愛犬の失明は突然起こる?自宅で出来る3つチェック法~我が家の緑内障闘病記~

【獣医師監修】愛犬の失明は突然起こる?自宅で出来る3つチェック法~我が家の緑内障闘病記~

お気に入りに追加

我が家の愛犬が患った「緑内障」の発症〜治療までと、動物病院の先生直伝!自宅でも出来る簡単な目の検査方法をご紹介致します!

25308view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

愛犬の目の異変・・・緑内障の兆候

目

愛犬の目の異変は、『白目の充血』から始まりました。
あれ?なんだか片目だけ開けづらそうにしてるな…と思い、瞼を上に上げてみると白目が真っ赤に充血していました。

右目が濁るパピヨン

数日経っても目の状態は変わらず、開けづらそうにしていました。痛いのか、あまりご飯も食べてくれません。そして普段なら黒いはずの目の表面が徐々に『擦りガラスのような濁った色』に変わっていました。
不安になり自分でもいろいろネットで調べてみると『緑内障』の症状にとても似ており、「早く病院へ連れていき診てもらわなきゃ…」と慌てたのを今でも覚えています。

緑内障とは

犬の目の検査

緑内障は失明してしまう目の病気です。
眼球の中は、ある一定の水の量で保たれています。その水の量は、新しく作られ入ってくる水と不要になって出て行く水が一定のお陰で眼球は同じ大きさを保っています。

しかし、何らかの原因によりその一定の量が狂ってしまうことで目に障害をもたらします。眼球の中に溜まっている水が出て行かなくなってしまうと、目がパンパンに膨らんでいきます。これが眼圧と呼ばれる目の圧が高くなった状態です。眼圧が高くなると、目の中にある神経にダメージを与えてしまい、やがて失明してしまいます。

人の緑内障の場合は、徐々に視野が狭くなり何年もかけて進行していきますが、犬の場合は発症してからたった1日で失明してしまうこともあります。飼い主さんがおかしいと気付き動物病院に連れて行くころには、手遅れなケースがほとんどだと言われています。

片方の目が緑内障になった場合、もう片方の目も緑内障になってしまう確率が非常に高いと言われています。

主な症状

  • 目の痛み
  • 痛みによる食欲不振
  • 白目の充血
  • 目が開けづらくなる
  • 瞳孔が開いたままになる
  • 目が大きくなり飛び出てくる
  • 失明

愛犬が行った診察と検査

犬の目の診察

早速、動物病院へ向かい獣医の先生に見て頂きました。やはり白目の充血が激しいことから緑内障の可能性があるとのこと。

緑内障の診断には『眼圧』と『視覚』の検査が必要になるとのことですぐに検査をしてもらいました。

まずは『眼圧』の検査

犬の眼圧を測るには人間用とは少し違う機械を使います。何種類か動物の眼圧を測るものがあります。先を目にあてるものや、専用の小型機械のペン先から細長い先の丸い針のようなものが出てきて目の表面に一瞬だけ当てるタイプのものもあります。痛みはなく犬が動かなければ一瞬で終わります。

眼圧の検査結果は、正常値が『15~20mmHg』程度ですが愛犬の場合はなんと『45mmHg』ありました。

先生直伝!ご家庭でもできる『視覚』の検査方法

次に行った検査は、「見えているのか?」を調べる検査でした。

行った検査方法は3つ。

  • 障害物を置く
  • 頭上からティッシュを落とす
  • 指を目に近付ける

これらはご家庭でも確認できる簡単な診断方法なので、初期診断に使う事もできます。

検査方法1:障害物を置く

室内の床に障害物を置きます。障害物にぶつかることなく歩けるかを検査します。障害物は何でも構いません。我が家では再現のため自宅にあるゴミ箱を使いました。

床にある障害物

目が見えている場合は、ぶつかることなく避けて歩くことが可能です。

障害物を避けて歩く犬

見えてない場合は障害物にぶつかります。その他やたら床のニオイを嗅ぎながら前進し、歩行がゆっくりな場合は盲目の可能性があります。見えてないと自信がなく不安で、嗅覚に頼っているからだそうです。

犬は見えていなくても家具の配置を覚えていて、ぶつかることなく生活していることがあるので、写真のように障害物を置き、見えているかを検査します。

検査方法2:頭上からティッシュを落とす

犬の頭上から丸めたティッシュを落とします。見えている場合は、上から落ちてきた物に気付き視線が上から下へ動きます。見えてない場合は、落ちてきたことに気付きません。

検査方法3:指を目に近付ける

左右の目別々に検査を行います。人の指を1本、目に近付けていきます。見えている場合は、目を閉じます。これは目に物が入るのを防ぐために「威嚇反射」と呼ばれる反射だそうです。見えてない場合は、まつ毛に指が当たってからようやく目を閉じます。

愛犬の検査結果は、片目は残念ながら『失明している』とのこと。以上の眼圧と視覚の検査を合わせて緑内障と診断されました。

目薬で緑内障の進行を抑制

目薬のイラスト

緑内障の治療は、基本的には目薬をつけて、上がってしまっている眼圧を下げます。しかしこの目薬は、あくまで抑制するための薬。残念ながら一度発症した緑内障は完治しません。
これ以上進まないように進行を緩めてあげる、もしくは痛みを和らげるという目的の治療になります。

