペットホテルでは、その利用時に、混合ワクチン接種と狂犬病予防接種を済ませていることの証明を求められます。

いざ利用する!となった時に、それらを忘れてしまって利用出来ない!という事態に陥ることのないよう、ワクチン接種は必ず済ませておきましょう。

ペットホテルを利用する際の当日の持ち物

いよいよペットホテルへ愛犬を預けるその日。

ワクチン接種の証明書など、その施設から直接提示された持ち物以外には、必ずなくてはならないという物はありませんが、愛犬が上手にペットホテルを利用出来るよう、愛犬を預けると同時にペットホテルに預けておくと良い物をいくつか挙げたいと思います。

(1)いつも食べているフードなど

よく食べるドッグフード

意外にもわんちゃんは繊細なため、いつもとは異なる環境は大変ストレスになり、中にはご飯を食べなくなってしまうわんちゃんもいます。

ですから、そのようになってしまった場合に少しでもそうした状況を改善出来るよう、いつも食べているフードなどを、一定量預けておくと良いでしょう。

(2)お気に入りのおもちゃ、ベッドなど

お気に入りのベッド

同じように、ストレスのかかる慣れない環境下で、愛犬が少しでも落ち着けるよう、安心出来るよう、いつも遊んでいるお気に入りのおもちゃや、いつも寝ているベッドなどがあればそれらも一緒に預けておくと良いでしょう。

上記(1)、(2)は、必ず必要な物ではなく、施設側から持ち物として提示されない場合も多いかと思いますが、自ら用意しておけば、ほとんどの施設では受け取ってくれると思います。

ですから、少しでも愛犬にストレスフリーな環境を提供してあげるために、上記の物を用意しておくことが望ましいです。

愛犬をペットホテルから迎えるときの注意点

愛犬が無事にペットホテルから戻ってきたら、どのような行動をすればいいのでしょうか。

久々の再会に、ついついわんちゃんも飼い主さんもテンションが上がり、すぐにお出かけをしたりたくさんはしゃいで遊んだり、お散歩に連れて行ってしまったりということをしてしまいがちですが、これはNG行動です!

慣れない環境で過ごしたわんちゃんは、私たちが思っている以上に、体力的にも精神的にも疲れています。

そんな時にお出かけをしたりお散歩をしたり、激しく遊んでしまったりすることは、わんちゃんが体調を崩してしまう原因にもなりかねません。

飼い主さんのもとへ、またいつものお家へ戻ってきたという安心感だけで体調を崩してしまうわんちゃんもいるくらいですから、すぐの外出な特別な運動などは避け、何日かの間はわんちゃんをなるべく安静にしてあげ、これまでと何も変わらない至って普通の生活をさせてあげましょう。

そしてそのことが、わんちゃんにとっても何よりも幸せなのだということを忘れないでください。

最後に

以上今回は、わんちゃんを預かってくれる施設「ペットホテル」について、ペットホテルとはどのような施設なのか、また、ペットホテル利用のための事前準備や持ち物などについて述べました。

もちろんペットホテルは、どうしても愛犬の面倒を見られない、やむを得ない状況の際には大変便利な施設です。

ですがどうしても皆さんにお伝えしたいのは、安心して預けたはずのペットホテルから帰ってきた愛犬が、何らかの病気にかかってしまっていた、どこかの骨が折れてしまっていた、また最悪の場合には、大切な愛犬と二度と会うことが出来なかった…そのような受け入れがたい事故も、実際にペットホテルという施設で起きている事実なのだということ。

ですから、愛犬の面倒を見られない状況だからといって、すぐに「ペットホテルに預けよう!」と安易に決断するのではなく、どうにかして自分で愛犬のお世話をすることは出来ないか、またペットホテル以外にも、安心して預けられる、しばらくの間の愛犬のお世話を快く引き受けてくれる知人はいないか、そして信頼できるペットシッターさんに預けることは出来ないかなどといった、その他の選択肢も考えた上で、ペットホテル利用を決断することが望ましいでしょう。

そして、ペットホテルを利用すると決めた場合には、預ける施設の環境などを念入りにチェックし、本当に安心して預けられるかどうかをきちんと確認してください。

いずれにせよ、飼い主さんと離れることは、わんちゃんにとっては辛いこと。

やむを得ない事情もありますから、もちろんどこかに預けなければいけない状況があることは仕方ありませんが、仮にそのような状況であったとしても、大切な愛犬が、なるべく安心して、そして健康に過ごせるよう、しっかりと考えて判断してあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。