愛犬を人の家に連れて行くときに準備する物と注意点

愛犬を人の家に連れて行くときに準備する物と注意点

お気に入りに追加

愛犬を人の家に連れていくときに必要なものって知っていますか?迷惑をかけずにお互い良い気持ちで過ごすためのグッズと注意点をご紹介します!

5647view

犬を他の家に連れていく場合

バンダナをつけたゴールデンレトリバー

愛犬を人の家に連れて行く場合に準備しておきたいもの、準備しておくと良いものをご紹介します。
親しい人でもいざその人の家にいくと、いつもと違う環境なので犬はソワソワとしがちです。
相手の家のルールもありますし、犬の毛や外からのゴミも一緒に入ってくるかもしれません。
そういったことに対処する、または防ぐためにもおでかけグッズを予め準備しておくと良いでしょう。

最低限準備する物

紙袋をくわえた犬

ペットシーツ

いつもとは違う環境や知らない場所にいると排泄のリズムが早くなることがあります。
他人の家に連れていくと興奮する犬が多いかと思います。
どんな犬にでもおもらしをする可能性はあるので、ペットシーツは必需品と言えるでしょう。
愛犬の様子を見て必要ならすぐに取り出して排泄させてあげてください。
またもしも粗相をしてしまった場合にはペットシーツはすばやく吸水できるので、片付けにも使用することができます。

マナーベルト

犬のマナーベルトって聞いたことありますか?
男の子だとマーキングで周囲を汚してしまうことがあります。
それを防止するためのもので、ホームセンターなどで売っている使い捨てのものから布製の何回も使えるものまであります。
布製のベルトタイプのものは、中にポケットがついていてこの中に吸水性のあるシートを差し込んで腹巻きのように犬の体に巻きつけます。
そうするとマーキングをしてもマナーベルトの中でするため、室内を汚すことがありません。
使い捨てタイプのものは紙おむつのようになっています。これも布製のマナーベルトと同じように腹巻きのように体に巻き付けるようになっています。

足拭きタオル

外での汚れを家の中に持ち込まないように足拭きタオルを用意しておくといいでしょう。タオルがかさばるのであれば赤ちゃん用の使い捨てお尻拭きでも良いかもしれません。
ノンアルコールのものをオススメします。
あまり拭きすぎると肉球を痛める原因にもなるので、優しく拭いてあげましょう。

あると便利な物

骨型のおやつをくわえた犬

おやつ・おもちゃ

犬をうろうろさせないで一定の場所で落ち着かせるために使います。
ゴムでできたコングと呼ばれるおもちゃを使ったり、犬用のボーン型のガムを使ったりしましょう。
テーブルの下や足元でかじらせると良いですね。
逆におもちゃやおやつをあげるとテンションが上がってしまう犬もいるので、愛犬のタイプに合わせてあげるかどうか判断してください。

マット・タオル

抜け毛予防や、犬のクッション代わりになります。
愛犬が座れるぐらいのサイズのマットやタオルだと良いですね。
よく使っているタオルなどを一度洗濯して持っていくのも良いかと思います。
このマットやタオルの上でおやつを食べたり、くつろいだりすることができます。

水飲み用の器

神経質な犬は場所が変わったり、いつもと違う器だったりすると水を飲まなくなることがあります。
そのため長時間滞在する場合は念の為、器を持っていくと安心ですね。
マットやタオルの上にのせて床を濡らさないようにすると良いでしょう。

ここに注意!

黒背景と犬

予防接種やノミ・ダニ予防はしっかりと!

人の家に犬を連れていくときのマナーとして、予防接種やノミ・ダニ防止は必ずしておかなければならないことです。
人の家だけではなくドッグランやペットホテルに連れていくときも同じです。
外からノミ・ダニを持ち込まれて家の中で繁殖したり、飼っているペットに感染するのは避けたいものです。なのでしっかりと予防または駆除してから連れていきましょう。
法律で摂取が義務付けられている狂犬病予防接種の他にも、混合ワクチンの摂取もあります。
2〜9種まであり、一般的には4〜9種までが摂取されるようです。予防できる感染症は

  • ジステンパーウイルス感染症
  • パルボウイルス感染症
  • 犬伝染性肝炎
  • パラインフルエンザウイルス感染症
  • コロナウイルス感染症
  • レプトスピラ感染症(Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型)

などがあります。

人の家はその家の犬のテリトリー

もし連れていく予定の家で犬を飼っている場合は、その家はその犬のテリトリーです。
そのためテリトリーに侵入されたと思って攻撃的になる場合があります。
普段あまり吠えないような大人しい子でも自分のテリトリーに侵入されると怒って吠えたり噛み付いたりする可能性があります。
まずは外で合流してから一緒に家の中に入るなどをすると多少はこの状況を改善できます。
しかしその家はその犬のテリトリーであることを忘れないでください。

まとめ

フレンチブルドッグと2匹の犬

自分の家じゃないと犬は落ち着きません。
そんなときに対処できるのは飼い主さんだけです。連れて行った先でオロオロしないように事前に準備したり、注意点を確認しておくと犬も安心して居ることができますね。
少し持ち物が多くなってしまうかもしれませんが、それは仕方のないことです。
お気に入りのバッグを持っていったり、可愛いバッグを買ってみるのも良いかと思います!
よその家の人や犬、飼い主さんの愛犬、お互いが楽しく過ごすためにも準備は大切ですね!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 セナ

    やっぱりいくら親しい友達でも人のお宅に犬を連れて行くのは気を使いますね。だから犬を飼っている同士で犬を介して友人になった人とかでなければなかなか連れて行きません。そうでない人は「連れてきていいよ~」なんて言ってても内心はどう思っているかわかりませんからね。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。