犬の股関節脱臼について 症状と原因から治療や予防法まで

27692view

犬の股関節脱臼について 症状と原因から治療や予防法まで

今回は犬の股関節脱臼について、なぜそうなってしまうのか、またどのような症状が出てしまうのか、犬の股関節脱臼は治療法はどのようなことをしたらよいのかなど詳しくお伝えいたします。

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬の股関節脱臼とは

犬もあそんでいる時や運動している時など、ちょっとしたときに脱臼してしまうことがあります。骨が関節から外れてしまった状態の事を亜脱臼と言い、2つの骨が完全にずれてしまって全く接触していないものを脱臼といいます。

股関節脱臼は股関節の骨盤と大たい骨をつないでいるじん帯が切れてしまい、大腿骨が股関節からずれてしまった状態の事を言います。

犬の股関節脱臼の原因

股関節の脱臼が起こる原因もいくつかあり、基本的には足の付け根に大きな力が瞬間的に加わってしまった時に発症します。

生まれつき股関節のゆるみと、関節の変形があり、時間とともにどんどん進行してしまうという先天性股関節形成不全をはじめ、急な方向転換をしてしまった時、高いところから落ちてしまったり、ぶつかってしまったり、また交通事故などで負傷した時や転んでしまった時なども、股関節脱臼になってしまうことがあります。

遺伝的問題がない場合、骨を作るホルモンや成長ホルモンの分泌に障害が出てしまっている場合も原因になることがあります。

犬の股関節脱臼の症状

#悲しげな目のダックスフントの写真#

脱臼してしまうと脱臼してしまった部分の関節がうまく動かせなくなってしまいます。

なので歩き方がおかしくなってしまったり自分で足を伸ばして股関節を入れようとしてみたり、事故などの場合は足が腫れ上がってしまったり、痛みがひどい場合は地面に足が付かなくなってしまったりします。

犬の股関節脱臼の治療法

治療方法も軽度から重度によって違ってきます。軽度の症状の場合は絶対安静なことを条件に痛み止めや消炎剤などが与えられ、数日間様子を見ます。また理学療法として必要に応じて患部を温めたりするレーザー治療もすることがあります。

ひどくなると手術して脱臼した部分を戻すこともあります。脱臼部分に力が加わらないようにしっかりと固定することもあります。

固定してしまうと、運動が制限されてしまいますので、排泄などの時は飼い主さんのサポートが必要なときが出てきます。

犬の股関節脱臼の予防方法

股関節脱臼を予防するにはまず、体重管理をしっかりすることです。肥満になってしまいますと足への負担も沢山かかります。

また若いときは何もなかったにもかかわらず、年を取ってきて筋肉やじん帯の機能が衰えてくると足に負担がかかり、股関節脱臼になりやすくなる子がでてきます。

なるべく筋肉量を落とさないよう、食餌やお散歩で筋肉が衰えないよう体つくりをしてあげましょう。おうちの中の生活しているスペースを整えてあげることも股関節脱臼を予防するには大切なことです。

フローリングなどで足が滑りやすかったりしませんか?高いところへ登ったりジャンプしたりする環境は有りませんか?足の裏のパットの毛はどうでしょう?伸びすぎてませんか?足へ負担がかからない生活環境スペース作ってあげることは予防策として大切なことです。

まとめ

#2匹の絨毯の上にいるパピオンの写真#

いかがでしたか?今回は犬の股関節脱臼についてお伝えいたしました。普段の生活環境の中でも高いところからジャンプしたり、家の中を走り回ったりするだけで脱臼してしまうこともあるのがわかりましたね。

生活環境スペースを、なるべく犬が滑らないように整えてあげたり、ボール投げなどの運動中でも、急に投げる方向をかえたりしないなど、犬の足への負担がかからない環境つくりをすることで股関節脱臼は予防ができます。

愛犬の足の調子がおかしいなと思いましたらご自分で何とかしようとせずに、すぐに動物病院へ診察に行ってください。

自分で愛犬の股関節を強く触って内部に入れようとしたりすると悪化してしまいます。日頃の愛犬の様子をしっかりと観察して、早期発見、早期治療に努めてあげてください。

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 かえで

     我が家の前に飼っていた犬が股関節脱臼しました。
     前だっこをしていた時に、股関節脱臼してしまいまして、痛がりましたのですぐに、獣医さんに診ていただきました。
     手術が必要になって、入院させました。手術も成功しましたが、リハビリが長く続きました。
    可哀想な経験をさせてしまったので、反省しました。
    食事にも気をつけて、肉もしっかり食べさせました。野菜も好きなので、カボチャを湯がいてフードの上に乗せて食べさせました。繊維もビタミンも摂れるのでいいなと思いました。 
    運動は限られていましたが、しっかり教えていただいた距離を歩かせました。
    少しずつ、距離を延ばしたりと色々努力しました。
    痛い思いをした分、これからは、苦しみを感じずに健やかに生きていてほしいと思います。
     
