愛犬と海水浴へ行く前に知っておきたい注意事項

愛犬と海水浴へ行く前に知っておきたい注意事項【獣医師監修】

お気に入りに追加

愛犬との海水浴は犬も飼い主もきっと楽しいはず!ですが、海水浴へ愛犬を連れていくときに知っておくべきことがあることをご存知ですか?夏の愛犬との思いでを楽しいものにするために、一度確認しておきましょう。

12582view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬との海水浴での注意点

sea

楽しいイベント盛りだくさんの夏がやってきました!
皆さんはワンちゃんを連れてどんな場所へ行かれますか?
きっと海水浴に行かれる方も多いと思いますが、愛犬と海へ行くときに注意しなくてはいけないことがいくつかあります。

犬禁止の海水浴場

実は、犬を連れていくことを禁止している海水浴場が結構あります。2015年に行われたある調査によると、関東の海水浴場110か所の内、40%がペット同伴禁止になっているそうです。

散歩で通るだけでもダメな場所や、砂浜まで行けても海へ入ることは禁止している海水浴場もあります。

海では水着などで肌を露出している人がほとんどで、その中には犬が苦手な人やアレルギーの人もきっといることでしょう。
海水浴場へ愛犬と行く場合は、一度ホームページで確認してから行くようにしましょう。

愛犬と海水浴で楽しむ際に守るべき最低限のマナー

sea2

リードは離さない

犬連れ可能な海水浴場へ行ったら、いつも以上に愛犬の行動には注意してあげましょう。
まず、他の人に迷惑をかけないように必ずリードは付けたままにして、どこかへ行かないようにします。

浮き輪やビーチボールなどのビニール製品は、ワンちゃんの爪で穴が空くことがあります。
そしてそれらが大好きなわんちゃんも多いかと思いますので、もし近くに来たら噛んだり引っ掻いたりしないように注意しましょう。

誤飲

砂浜には色々な物が落ちています。
誤って飲み込んでしまうこともあるので、砂浜を散歩するときは何か口に入れようとしていないか注意深く見てあげてください。

排泄物の処理

もちろん、排泄物の処理は必須です。
砂浜は裸足で歩く人がほとんどなので、おしっこをした場合は水をかけて砂をかぶせるなど、他の人が不快な思いをしないように心がけましょう。

愛犬にとって海水浴のココが危険!

熱に注意!

sea3

気温に注意

海水浴場は非常に暑く、砂浜には日陰がありません。
犬は人よりも地面に近いので、地面の熱をダイレクトにあびているといっても過言ではないでしょう。

そんな状況下にいるワンちゃんは、脱水症状や熱中症になる危険性があります。
連れていくとしたら、ビーチパラソルなどで日陰を作ることや、十分な水分補給ができるようにたくさんの飲み水を持っていくなど、十分な対策をしていきましょう。

肉球へのダメージ

真夏の砂浜を裸足で歩いたことがある人はわかると思いますが、ものすごく熱いです。
人でも歩けない熱い砂浜を、犬が歩いて何もないわけがありません。

肉球に水膨れができていないか、割れていないか、ケロイド状になっていないか、指と指の間に何か入っていないか、など確認してあげましょう。

犬が砂浜を熱いと感じたときは、いつもと違う行動をするはずです。
歩きたがらなかったり、座り込んでしまったりするので、サインを逃さないでください。

海水に注意!

sea4

皮膚への付着

全身が被毛に覆われている犬は、海水の塩分が多く付着します。
海水がついたままにしておくと、べたつきがひどくなり、皮膚炎になってしまうことがあります。

海水に愛犬が浸かったら、シャワーか自分で準備した水で洗い流してあげましょう。

海水を飲んでしまった

犬によっては、海水を飲んだことで下痢をしてしまう犬がいます。
体内への過剰な塩分摂取は有害なことなので、下痢をして排出することは悪いことではありませんが、下痢をした後の体調管理は必要です。

真水を多く取らせる、犬用のミルクを与える、肉のゆで汁を与えるなどして、水分を補給しつつ消化器官を休ませてあげましょう。

愛犬と海水浴に行く前に考えて欲しいこと

sea5

愛犬との海水浴はよく考えてから

ワンちゃんを海水浴へ連れていくということは、犬に何かしらの負担をかけることになります。
暑い中で砂浜にいて、走りたいけど砂浜は熱い。

犬にとって海水浴が楽しいものになるのか、飼い主自身が愛犬の行動を全て管理することができるのか、よく考えてから連れていくべきか判断してください。

車に置き去りは絶対にダメ!