痛みが酷く目が飛び出ている場合、痛みがひどい場合などは、外科的に眼球を取り除き、人工の眼球を入れる手術をすることもあります。また、視覚がある場合は、目に管をとりつけてたまったお水の通り道を作ってあげるような手術もあります。愛犬の治療法は目薬を使い眼圧をコントロールすることになりました。

目薬の付け方とコツ

目薬

目薬の付けるコツは正面から付けようとすると怖がってしまうので、目薬の容器が視界に入らないように後ろから付けるのがポイントです。目薬を付けた後、余分な薬が眼から溢れ出てきますが必ずティッシュで拭くようにします。拭かないでおくと目の周りがかぶれてしまったり、脱毛や痒みの原因になります。

目薬に慣れるまではかなり苦戦しました。
これから一生目薬をつける生活になるので、なるべく嫌な思いをさせない為に目薬をつけた後は必ずご褒美を与え嫌なイメージで投薬を終わさないように工夫をしています。
緑内障になっていない側の目にも目薬を付けなるべく発症しないように予防しています。

まとめ

犬と手

犬は嗅覚が優れているため、失明しても記憶や嗅覚に頼って生きていけると言われています。

目が不自由な子が自宅にいる場合は、なるべく家具の配置は変えないようにし、わんちゃんの目の位置にとがったものなどを置かないようにして、お散歩や外出する際は飼い主さんが愛犬の目になり、気を付けてあげケアしてあげることが大切です。

病気の早期発見には飼い主さんがいかに愛犬の異常にいち早く気付くかにかかっています。
視覚の検査は自宅でも出来る簡単な検査方法ですので、皆さんも是非愛犬にして頂き早期発見に役立てて頂けたらと思います。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    我が家の愛犬も緑内障になりました。
    ただ、我が家の場合は、白内障の手術後に起きた緑内障です。
    術後、黒目が濁ったり、充血が気になったりで、かなりの頻度で眼科に通院していましたが、ある晩、目が青白くなり、翌朝にはグレーに近い色に…
    病院に行って眼圧を測ったところ、45ありました。
    そして残念ながら、その次点で、光への反応はなく、失明していました。
    回復する可能性もあるとの説明でしたが、前の晩からの高眼圧が続いていたため、視力が戻ることはありませんでした。
    その後も、点眼の甲斐なく、調子が悪いと80近くまで眼圧が上がることもあり、眼球摘出の話までされました…
    相性のいい、目薬に出会え、今は眼圧も安定し、摘出の話は保留になっています。

    愛犬の場合は、白内障の悪化から、網膜剥離が起きており、術後の合併症での緑内障。
    反対の眼は、緑内障のリスクはないそうですが、片眼の視力を無くしてからは、眼圧の影響やら、恐怖心から気が荒くなってしまいました。
  • 投稿者

    女性 二条

    犬の緑内障は起こりやすい犬種もある程度特定されているので、よく見ておくことが大事ですね。予防できる方法があるのなら、今からでも実行していきたいですが、定期的な健診でこまめにチェックすることしかないんですね。

    緑内障の初期では強い痛みを感じるので、元気がなくなったりご飯を食べなくなることがあります。見てわかるのは目の充血、結膜炎などの炎症です。中期以降になると強い痛みも麻痺してくるので、痛みがなくなったと勘違いした犬は元気になる姿が見られるようです。ですがこの裏では着々と症状は進行していきます。飼い主さんも元気があるから治ったんだ、と勘違いしてはいけないところです。

    愛犬にも3つの検査方法を試してみました。どれもちょっと間がありますがセーフでした。
    我が家の愛犬は緑内障を発症しやすい犬種であると同時に、高齢なので白内障も発症しています。緑内障になるリスクは高い方だと思います。毎日、朝昼夕の3回白内障の目薬を点眼しているので日頃からチェックはしていますが、緑内障は早期発見、早期治療が何よりも重要な病気だと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 じゅん

    年齢が行くと白内障になることなどは知っていますが、犬も緑内障になることがあるんですね。しかも発症から1日で失明してしまうこともあるなんてかなりびっくりしました。そうなると早期発見もなにもないですね。。。それでも、犬は言葉で異常を伝えられないからこそ、飼い主がしっかり観察して気がついてあげないといけないですね。
  • 投稿者

    20代 女性 てと

    我が家の愛犬もシニア犬なので緑内障の心配はありますね。家でも出来る検査もやってみようと思います。これも定期的にやって少しでも反応が遅いな?と感じたら病院へ行ったほうが良さそうですね。気付いた頃には進行が早くて目が失明してしまっているなんてこわい病気ですから。人間でも緑内障は完治出来ない病気なので早く医学が進んで治るような薬が出ると嬉しいですね。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    ワンちゃんも飼い主さんもとても辛い経験をされましたね。
    経験した方にしか分からない情報を提供してくださり、感謝申し上げます。もう片方の目が今後もずっと光が奪われないことを祈っています!
    原因も分からず、突然失明してしまうことがあるという初めて知った事実に衝撃を受けています。人ごとではないですね。とても怖いと思いました。3つの視力チェックさっそく実践していきたいと思いました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。