愛犬とのドライブで法律違反になるかも?気を付けたい道交法

愛犬とのドライブで法律違反になるかも?気を付けたい道交法

お気に入りに追加

愛犬とのドライブ中、膝の上に犬がいたりしませんか?また、窓の外に顔を出して風を気持ちよさそうに受けている犬はいませんか?このふたつ、じつは道路交通法の乗車積載方法の違反対象なので切符を切られてしまうんですよ。

29836view

愛犬とのドライブ、知っておきたい道交法

犬ドライブ

運転手の膝の上はNG!違反点数1点

運転中、愛犬はどこにいますか?
運転手の膝の上はNGだったんです。道路交通法によって以下のような決まりが定められています。

【道路交通法第55条 2項】
車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

犬を膝の上に乗せている状態はこれに当たるということです。
実際に犬を膝の上に乗せて運転をしていた容疑で逮捕者が出ていますので、切符を切られないためにも、愛犬の安全のためにも、安全運転のためにも注意してください。

窓から顔を出すのもNG!違反点数2点

窓から顔を出す犬

車の走行中、気持ちよさそうに窓から顔を出している犬がいますよね。でもじつはこれもNG、違反行為になってしまうんです。

【道路交通法 第4章 第1節 運転者の義務(安全運転の義務)第70条】 
車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

犬が窓から顔を出している状態は、上記の文言に抵触してしまうんだとか。違反点数2点、9,000円の罰金だそうですよ。

愛犬とのドライブに心がけること

犬クレート

ドライブ中の犬の事故

ドライブ中の不測の事故の事例を紹介します。
愛犬のために、これらの事故から愛犬を守るためにも日頃から意識して気を付けましょう。

  • 助手席にいた犬が、急ブレーキでフロントガラスに突っ込んで骨折をしてしまった
  • 運転手の膝の上にいた犬が、エアバックが作動し潰されて死亡してしまった
  • ドアに犬が足をかけた際にウィンドウボタンを押してしまい、驚いて窓から飛び出して後続車に引かれてしまった
  • 窓から顔を出した大型犬に、横を通り過ぎたバイクが驚いて転倒事故を起こしてしまった

ドライブ中愛犬はクレートが一番安全です

車の中を犬が自由に移動できるような状態は大変危険です。
安全運転のためにももちろん、愛犬の安全のためにも、運転中に愛犬が一番安全なのはクレートの中です。日頃からクレートトレーニングを行い、ドライブ中はクレートの中にいてもらいましょう。

意外と多い助手席に犬を乗せるケースですが、自動車事故に備えるとあまりおすすめできません。
それでもクレートが苦手な犬の場合は、必ず後部座席で、犬用のシートベルトやドライブボックスを利用するなど安全対策を講じましょう。

もちろん犬の顔が出るほど窓を開けるのはNGです。車酔いが心配な犬のためには、こまめに休憩を取って外の空気を吸わせてあげてください。

まとめ

ハーネスを付ける小型犬

犬とのドライブで大げさな、とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、実際に事故が起きている現実を考えると社会のマナーとしても必要なことなのでしょう。赤ちゃんにはチャイルドシートが義務化されました。犬も同じように考えても良いかもしれません。愛犬にも安全対策を心がけましょう。
これから愛犬をつれて車で遠出する機会が増える季節です。
安全運転のため、愛犬のため、犬用のシートベルトやドライブボックスの準備はされましたでしょうか?
うちは小型犬のため、キャリーバッグにいれたまま後部座席に乗せていますが、渋滞などにはまって長時間後部座席でひとりにさせておくとかわいそうで、つい助手席で抱っこをしてしまうことがありました。
しかし自損事故ならまだしも、自動車事故は他の方へも甚大な被害をもたらしてしまう危険性がありますので、これからは注意しようと思います。そして、ドライブボックスの購入も検討してみようと思います。
最近では、高速道路のサービスエリアにドッグランが併設されていることもあり、犬とのお出かけがしやすい環境になってきました。
道路交通法に配慮しながら、安全運転でお出かけを楽しいみたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 茜

    どれも案外よく見かける光景だったりよくやってしまっている光景だったり、わんちゃんを飼われている方なら皆さん一度は経験されたことがあるかと思います。私もその中の一人です。さすがに運転席はありませんが助手席でわんこを膝の上に乗せて窓を開けて外を見せていたことは何回かあります。小型犬なので首を外へ出すことはありませんがやはり外を眺めるのが好きなようで、身を乗り出して外を見ようとするので、中で抑えてみせてしまいます。安全を最優先に考えればゲージの中が安全なのでしょうが、せっかくの旅行、せっかくのドライブと思うとつい抱っこして一緒に味わいたいと思ってしまいます。道交法違反になるとは知らずペットを危険にさらしてしまう行為、反省です。本当に最近はサービスエリアにドッグランを設けているところが増えていてとても助かりますね。旅行へ行くときは必ずドッグランが設置されているサービスエリアを探して休憩するようにしています。沢山のワンちゃんたちに出会えて楽しいですよね、楽しいドライブ、旅行をするためにも安全を考えしっかり」ルールを守った運転を心掛けなくては思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 てとめる