もし連れていくとしても、車に置き去りにすることだけは決してしないでください。
炎天下の中、車内に置いて行かれた犬は、蒸し風呂の中に置いて行かれたようなものです。

確実に熱中症になり、最悪の場合、命の危険があります。
実際に炎天下の中、置き去りにされて亡くなっている犬もいるのです。

最近のワンちゃんは室内で暮らす子がほとんどのため、昔よりもさらに暑さに弱くなっています。
少しの間だけという軽い気持ちが、後で後悔することになるので、絶対に置き去りにしてはいけません。

愛犬と海水浴に関するまとめ

sea6

夏になると海へ行きたくなりますよね。
そしてそこへ愛犬を連れて行けたらどんなに楽しいか…

しかし、愛犬はもしかしたらそれを望んでいないかもしれません。
海水浴へ連れていく前に、まずは愛犬を海へ連れていったときのことを様々な角度から考えてみてください。

愛犬はきっと飼い主の行く場所どこへでも行きたがるはずです。
しかし、それが愛犬のためになるのか、愛犬が楽しめるのか、よく考えてから決断してください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ぽち

    愛犬と海水浴に行くなんて考えただけでも、ワクワクしますね。
    しかし海水浴場には危険がいっぱいです。まず誤飲、そして以前に砂を食べたり石を口にする子も見たことがあります。
    これは本当に危険です。また海水浴場で食べ物を広げている家族もいます。
    犬が食べてはいけないナッツやお菓子を貰ったりすることのないよう、飼い主さんが気を付けてあげましょう。

    そして海水浴に行くにあたり、犬用の準備も忘れてはいけませんね。
    水(飲料水、洗う用)、タオル、おやつ、ビニール袋、遊び道具のボール、波があるところで必要なら犬の救命胴衣ライフジャケット、もしものときに体を冷やす氷など。
    車で行くのでしたら、犬が濡れたときのことを考えて大きいタオルが必要になるかもしれません。考えると結構沢山ありますよね。

    ペット可としている海水浴場は少数です。
    海に来るお客さん全てが犬好きではないことも考え、マナーは大事です。また混雑している時間を避ける、端っこを陣取るようにするといいと思います。
    また海ではなく川に連れて行くという選択もあります。愛犬のことを考えてもう一度話し合ってみましょう。
  • 投稿者

    30代 女性 Coco

    先日、我が家の柴犬も9才にして念願の海デビューを果たしました!
    爽やかな快晴の中、誰もいないビーチで貸切状態でとても気持ち良かったです。が、「海と犬」の素敵な写真を撮りたいと思い、誰もいないし大丈夫だろうと思ってリードを外してしまったところ、ふとした隙に低空飛行していたカラス(落ちている食べ物を探していたのでしょうか)を狙いはじめました。まずい!と思った時にはすでに遅く、まるで獲物を追いかけるチーターのような走りで、呼んでも全く聞かず遠くの雑木林に突っ込んで行ってしまいました。その後すぐに愛犬を捕獲できましたが、誰もいないビーチですらこういった思いがけないことがあったり、ビーチにはいろんな口に入れてはいけないものもたくさん落ちていたので、次からリードは絶対外さないようにしようと反省しました。
    あと、日陰のないビーチは夏前でも日差しがかなり強く感じたので、熱射病にも十分注意する必要があると思いました。
  • 投稿者

    女性 miya

    夏になると海に行きたくなるものですが、愛犬も連れて行くというのは危険が多いかなと思います。
    砂浜が熱いので歩くのも大変です。パラソルなどで影を作ったとしても、吹いてくる風は熱風なのであんまり涼しくはないです。地面に近い位置にある犬の体高では照り返しもとても強いです。夏の海は水分補給だけでは熱中症の対策にはならないと思います。

    人が多いとそれだけ物も落ちています。ガラス片や空き缶のプルタブ、ピアスなどの尖ったアクセサリー、焼き鳥の串など数え上げればまだまだあるほど危険なものが落ちています。犬は足元だけを見て歩いているわけではないので、うっかり踏んで怪我をしないように安全な場所だけ歩くようにしてあげましょう。また、場所によっては有毒生物もいることがあります。うっかり噛んでしまったりしないように注意してください。

    犬も同伴OKな海でも人が多い場合は避けた方が賢明です。どうしてもという場合は、少し早い時間や夕方落ち着いた頃に行けば日中ほど気温も高くないので、リスクも少しは減らせると思います。
  • 投稿者

    女性 ひめかわおかん

    動物看護師です。
    以前勤めていた夜間の動物救急で、若い小さなヨークシャーテリアのワンちゃんが運ばれてきました。
    連れて来られた時点で、すでに亡くなっていました。
    飼い主さんは何が原因か解らないと泣いておられましたが、話を聞くとお昼に海水浴場でボール遊びをしたとの事で、お腹を触ると硬く何か入っている嫌な感触でした。
    飼い主さんの了解を取り、レントゲンをとると胃と腸にパンパンに砂が詰まっていました。
    推測ですが、ボールについた砂を遊びながら食べてしまい、胃や腸に詰まってしまった可能性があります。
    特に小さくて若いワンちゃんは注意が必要だと思います。
    まだ色々なものに興味があり、食べてしまう可能性も考え特に注意して下さい。
    そんな痛ましい出来事があった事を思い出したのでコメントしました。
  • 投稿者

