犬がものもらいになる原因とは?その症状から治療・予防方法まで

【獣医師監修】犬がものもらいになる原因とは?その症状から治療・予防方法まで

犬も「ものもらい」になることをご存知ですか?人間同様、犬も目が腫れてしまったり痛みや目が開けづらいなど様々な症状が現れます。そんな犬のものもらいになる原因や症状、治療法などを詳しく説明致します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬のものもらいとは

寝ころんでいる犬

犬のものもらいとは、目の瞼の縁にあるマイボーム腺に炎症が起きたもので「マイボーム腺炎」といいます。目の瞼の皮膚と粘膜の間の縁に沿ってたくさんの小さな穴が一例に開いています。これがマイボーム腺という皮脂腺で油分を分泌しています。ここから出た油分と涙が混ざることで涙が蒸発しにくくし、目が乾燥(ドライアイ)しないようにしています。

ものもらいは他の犬へ移ることはありません。また免疫力の低い子犬や老犬、アレルギー体質の犬がなりやすいと言われています。

犬がものもらいになる原因

寝ている犬

麦粒腫

麦粒腫は黄色ブドウ球菌が目の瞼や縁に感染することで起こります。瞼が全体的に腫れたり、瞼の縁にニキビやイボのようなポツっとしたできもので腫れる場合があります。本来はこのような細菌は免疫によって対処出来ますが、若齢や老齢で抵抗力がないとかかりやすくなります。

霰粒腫

霰粒腫はマイボーム腺が何らかの原因で詰まってしまい、本来出ていくはずの油分が滞って眼瞼内で異物のように塊になり周りに炎症を起こした状態です。

マイボーム腺腫

マイボーム腺腫の原因はまだ分かっていません。良性の腫瘍ですが徐々に大きくなり、目に刺激を与えてしまいます。

犬のものもらいの症状

黒い犬の目

  • 目の痛み
  • 瞼の痙攣(痛みが強い場合)
  • 目の違和感
  • 目を開けづらそうにする
  • 瞼の腫れ
  • 瞼の縁にニキビやイボのようなものが出来る
  • 涙や目ヤニが増える
  • 目を手や床に擦り付ける

犬のものもらいの治療法

カラーを付けている犬

麦粒腫

麦粒腫は細菌感染が原因ですので抗生物質の目薬、眼軟膏、飲み薬を使って治療をします。早期に治療をすれば比較的早く治癒します。

霰粒腫

霰粒腫の治療法は詰まって腫れている結膜を小さく切開し、チーズ様の内容物を押し出します。また周りの炎症に対しての抗生物質や消炎剤などの目薬や飲み薬を使い対処療法を行います。霰粒腫は大きな異常や原因がないものは完治しますが、再発を繰り返すことも多く定期的に溜まった内容物を取り除く処置をしなければいけないケースもあります。

マイボーム腺腫

マイボーム腺腫が角膜にあたり刺激を与えてしまっている場合があります。そのような場合は切除する処置を施します。切除する方法は様々あり、突起物を切除して縫合するやり方や、電気メスやレーザーを使って蒸散(焼いてしまう)方法などあります。

エリザベスカラーの装着

目の痛みや違和感から、目を手や床に擦り付ける行為が見られることがあります。目を擦るという行為は角膜に傷を付けてしまう恐れがあり大変危険です。そのような場合は完治するまでの間エリザベスカラーを着けて過ごします。

犬のものもらいの予防法

犬のものもらいの予防方法は無い

ものもらいの予防法は残念ながらありません。ものもらいには細菌感染が原因なものもありますので日頃から目の周りを清潔にしておくことを心がけましょう。

まとめ

ものもらいになっている犬

ものもらいは違和感や痛みがあるために辛い病気です。放置してしまうと犬はその違和感や痛みを何とかしようと擦り付けてしまい角膜に傷を付け、さらに状態は悪化してしまいます。

目の異変に気付いたら自宅にエリザベスカラーがある場合は装着し、擦ったり出来ないようにガードしましょう。そしてなるべく早く動物病院へ連れて行き治療を受けましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 モカ

    犬のものもらい、知らなかったです。人間と違って?いろいろな原因や種類があるのですね。うちのわんこも普段から目やにが多く毎日チェックして拭いてあげるようにしていましたが、ある日白目の部分が真っ赤になっていたことがあり目やにもひどく涙目になっていたので急いで病院へ連れて行ったことがあります。結膜炎と診断されものもらいではなかったのですが、抗菌薬と炎症を抑える目薬を処方されました。結膜炎もかゆみと痛みを伴う事がるそうで、掻かせないようエリザベスカラーを付けて過ごしました。とても動き辛そうでちょっと可哀想でしたが二日ほどで外れたのでホッとしました。地面に近いわんこは散歩に行くと沢山の危険に毎日さらされているので清潔に保ってあげなくてはいけませんね。
  • 投稿者

    女性 ばななみるく


    わんちゃんもものもらいになるんですね。
    愛犬たちも目のトラブルは何度かありましたが、ものもらいになった事は今までありません。
    人と似たような症状がでるならば痒みや痛みや腫れなど、早めに治療してあげなきゃですよね。
    手で擦ってしまい傷がついてしまうと大変です。

    予防になるか分かりませんが、なるべく気付いた時には目やになど取り目の周りを拭くようにしています。自分の毛やホコリなどが目に入るとガシガシ擦ってしまうようで、ティッシュで目の中のゴミも取っています。
    3.4回ほど折ったティッシュを、愛犬の目を開かせたままそっとそのまま当てて離すと、間のゴミが取れやすいです。 この時当ててる間は動かさずに、そっと目にあてるだけです。
    いつもこの取り方ですが他に良い取り方はないのかなーなんて思っています。

    ものもらいは、そんなになりづらそうな感じはしますが目のトラブルは何かとありますよね。
    愛犬が目を擦ったり、目やにが増えたり普段と違った様子の場合は、迷わず診察して貰おうと思いました。
    愛犬は一時期目やにが増えて診察を受けましたが、逆まつげが原因のひとつだったようです。
    目にキズがついたりしないうちに行って良かったと思いました。
  • 投稿者

    女性 魚

    犬もものもらいになるんですね。昨年私が大人になってから始めてものもらいをやったのですが、これが非常につらかったです。かゆい&痛い。目がバリバリというかビリビリというか、治るまでとても憂鬱な期間でした。これが体の小さな愛犬に起きたらと思うと、この子耐えられるかしら、と心配になってしまいます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。