犬の包皮炎について ~症状と原因、治療や洗浄法~

32431view

犬の包皮炎について ~症状と原因、治療や洗浄法~

お気に入りに追加

包皮炎をご存知ですか?今回は犬の包皮炎について症状・原因をはじめ、様々な角度から洗浄法までお伝えできたらと思います。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の包皮炎とは

元気のない犬

犬の包皮炎とはオスのわんちゃんが患う疾患です。ペニスを包んでいる包皮に炎症が起きてしまい細菌が包皮内で増殖してしまい膿が出てしまいます。

犬の包皮炎の症状

治療中の犬

包皮炎の症状としては、包皮から黄色いクリーム状の膿が出ている、ペニスをいつも気にしている(舐めたりにおいを嗅いだりしている)、おしっこをする時に痛みのためちびちび排尿する。などの症状が見られます。

炎症がひどくなってくると局部から出血してしまうこともあります。

犬が包皮炎になってしまう原因

横になっている犬

包皮炎になってしまう原因として、犬の場合はほとんど、包皮には常在菌がいますが、この常在菌のバランスが崩れてしまうことで、病原性の細菌が優位になってしまうことが主な原因と言われています。

そのほかに、免疫力の低下やストレス、陰茎に傷がある、栄養不良、ホルモン不均衡などの原因があげられます。

犬の包皮炎の治療について

シャワー中の犬

包皮炎の治療方法として、投薬治療や患部の清潔をたもつためにこまめに洗浄をして治療していきます。再発しやすいので、しっかり治療しても予後はきちんと予防に努めましょう。

包皮炎の洗浄方法

お風呂に入る時は特に包皮内を洗浄してあげることで常在菌のバランスが保てるので良く洗ってあげましょう。基本はぬるま湯で洗ってあげることが良いとされていますが、生理食塩水や消毒液などで包皮内を洗浄していきます。

お散歩あともぬるま湯で薄めた犬用の薬用シャンプーで洗ってあげるとよいです。消毒液の中には粘膜に使えないものもあるので使用するときには獣医師によく相談してください。

包皮炎は危険な病気でしょうか?

診察中の犬と医師

動物病院の先生曰く、包皮炎はそれほど危険な病気ではないとのことですが、包皮炎から、尿道炎、そして膀胱炎、腎盂腎炎へと進展してしまう場合もあるそうなので、しっかりと完治をさせるよう努めましょう。

また、ペニスの近くの内股付近などに湿疹などを誘発してしまう場合もありますので、やはり清潔にしていることが一番です。

犬の包皮炎の予防方法

綺麗好きな犬

散歩から帰ってきたり、排尿した後は、局部を薄めた薬用シャンプーなどで洗ってあげましょう。性腺からの分泌液の量をへらすため、去勢手術などをすることも有効です。

足が短いわんちゃんは、排泄後に地面や床などの雑菌の多い場所に患部が接触することが多いのでペニスの先の毛を短めにカットしておくことも予防法の1つです。

他の症状や病名で犬の病気を調べる

犬の包皮炎の他にも、気になる犬の病気や、普段見ない行動をとっていて心配なときに病気を調べることができる辞典がありますので、ぜひ活用してみてくださいね。↓

犬の包皮炎に関するまとめ

エリザベスカラーをつけた犬

今回は犬の包皮炎について、なぜ包皮炎になってしまうのかという原因から症状、また治療法などに至るまでお伝えさせていただきました。オスのわんちゃんを飼っている飼い主さんに参考になっていただけたら幸いです。

我が家のボーダーコリーも急にペニスからポタポタと血が出て驚いたことがありました。

きちんとした知識を持ち、獣医さんの指示に従うことで包皮炎を完治することはすぐに出来ますので、日頃から愛犬の様子をよく観察して愛犬の健康維持に努めていただけたらと思います。