  • 40代 女性 SUSU

    大型犬、小型犬に関わらず股関節脱臼してしまうワンコはわりと多いようですね。知り合いのゴールデンレトリバーの男の子は生まれつき股関節の形成不全を持っているようで、獣医さんから無理のない運動で筋肉を付けて太らせないようにとアドバイスを受けたと話されていました。ドッグランのような他のワンコがいて無理をして走ってしまいがちな環境での運動は股関節を痛めてしまう恐れがあるため止めた方が良いと言われ、今まで何度も行ってしまったと後悔されていました。
    そのワンコさんが歩いているところを後ろから見ていると、お尻が左右に大きく揺れています。他の子と比べてもその揺れは顕著で、股関節を庇いながら歩いているのがよく分かります。良質なタンパク質を取って筋肉をつけていくしかないと話されていました。
    我が家の愛犬は膝蓋骨脱臼の恐れがあると診断されており、飼い主が気づかぬうちにはずれたり戻したりしているかもしれないと言われたこともあります。
    ダックスのため、関節のケアにはとても気を使っていますが、これはダックスに限らずどのワンコでも気を付けた方がよい点なのかなと思っています。
    我が家のリビングは洗い替えが出来るタイルカーペットを敷き、ソファーやベッドにはスロープを置き、スロープを使わずにジャンプして降りてしまった時のためにクッション材としてマットを下に敷いてあります。
    また、廊下部分はコルクを使い、玄関と上がりの段差は10センチ以内となるよう設計してもらいました。我が家は狭小住宅のため、各部屋のドアは引き戸が多いのですが、引き戸のレールは上につけ愛犬が足を取られないようにしています。また、1階から2階への階段はスロープを置くことを前提に考え、スロープで無理なく登り降りが出来るような傾斜で設計をしてもらい、スロープにはヨガマットを貼りました。ヨガマットは汗をかいても足が滑らず踏み込めるように作られているため、ワンコの関節ケア目的のクッション材としてはとても優秀な素材だと思います。トラベル用の薄手の物からしっかりとした厚手のものまであります。我が家では階段のスロープには薄手のものを、段差下のクッション材目的の場合にはわりと厚みのあるしっかりとした作りのマットを置くようにしています。なお、スロープに貼る場合には滑らないことが第一条件となりますので、ヨガマットの裏面を表にして貼るとより滑りにくくなるためお薦めです。

    脱臼は癖になりやすいと言われています。住環境において予防することが一番ですが、サプリメントで予防の補給をすることも可能です。
    ワンコの関節ケアとしては、グルコサミンとコンドロイチンが有名で、我が家はサメ軟骨成分のサプリメントを使っていましたが、半年程前に緑イ貝から抽出したサプリメントに変更しました。いつもお世話になっている獣医さんより、最近、緑イ貝のサプリメントの方が効果が出るのが早いとの見解があり、また、先生ご自身の腰痛も緑イ貝のサプリメントの方が効き目があったように思うと教えて頂いたため、替えてみることにしました。
    替えて半年を経過しましたが、後ろ脚の調子は以前よりも良いと思います。毎年、秋の終わり頃に腰痛を発症することが多いのですが、今年は無事に乗り越えています。お散歩時間も長くなり、お散歩中に抱っこを求められることも少なくなりました。
    なお、すでに痛みが出ている場合には、コンドロイチンとグルコサミンに加え、MSMという痛みや炎症を緩和してくれるサプリメントを合わせて飲ませてあげると効果があるのではと思います。
    サプリメントはあくまでも健康補助食品であるため、薬のような速効性はありません。獣医さんによってはサプリメントは気休め、あまり意味がないという方もいらっしゃいます。私もどちらかというと同じ考えでしたが、緑イ貝のサプリメントを与えてから、サプリメントにも合う合わないがあって、合う場合には効果が感じられるものなんだなと勉強になりました。
    長期間の使用で緩やかに効果が認められるものですが、何か症状が出ている場合には飲ませてみることも1つの方法かなと思います。
    関節ケアはシニアになればなるほどどんなワンコでも注意が必要なケアになってきます。住環境面と合わせて予防していくと良いのかなと思っています。
  • 40代 女性 酒

    ミニピン3ケ月の子を迎える準備中ですが脱却のところでチェックが入りました。痛がっていなく、元気にジャンプしています。とペットショップには言われたけれど、前回1年前にはそこのペットショップで6ケ月のミニピンの子を購入、1ケ月後にはアカラスとわかり、(毛が抜ける)返品とゆう悲しい事となりました。(すでにミニピンは13歳の子がいたので、うつるかもって不安があって)今回は脱臼の軽いやつで痛がらないから大丈夫と言われ、どうしようか迷っています。脱臼とは?成犬になったとき、老犬になってからが簡単に言われるペットショップとおなじなのか、筋肉ができれば大丈夫と言われて、今悩み中です。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。