    女性 Romane

    うちの子がまだ2歳ぐらいの頃に初めて海に連れて行った時を思い出しました。
    楽しい夏に子供といっしょに遊ばせてあげたくて連れて行ったのですが、こんなに気をつけなければいけないことがあったとは正直、その時は全く考えていませんでした。
    無知で海に連れて行くのは本当に危険ですね。
    その時はたまたまうちの子が地面に降りたがらないぐらい怖がってしまい、早々に帰るハメになったのですが、周りを見渡すと確かに・・・ワンコ連れが多かったです。
    飼い主としてこういう大切なことを頭にしっかり入れて、ワンコと楽しい海遊びして欲しいですね。
    ちなみに私がサーフィンをしていたころに気がついた危険なことは、海岸沿いは漂流物が多いので犬は匂いにも敏感なのですぐに発見します。中には薬剤系など危険なものもあります。近寄って何か匂いを嗅いでいるときは要注意です。
    また海辺は素足であるくと人間でも危険なものが落ちてます。ガラスの破片や尖った木材の破片、鋭利な石など・・私達でも危ないのですが、肉球まんまで歩いているワンコは特にケガをしやすいので飼い主がしっかり見てあげないといけないですね。肉球のちょっとした傷はそこから別のウイルスが入ったり、その傷口を舐めたことでまた菌が入り、更に炎症を起こすこともあるので時々、肉球チェックしてあげるのも飼い主の役割ですね。
  • 投稿者

    女性 カカオ

    暑くなると海やアウトドアがより楽しくなりますよね!愛犬と一緒に楽しみたいですが、みんなが楽しむ公共の場ですので問題を起こさないためにも飼い主のマナーは必要だと思います。犬を飼っていない人には犬の排泄など特に眉間にしわを寄せる方も多いと思いますので。私は関東在住で、近隣の海は人が多そうでまだ愛犬と遊びにいったことはありませんが、実家に帰ったときに広い浜ときれいな海に連れて行ってあげたことがあります。初めての海と砂浜の感触にわんこは大興奮で走り回っていました!(長いリード着用です。)広い場所でおもいっきり走るのは人もワンコもとても気持ちいいです。砂に足を持っていかれ飼い主のほうがバテバテでしたが、愛犬のあの姿を見るとぜひまた体験させてあげたいと思います。うちのワンコはお水があまり好きではないようで海には入らず砂浜で満足だったようですが、海水に入った際の注意など、こちらの記事を参考にさせてもらいます。海水浴場は人も多く、海デビューには心配もあると思いますので、もし動けるのであれば田舎の海沿いでの海デビューはいかがでしょうか。のんびり、飼い主もわんこも楽しめてお勧めです。
  • 投稿者

    20代 女性 ふぃなんしぇ

    愛犬と海水浴は想い出にもなるし、初めての経験をさせてあげたいなぁなんて思ったときに検討した事があります。

    我が家では海に連れて行った事はないのですが(私自身あまり海水浴には行かないのもあり)わんちゃんと来ている方をお見かけした事があります。
    本来は、愛犬と海水浴に行く際は持ち物や危険もある事や周りへの迷惑など考えてから連れて行く方が良いのでしょうが、海に連れて行く方の半分くらいは、そこまで何も考えてないと思います。
    なので、わんちゃんがダメなビーチもある事や誤飲の危険性など気をつけることを頭に入れておくのは最低限必要かなあと思います。
    時期にもよりますが、わんちゃんが苦手な方もいますし、勝手に触ろうとする人や小さい子供もいますから、せっかく海に来たのにトラブルが起きては楽しめなくなりますもんね。

    泳ぐのが好きなわんちゃんや砂浜を走るのが楽しいのわんちゃんもいますし、楽しんでいる愛犬を見るのは嬉しいですよね♪最近ではペットと泊まれる宿も増えて来ているので、旅行で海水浴→ペットと宿に泊まるなんて事が出来、お留守番ではなく一緒に旅行が出来るのは嬉しいですよね!
    我が家ワンコ達はビビリなので海に連れて行っても暑いし、怖くて嫌がるし、人混みや小さい子は苦手なので負担になるだけなので海水浴とは機会がないのですが、サーフィンをするわんちゃんや海に飛び込んで喜んでいるわんちゃんの映像などを見ると楽しそうでいいなーと思います!愛犬がストレスなく楽しめるなら、海水浴ありですね〜。
  • 投稿者

    女性 もすら

    以前海水浴に行った際に、犬を連れてきている人がいました。
    犬は暑くてバテバテ、そりゃそうです、真夏の海は、空からも熱射が、砂も熱熱です。あれは犬がかわいそうだとはた目から見てとても心配でした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。