犬用湯たんぽで寒さ対策!使うときの温度や注意点、おすすめグッズの紹介まで

【獣医師監修】犬用湯たんぽで寒さ対策!使うときの温度や注意点、おすすめグッズの紹介まで

寒い季節、犬の寒さ対策に湯たんぽを使っていますか?「犬は毛皮に覆われているから寒さに強い」と思われがちですが、意外に寒さに弱い犬も少なくありません。人間用の防寒対策として便利な「湯たんぽ」は犬に使用することができるのでしょうか。湯たんぽの使い方や使用するにあたっての注意点、犬にぴったりなおすすめの湯たんぽをご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬用湯たんぽで寒さ対策!

ブランケットに包まった犬

犬は寒さに強いと思われがちですが、実はそうではありません。犬種や個体差によって寒さの感じ方は多少異なるものの、人間が寒くて辛いと感じる季節には犬も寒さを感じているのです。そのため、冬には犬が温かく過ごせるよう寒さ対策をする必要があります。

犬の寒さ対策にも様々な方法がありますが、なかでも湯たんぽは場所を選ばず、いつも愛犬が寝ているところに設置するだけで、自然な温かさを長時間感じることができるアイテムです。特に暖房機器を利用した暖かさを苦手とするわんちゃんや、ケージ内でお留守番をするわんちゃんには非常におすすめ。

ペット用のコードレス湯たんぽを選べば、コードをかじってしまう心配もなく、正しく使用すれば安全で快適な暖房グッズとなります。また、一度買えば何度も利用できる点も利点ですね。

最近では、一言にペット用湯たんぽと言っても、犬専用の湯たんぽ、ネコ用湯たんぽ、小動物用湯たんぽとその大きさや形状は様々です。犬用でなければ使用できない訳ではありませんので、使用する場所や時間、愛犬の体の大きさなどに合った湯たんぽを選びましょう。

なかには、愛犬の湯たんぽや湯たんぽのカバーを手作りする飼い主さんもいらっしゃるようです。また、冷え込みが激しい夜に応急的に利用するのであれば、ペットボトルを湯たんぽ代わりに使用することも可能です。犬用湯たんぽを正しく選び、使用するためのポイントを確認していきましょう。

犬用湯たんぽの適切な温度

湯たんぽ

犬用湯たんぽの適切な温度については、人が触っても熱くない温度を目安にしましょう。使用時間や使用状態によっても、適切な温度は異なるため、慎重に判断する必要があります。

お湯を入れるタイプの湯たんぽの場合は人間用の湯たんぽ同様、80度~100度の沸騰したお湯を入れた後、しばらく放置して熱すぎないかを確認してから使用します。温いことよりも熱すぎることのほうが低温やけどなどの事故を引き起こすリスクがあるため、容器にしばらく手を乗せて温度をしっかりと確認してください。

犬用湯たんぽの注意点

注意の看板を持ったパグ

低温やけど

犬の身体に湯たんぽが直接当たっている状態が何時間も続くと、低温やけどをする可能性があります。そのため、犬用湯たんぽには必ずカバーを付けるようにしましょう。湯たんぽを触ったときにじんわり温かさが伝わるくらいの厚手のタイプが安全でおすすめです。

犬が涼しめるスペースを設ける

犬が体温調節をするために、湯たんぽを避けられるスペースを設けることが大切です。狭い寝床やケージに湯たんぽを設置する時は注意しましょう。湯たんぽでスペースを埋めてしまうと、低温やけどや脱水、熱中症に繋がる可能性もあります。

犬の性格に合わせた材質湯たんぽを選ぶ

子犬や好奇心旺盛な犬の場合、湯たんぽを噛む可能性もあります。そのような心配がある場合は、万が一かじってしまっても安全な材質の湯たんぽを選ぶようにしましょう。犬が物をかじるのを防止するためのしつけスプレーを湯たんぽカバーに使用するのも一つの方法です。

犬がつまずいて転ばないように気を付ける

目の不自由な犬や老犬の場合、湯たんぽにつまずいて転んでしまうこともあります。犬の歩く場所を避けて設置したり、高さのないゴム製タイプの湯たんぽを選んだりすることで、転倒事故を防止しましょう。固くて重い材質の湯たんぽは怪我に繋がる可能性もありますので、柔らかくて軽い材質の湯たんぽがおすすめです。

犬の湯たんぽ おすすめの人気商品5選

ブランケットから鼻を出す犬

ドギーマン 遠赤外線レンジでチンしてぽっかぽか

ドギーマン 遠赤外線レンジでチンしてぽっかぽか アプリコット
4,575円(税込)

