愛犬と一緒に飼い主さんもドッグランデビュー♪

7635view

愛犬と一緒に飼い主さんもドッグランデビュー♪

初めてドッグランに連れていく時に用意するものや注意点、ドッグラン内で気を付ける事や楽しみ方などを解説します!また、ドッグランオーナーの視点から、色々なドッグランデビューしたワンちゃんのエピソードなどをご紹介します。

ドッグランデビュー!

2匹が走ってる写真

『初めてドッグランに愛犬を連れていく』となると、きっと飼い主さんはドキドキ緊張することと思います。

「何を持っていけばいいのかな?」
「うちの子は他のワンちゃんと上手くやれるかな?」
「楽しそうに遊んでくれるかな?」
「どんなワンちゃんが来てるかな?」

色んな心配や期待を胸にランデビューされる事でしょう。

そんな飼い主さんへ、ランデビューのエピソードを交えて詳しくご紹介します!

ドッグランとは

ドッグランとはワンちゃんがノーリードで自由に走ったり遊んだり出来る場所です。
他のワンちゃんとの交流や飼い主同士の交流の場でもあります。

ドッグランへ行く前に

黒トイプードルの後ろ姿

まず初めに、ランデビューするドッグランの事を調べましょう。
ドッグランによっては用意するものや必要なものが違う場合があります。

また、殆どは狂犬病と混合ワクチンの証明書が必要です。
身分証を提示する所や、証明書等が無いと入れない所もありますのでしっかり事前チェックを。
その他、水や水入れ、うんち袋等は必要最低限のものは持って行くと心配がありません。

高齢や病気などでワクチン接種出来ない子でも、ランに入ることが出来る場合もありますので、事前に確認することをオススメします。

いざ、ドッグランへ

グレートデーンとコーギーが見つめている写真

入る前にランの様子をチェック

どんなワンちゃんがいるのか、どんな遊びをしているのかを入る前にチェック!
ランの中が落ち着いた雰囲気なのが理想です。
愛犬の様子もチェックして、興奮し過ぎていたり極度に怖がっている場合は無理をして入らず外で様子をみましょう。

ランに入ったらリードを着けたまま場所チェック

ランに入っても直ぐにリードは離してはいけません。
まずはその場所の臭いをかぎ、場所に馴らすことが大切です。

リードを着けたまま他のワンちゃんと挨拶

他のワンちゃんとゆっくり挨拶するためにもリードはまだ着けたままです。
すでに中に入っているワンちゃんも一旦リードを着けて、新しく入ってきた子とゆっくり挨拶をすることが理想です。
新しい子が来るとみんな興味津々でその子の匂いを嗅ぎに行きますが、ワンちゃんの数が多いと囲まれてパニックを起こす場合があります。
場合によっては、『一触即発!』喧嘩になる場合もありますし、噛まれてしまう事もあるので、入場の時は特に気をつけてあげてください。

挨拶が終わったらリードを外して自由に♪

挨拶が終わり場所の確認が終わったら、いよいよリードを外して、ランランラン♪と自由に遊ばせてあげてください。

リードをしている時は、他の子を追いかけたくてガンガン引っ張るので怖くて放せなかった子が、自由にしてみるととても上手に遊んだり、初めはとても怖がって他のワンちゃんとも交流しなかった子が少しずつ遊べる様になったり、自由にしてみて初めて分かることもあります。
このように、ドッグランでは愛犬の知らない姿や成長を見ることも出来ます。

自由に遊び始めた後は

自由に遊ぶ愛犬の姿を眺めたり一緒に走ったりして楽しみましょう。
愛犬が他の子と仲良く遊んだり、自由気ままに匂いを嗅いだりするのを見るのはとても楽しいものです。
他の飼い主さんと交流を持ち、情報交換や愛犬の話で盛り上がるもの良いでしょう。
でもけして自分の愛犬から目を離してはいけません。
それはいつどこで何が起こるか分からないからです。

仲良く遊んでたかと思ったら、急に喧嘩になる事もあります。
落ちていた何かを食べるかもしれません。
何かあっても素早く対処出来るように、愛犬の様子は常に気にするようにしておきましょう。

ドッグランデビューしたワンちゃんエピソード

笑顔のミックス犬

初めて来たときは物凄く怖がっていて、ちょっと誰かが動いたり何かが動くと漫画の様に飛び退いていたミックスの大型犬の男の子。

ずーっと下がっていたしっぽが少しずつ上がり、通う毎にあの怖がりはどこへやら。
殆どしっぽは下がることなく、色んな子と上手に走れるようになり、他のお客さまから「あの子は今日は来てないですか~?」と聞かれるまでに。

車が苦手で自分から乗らなかったその子が、ランデビューした次の時は自分から乗った!と飼い主さんも喜んでました♪

まとめ

ドッグランデビューが仔犬の時か成犬の時かで少し気を付けることは変わってきますし、慣れるまでの時間も変わってきますが、大抵のワンちゃんは少しずつランに慣れ、友達が出来て楽しそうに走ったり穴を掘ったりします。(これはうちのランだけかもしれません。笑)

穴に顔を入れるコーギー

普段のお散歩では見られない顔が見れるのもランの魅力です。

でも注意して欲しいのは、ランに向いていない子もいるということ。
他のワンちゃんが苦手だったり、知らない人が苦手だったり。
無理に他のワンちゃんと交流を持つ必要はありません。
少しずつ慣れる場合もありますが、歳を重ねていて慣れない場合もあります。
でもやっぱり自由に歩かせたい・走らせたい時には、貸し切りが出来るランもありますし、人の居ない時間帯を聞いて行くのも良いと思います。

また、呼び戻しや飼い主さんの声がきちんと聞ける事は、ランで遊ぶ上でとても重要になってきます。
ランデビューする前に少しでも出来るように練習することをオススメします。

様々なランの楽しみ方があります。
その子に合った自分に合ったランの楽しみ方を見つけてくださいね♪

関連記事▼

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。