愛犬と船の旅!ペットも乗って大丈夫?注意事項は?

愛犬と船の旅!ペットも乗って大丈夫?注意事項は?

お気に入りに追加

愛犬と一緒に船旅をする際の注意点やおすすめのフェリー情報をご紹介しています。船旅なら大型犬も一緒に楽しむことができるんです!

3274view

愛犬と一緒に船に乗ることはできるのか?

シーズーと海

愛犬と一緒に船に乗って出掛けたい!
でも、犬と一緒に船に乗せてもらうことはできるのでしょうか。

愛犬と一緒に旅行したいとき、ちょっと遠出したいときなど、電車や新幹線を利用される人も多いかと思うのですが、一緒に乗ることができるのは小型犬のみですよね。

飛行機に愛犬を乗せることは抵抗のある人がほとんどだと思います。
日本では、犬は貨物室に乗せられ、空調の管理などもされていません。

車で行ける距離ではなく、電車や新幹線に乗せることはできず、飛行機に乗せるのもちょっと…。
こんなとき、みなさんはどうされているのでしょうか。
愛犬はお留守番、という場合がほとんどなのではないでしょうか。

うちにも大きめの中型犬と超小型犬がいるのですが、中型犬の子は車に乗るのが大嫌いですし、電車や新幹線には乗せられないし、船旅できたら良いな、と考えることがよくあります。

フェリーに乗って船旅ができる!?

ポメラニアンと船

犬と一緒に乗船することが可能なフェリーがいくつかあります。
フェリー会社によって対応は様々なのですが、犬のための乗船システムが用意されています。

事前に確認しよう!

犬と一緒に乗船するための規則などもありますので、事前に問い合わせてから利用するようにしましょう
また、同じフェリー会社であっても航路や船によって設備などに違いがあるため、料金やケージの有無などに違いがある場合もあります。

①「フェリーさんふらわあ」

公式ホームページには「ペットをお連れのお客様へ」という記載がありますので、ぜひご覧ください。

ペットの車内管理が禁止

「フェリーさんふらわあ」では、ペットの車内管理が禁止されています。
冬だし車内に置いておいても大丈夫かな?と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、安全管理上、車内に愛犬を乗せたままにしておくことはやめましょう。

愛犬と泊まれるお部屋あり

神戸⇔大分航路では愛犬と同室で泊まることができる「スタンダード ウィズペットルーム」というお部屋が用意されています。
洋室に2段ベッドが用意されており、定員2名と4名の部屋があります。

  • 空気清浄機
  • ペット用皿2枚
  • ペットシート
  • 粘着クリーナー

など、嬉しいアイテムも用意されています。

「ウィズペットルーム」を利用することができるのは、神戸⇔大分航路「さんふらわあ ごーるど」と「さんふらわあ ぱーる」です。
インターネット予約もしくは電話予約が可能です。

その他の航路は別室のペットルーム

その他の航路を利用される場合には、別室になってしまいますが「ペットルーム」という別室にあるケージに預けることができます。
目安としてはシベリアンハスキーくらいの大きさの犬が利用することができる特大サイズのケージも用意されています。
ケージの大きさは、小型・中型・大型・特大と4つのサイズがあり、乗船する船によって用意されているケージの数に違いがあります。

②【太平洋フェリー】

ケージの中のフレンチブルドッグ

ペットに一緒に乗船する場合には、乗船手続きの際に申告する必要があり、念書に署名しなければなりません。
犬の乗船料は無料です。

ドッグハウス

犬の場合、ドッグハウスが用意されているのですが、小型犬専用と中型犬専用の簡易保管施設であり、冷暖房と証明にて管理されています。ドッグハウスの利用料は無料です。

大型犬の場合

ドッグハウスに入ることのできない大型犬の場合、車内管理しなければならず、夏場などの暑い日は愛犬と一緒に乗船することは控えた方が良いです。

事前に確認しよう!

ドッグハウスにはケージが用意されているのですが、数に限りがあるため、乗船当日の先着順になっています。
ケージが利用できない場合、車内管理をしなければなりません。
また、ドッグハウスは事前予約ができません。

お散歩も可能!

ドッグハウスの周辺にはデッキが用意されており、愛犬をお散歩させてあげることができます。
後始末をしっかり行うことができればおトイレをさせてあげることも可能です。

まとめ

少女と犬

フェリー会社によって犬やペットに対する対応は様々です。

ペットと同室で泊まることができる船を利用したいと思われるのではないでしょうか。
料金は繁忙期になると値上がりしてしまいますが、普段はペット料金¥10000くらいで利用することができます。

犬の乗船料もケージの利用料も無料である船もありますし、車内管理しなければならない場合もあります。
冬場であれば、温かいお布団を用意してあげるなどし、車内での管理も可能だと思うのですが、夏場は熱中症などの心配がありますし、車内管理はとても危険です。

愛犬と快適な船旅ができるよう、参考にしていただけると嬉しいです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    飛行機の貨物室は空調がきちんと管理されています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    伊勢湾フェリー(鳥羽⇔伊良湖)は、ケージに入れれば、小型犬は船内に同伴できます。小型犬でもケージがない場合や、中 大型犬は車内に残しておけば、乗船できます。
  • 投稿者

    女性 匿名

    航空会社や航空機によって異なる場合がありますが、貨物室は温度や湿度の管理がされています。しかし、外気温などの影響にって、客室とは環境が異なる場合があります。
  • 投稿者

    女性 こむぎ

    私はこれまでも、これからもなかなか愛犬と船旅をするような機会はないと思いますが、島に住んでいる方なんかは犬と一緒に移動できないと困りますもんね。愛犬の負担にならないような旅ができるフェリーがあるとのこと、こういった意識がいろいろな公共交通機関に広がるといいなぁと願っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。