「ドギーマン 遠赤外線レンジでチンしてぽっかぽか」は、電子レンジで温めるタイプの犬用湯たんぽです。ふわふわなボアカバーも付いていて湯たんぽに直接肌が触れないので低温やけどを防いでくれます。カバーの中にはアルミ層が付いており床からの冷気を遮断し長時間ぬくもりをキープします。

マルカン ペットの湯たんぽ気分

ペットの 湯たんぽ気分 丸型
4,480円(税込)

「マルカン ペットの湯たんぽ気分」は、電子レンジで温めるタイプの湯たんぽです。約10時間温かさが続きます。面がツルツルなので汚れがつきにくく、汚してしまっても汚れがとれやすいので清潔です。また、段差のないノンステップ、フラットタイプなので上に乗ってもガタつきがなく安定しています。

スケーター ココアドッグ 温冷水まくら

スケーター ココアドッグ 温冷水まくら
560円(税込)

「スケーター ココアドッグ 温冷水まくら」は、冬は湯たんぽとして、夏は氷枕として利用できるペット用水まくらで、フリースカバーが付属しています。人間の湯たんぽ同様、お湯を入れて適温まで冷めてから使用してください。

Aujen 湯たんぽ 充電式

Aujen 湯たんぽ 充電式 蓄熱式 安心安全 湯たんぽ 急速充電 6〜7時間保温 繰り返す利用可能 エコ湯たんぽ 冬の寒さ対策 カバー付き(グレー)
1,980円(税込)

こちらは充電式の湯たんぽです。6~7時間温かさをキープすることができ、使用時はコードレスで使用することができるので安心ですね。湯たんぽもカバーも付属されており、水の入れ替えやレンジ使用などが面倒な場合には非常に便利ですよ!

犬用湯たんぽにも様々な種類がありますので、愛犬の体の大きさや外飼いなのか室内飼いなのかなど状況に合わせて最適な湯たんぽを選びましょう。コードレス・洗えるカバー付き・軽い。この3つを条件にして探すのがおすすめです。

人間用湯たんぽを犬に使える?

クエスションマークと首をかしげる犬

人間用湯たんぽを犬に使用することは可能です。しかし、電気コードを接続するタイプの湯たんぽや、高温になり過ぎる可能性がある湯たんぽを長時間使用することは避けましょう。飼い主さんの目の届く場所で短時間利用するのであれば特に問題ありませんが、低温やけどや脱水、熱中症を引き起こす可能性があります。

人間用湯たんぽと犬用湯たんぽの違いは、主に材質にあります。一般的に、犬が低温やけどを引き起こさないための工夫やお手入れがしやすいように防水加工がされているものが販売されています。そのため、一般的なお湯を入れるタイプやレンジタイプの人間用湯たんぽであれば、カバーを付けることで愛犬も問題なく利用することができます。

犬用湯たんぽを紹介しているブログ

女性と一緒にパソコンを見る犬

デカチワワと暮らす生活

こちらは犬専用湯たんぽではないものの、「ゆたぽん」というレンジタイプの湯たんぽを愛犬と利用されているところを紹介されています。メリットや使用方法、持続時間などについても写真付きで詳しく紹介されていますので、是非参考にしてください。

ねぇーちゃんと怪獣あいの怒涛の日々

こちらのブログでは、愛犬用に利用しているとっても可愛い湯たんぽが紹介されています。低温やけどの予防や保温方法についても非常に詳しく解説されており、実際に湯たんぽを利用しているわんちゃんもとっても可愛いですよ~!

まとめ

暖炉の前で飼い主とくつろぐ犬

人と同じように、犬にとっても寒さは辛いものです。外飼いの場合はもちろん、夜間やお留守中はお部屋の暖房を消す家庭も多いことや、暖房機器を怖がるわんちゃんも少なくありません。かと言って、その間の寒さ対策を何もしないでいると、愛犬が体調を崩す原因になってしまう可能性もあります。

寒さに弱い犬種はもちろんですが、子犬や老犬など、体温調節が苦手な犬の場合は特に配慮が必要です。湯たんぽは、ペット用のホットカーペットなどと異なり電気を使用せず、コードレスのため火災の心配もなく、多少目の届かない場所であっても安心して使用することができます。長時間触れていることで低温やけどを起こす場合がありますので、注意しましょう。温かい湯たんぽをうまく利用し、愛犬が寒い季節を少しでも快適に過ごせるよう工夫しましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 colo