ユーザーのコメント

  • 女性 PON

    わが家の愛犬はオスです。今まで、オスとメスの両方と暮らしたことがありますが、性が違うともちろんそれぞれに体の問題が出てきます。実は昨年、今回の記事にある「包皮炎」のような症状を見て病院へ連れて行ったので、ドキッとしました・・・。その時は悪化する前で、運良く出血はしていませんでしたが、その頃は愛犬がしきりにペニスを自分で舐めていたので心配になりました。確認してみると、黄色いクリーム状の液体が出ていました。なんとなく酸っぱいような臭いを発していたので、とりあえずペニス周辺を清潔にさせて病院へ連れて行った所、軽度の「包皮炎」でした。愛犬の免疫力が下がってしまっていたようです。お薬とペニス周辺を清潔にすることとの指導がありました。やはり、それほど危険な病気ではないようですが、出血してしまうまで放っておかない方が良いですよ。
  • 30代 女性 まろんママ

    一度このような状態になったことがあって治療していただいたんですが、たぶん包皮炎だったんだと思います。なぜかよくわからないんですが、お世話になっている動物病院の先生がはっきりした診断名に様なものをあまり伝えてくれないのでよくわからないんですが…。とはいえ、治療も的確だし人柄もよく安心感があって信頼している方なのでうちは長年お世話になっているんですけどね(^-^;まあ、それは置いておいてうちが包皮炎らしきものになった時はやたらとその部分をなめていたり、赤くなって出てきてたりしていたのでおかしいなと思ったら「炎症が起きてるね」と先生に言われてすぐにお薬を出していただきました。早めに見つけられたおかげかさほど悪化することもなく治ったのでよかったです。
  • 女性 シュナ

    うちの愛犬は男の子なので、思わず大丈夫かなと確認してしまいました。お散歩の後やスキンシップのときにはいつも見ていますが、こういった病気があるとは知らなかったのでただきれいにしておこう、、くらいの感覚でした。男の子ならではの病気ですが、とても痛そうですね。うちのわんこはトリミングの必要なすぐに毛が伸びる犬種なのですが、おなか周りやペニスのまわりの毛も気がついたら伸びています。うちはカットは私が行なっているので、気づいたらきれいにしてあげる(カットしてあげる)ようにしているのですが、こういった病気の予防にも大切なことだったのですね。今は特に症状はありませんが、少し気になるのは最近おなか周りやお尻、ペニスのあたりなど本当によくなめるようになりました。しっかりと観察をして通院も検討したいと思います。
  • 女性 ぽーる

    包皮炎という名前は知りませんでした。
    うちの子もちょうど一年ぐらい前にかなり舐めていたのでちょっと心配になり別の目的で動物病院に連れて行ったときに診てもらったのですが、ばい菌が入っただけでしょうということで抗生剤を出されて何とかひどくならずに済みました。もしかしたら包皮炎の前兆だったのかもしれません。

    白い膿までは出ていませんでしたが、舐めたことにより赤くなって炎症を起こしていました。
    確かに男の子は散歩にいくと、電柱や壁など他のワンコがマーキングしたところにオシッコをかけます。そのときに自分のおちんちんが付いてるのが私もとても気になっていました。
    そういうところから何かしらの病気が感染することも考えられます。
    かといってさせないわけにもいかず。。。
    なので、記事にあるようにお散歩から帰宅後は薄めたシャンプーで洗うようにしています。
    ただ、逆に神経質になってしまうとデリケートな部分なので洗うときはほどほどにした方がいいと思います。
  • 40代 女性 ゆか

    オスの犬を我が家で飼ってますがたまに愛犬がぺろぺろ舐めてることはありますね。特に痛がったりしてる訳でもないから清潔にしようと舐めているのかな?程度に思ってました。けど病気の可能性もあったんですね。一応、散歩のあとは家に臭いがつかないように足や股周辺を拭いてあげてます。あんまり触ってもばい菌が入りそうだしケアが難しいですね。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。