    わたしはドライブスルーのあるお店で働いているのですが本当にこの光景は良く見ますよ!!一見、可愛いと思うのですがやっぱりあぶないな~と思いますね。しかも静かにしてる犬はほとんど見かけたことがなく、大体は大暴れ。吠えているわんちゃんなんかも多いですね。窓に顔を出しているわんちゃんは大人しい犬がおおそうにも感じますが。ただいつもいつも思うのは事故に合ったり、事故に合いそうになって急ブレーキなんかを踏んだらどうするんだろう?という点です。膝の上なんかは間違って足元なんかに降りられたら下手したらブレーキ踏めないですよね。窓から顔を出すのだって障害物のこと気にしてるのかなと思いますし…。飼い主さんは周りから可愛いって思ってくれてると思うんでしょうが本当は違いますよ!!現実はかわいそうだななんて思われているんですよ(^_^;)
  • 投稿者

    女性 ラムネ

    記事を読んでドキっとしました。
    私もついつい近くだから~と近距離の時は愛犬を膝の上に乗せて行ってました。。反省です。
    でも実家に帰る時などの少し長距離の場合はワンコ用のシートは持っていないのでオリジナルで作ったboxに入れています。
    箱は家具屋さんやホームセンターで売っているカゴBOXを用意します。その時にできれば両サイド持ち手の部分に穴が空いているものがベストです!
    もちろんBOXに入れられるのは小型犬か中型犬が限界ですが・・・
    ワンコが入るサイズのBOXに中にはブランケットを一枚引きます。カゴが直接当たって痛くないようにする為です。余裕があれば底にワンクッション、椅子用のクッション(薄手)をひくとさらにワンコが落ちつきます。超小型犬については少し高さを付けるのと振動での安定感を保つためにブランケットなど厚みのあるものをさらに入れてあげるとイイですよ。
    助手席または後部座席のシートに乗せたらシートベルトを上手くBOXに引っかけて、内側の持ち手穴にシートベルトを通します。そして固定してください。
    もちろん乗車中はワンコが急ブレーキで飛び出す恐れもありますので
    後部座席に乗せる時は必ず横に誰かいる方が安心です。一人で乗せる時には必ず助手席に乗せるようにしています。
    あと、注意点はかならずリードは絶対に付けておくことです。リードは飛び出せない程度の長さで固定してください。
    ワンコはドライブ中は極力、外が見たいんですよね~うちもそうです。
    なので、固定したあとにシートが低く、外が見えない場合はボックスの下に座席用クッションなどである程度座った状態でワンコも外が見えるようにしてあげると喜ぶと思います。
    あくまでオリジナルなので安全性には若干欠けますが、全く何もしない状態でワンコを座席に乗せるよりは安定感と安心感はあります。ぜひ試してみて下さい!
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ワンちゃんとのドライブは気持ちも高まってしまい、ついついやってはいけない行為をしてしまう恐れがありますね。大型犬はないと思いますが、小型犬はピョイっと膝に抱っこしたり、意外とフリーで助手席に乗せていたりしますよね。最近では、短めのリードがついた犬用のチャイルドシートも売っているようなので、事故防止の為に対策をした方が良いですね。
    又、記事にあるように窓から顔を出しているワンコも多く見かけます。どうしても、酔わないように窓を開けたりしますが、顔が出ない位の細さで開けるようにした方がいいですね。かなり乗り出して顔を出しているのを見た時に、電柱などに頭をぶつけないかハラハラした事があります。楽しくドライブをする為には、キチンとしたマナーが大切だと思いました。
  • 投稿者

    男性 匿名

    犬を膝の上に乗せたり窓から顔を出させたりするなんて言語同断。道交法違反です。
    車内を犬が自由に動き回らない様にリードなどでつないでおくかカゴにでもいれて置くこと。こういう奴に限って運転が上手いとかマナーがいいとか言う。万が一事故でも起こして死者でもでたら偉い迷惑。自爆してお犬様のお供で一緒にあの世へ行く分には構いませんが。
    他にも他人の敷地内に勝手に入り花壇を荒らしたり糞尿で植物を枯らしたり道のど真ん中に糞をさせて片付けもせず放置したり電柱やガードレール等公共物に糞や小便をかけ腐らせる。みんな違反行為です。
    犬をどこにでも連れて行き躾けもせずワンワンキャンキャン吠えてようがお構いなし。
    ごく一部の愛犬家気取りの連中はどこでも迷惑をかけてる。
  • 投稿者

    30代 女性 hiromi

    よく見かける光景ですよねー。
    記事を読んでドキッとする飼い主の方は多いのではないでしょうか。

    実際、実家で犬を飼っていた時に両親が車に犬を乗せて出かけていました。
    小型犬だったので、窓から顔を出させることはしませんでしたが、車内でフリーにさせていました。
    今考えると、なかなか危険ですね、、。

    車が好きな犬であれば、一緒に出かけることはとても楽しいことですよね。
    しかし、お互いが安全に過ごせることが一番ですので、ルールを守っていきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。