    冬の寒さに弱い犬は多いですね。老犬になると体温調整が上手くできなくなってくるので、冬の寒さは堪えます。湯たんぽは電気や火を使わないので一番安全に使うことができますね。今はサイズが小さいものもあるので、犬用にひとつ用意しておいてもいいと思います。犬はお腹側を温めた方が効果的に暖かくすることができます。下に敷くものを暖かい素材のものにしてあげるといいと思います。

    他にもホッカイロが使えます。直接触ると低温火傷の心配があるので、バスタオルなどに貼り、包んで犬の座る下に置きます。8時間~10時間近くはじんわり温かいので、夜に貼っておけば朝まで温かく過ごせます。

    犬用にこたつもありますが、そのまま寝入ってしまうと水分が蒸発して乾燥してしまい、冬なのに熱中症になってしまう危険もあります。少し温めたらスイッチを切るようにしましょう。
  • 投稿者

    女性 ポムポム

    湯たんぽですか、いい寒さ対策ですね!うちのわんこは何かと破壊をおこなっていきます。夏に少しでも涼んでももらえればとアルミの冷たいプレートをわんこのお部屋にいれてあげたのですが、何に敵意を感じたのかずっとかりかりとプレートをほりまくって本来の気持ちいい冷たさを感じてはもらえませんでした。冬の暖房系も同じ結果になるのではと懸念して、飼い主の着なくなったお洋服や毛布で寒さをしのいでもらっていました。ですが、こちらの記事を読んでいるうちに希望がみえてきました。湯たんぽでしたら材質を選べばかじってこわすこともできませんし、厚めの生地でほどけない覆い方をしたら破壊の心配や危険も少なくなります。湯たんぽはじんわりと暖かい空気を作ってくれるので、ヒーターの前が大好きな愛犬も気に入るかもしれません。季節がきたらぜひ試したいと思います。
  • 投稿者

    女性 Sakura

    うちで一緒に暮らしている愛犬はシーズーで、今年9歳になります。老犬と呼ばれる年齢になってきたのでだんだんと体も弱ってきて、昔に比べると家でゴロゴロしていることが多くなりました。そんな愛犬ですが、特に冬の寒さは辛そうにしています。飼い主である私も寒さは心底苦手なのですが、我が家の愛犬は冬の寒さをしのごうとして、常に家族の誰かにピッタリとくっついています。これが暖かくて人間の私たちもとても幸せな気分になります。しかし、常に私たちがピッタリとくっついてあげられないので、犬友達から薦められた湯たんぽを使うようになりました。犬のベッドにカバーをした湯たんぽを乗せて置いてあげると、この湯たんぽに寄り添って寝ています。愛犬は湯たんぽが大好きです。人間が使う時にも注意しなくてはいけませんが、低温やけどをしないように注意です!
  • 投稿者

    女性 コロ

    小さいサイズの湯たんぽはお散歩で出かけた時も使えます。カートの中に毛布と一緒に入れて置いて暖かくします。中のお湯が冷めてきたらただのお水なので、側溝などに流すこともできるので冬のお散歩では便利なアイテムになっています。
    わんこが眠る時は低温火傷が怖いので、厚手のタオルとかブランケットで巻いて枕のようにしてもらっています。たまにそれを抱えて寝ていることがあるのでやっぱり暖かいんでしょうね。
  • 投稿者

    女性 まる

    犬用の湯たんぽなんてあるんですね!丁度、最近とても気温が寒く愛犬がかわいそうだと思っていたので愛犬用の布団を寝床にしいてあげているだけなのですが、これならきちんとあたためてあげれそうなので試してみようと思いました!低温やけどには気を付けないとですか犬用だと人間のものよりは温度もひくめになるのかな…?やっぱり犬も毛があっても寒いですよね。我が家の愛犬は老犬なので寒さ対策をしっかりしてあげないとと思います!
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    以前人間用の大きめな湯たんぽを愛犬のクッションハウスに入れて置いたら、翌朝湯たんぽが丸ごと外に出されていました。大きすぎたので寝づらかったみたいです。
    犬のサイズに合わせた大きさを選んであげるといいですよ。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    レンジでチンするタイプの湯たんぽだと温めるのも楽ですし、冷えてきたかな?と思ったら、またそのままレンジでチンするだけなので、手間がかからない分ちゃんと活躍しそうです。ソフトタイプなので高齢犬にはいいですね!

    お湯を使う湯たんぽは飼い主がやけどしてしまうこともありますし、お湯が漏れたらと思うと怖いので、長く活用させるなら安全で少しでも管理が楽なものを選びたいですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。