犬の耳血腫について~症状・原因から治療・予防法まで~

22622view

犬の耳血腫について~症状・原因から治療・予防法まで~

お気に入りに追加

犬に多い耳の病気のひとつである耳血腫。どのような病気かご存知でしょうか?ここでは犬の耳血腫瘍の症状から予防法まで、詳しくご紹介します。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の耳血腫って?

犬の耳血腫とは、犬の耳の一部である耳介(ひらひらした部分)に血液や漿液がたまってしまい、腫れた状態のことをいいます。

犬の耳血腫の具体的な症状

#痒がる柴犬#

耳介の内側が腫れ上がり熱を帯びるため、その違和感や不快感から耳の周囲を常に引っ掻くようになります。引っ掻くことにより二次感染が起きてしまい、耳血腫と同時に耳がただれ膿をもってしまうことも。耳血腫がひどくなり腫れあがると痛みと熱感を伴い、腫れ上がった耳を触られるのを嫌がったり、同時に外耳炎を発症している場合には外耳炎の痒みが伴います。
耳が腫れ上がること自体は突然起こることが多いため、発症すると驚く飼い主さんが多いそうです。ですが早期治療により充分完治できる病気ですので、症状に気づいたらすぐにかかりつけの獣医さんの診察を受けましょう。

犬の耳血腫の原因

耳血腫の主な原因は、耳に起こる病気が関係していることがほとんどです。犬はミミダニなどの寄生虫、耳の中にある腫瘍や異物、ポリープなどにより耳に不快感を感じると、頭を激しく振ったり、耳を引っ掻いたりするようになります。

すると耳内部の血管が切れ、耳介に内出血が生じます。また噛まれるなどの物理的な刺激で内出血が起きた場合なども耳血腫の原因となることがあります。また耳は身体の中でも高温多湿になりやすく、マラセチアなどの菌が繁殖しやすい箇所でもあります。マラセチアは少数常在菌ですが、条件によっては異常繁殖し、強い痒みを伴うアレルギー症状を引き起こすことがあります。こういった痒みから耳を引っ掻き、耳血腫になってしまう場合もありますのでくれぐれも気を付けましょう。

犬の耳血腫の治療方法

耳血腫は、放っておくと耳の内部でさらに血液が溜まってしまいます。同時に耳の軟骨も変形してくるため、耳自体が変形してしまうこともあります。こういったことになる前に、適切な治療を施すようにしましょう。

耳に溜まった血液を抜く方法

耳血腫が起き腫れ上がっている部分に注射針を刺し、溜まった血液を抜きます。ですが抜いたままだと同じ箇所に再び血液が溜まってしまうため、術後は包帯を用いて耳介を頭部に貼り付けるような形で固定するなどの処置がなされます。

また場合によっては小切開を行ったり、感染予防の目的で抗生物質や止血剤を注入することもあります。最近は、インターフェロンを血のたまった耳介内にに投与する方法もあります。 この場合は耳にたまった血液を抜かずに行い、良好な成績が得られています。

外科手術(切開する方法)

#注射器#

上記の方法を用いても再発を繰り返すなどしてなかなか完治しない場合には、外科手術に切り替えて治療することも。また、耳血腫が起きた時点で切開手術で治療する場合もあります。外科手術では腫れた耳介を切開して、中に溜まった血液などを完全除去した後に、皮膚と軟骨を縫合して再び血液などが溜まらないようにします。

耳の変形に注意!

先に書いた通り、放っておくと耳が変形してしまうことがある他、治療したにも関わらず術後の経過が悪い場合にも耳が変形してしまうことがあります。特に活発な子は術後の処置がうまくいかないことが多いといわれています。術後の管理に注意するの共に、場合によっては耳介に形状が完全に修復できない場合もあるということを飼い主さんも充分に理解しておく必要があります。

犬の耳血腫を予防するには?

耳血腫の原因となる外耳炎など、とにかく放っておかないことが一番です。犬が強く頭を振ることが多くなった、耳を引っ掻く動作が目立つようになったなどの異常を感じた場合には、早期治療するようにしましょう。また再発を繰り返す耳血腫には、免疫調節作用があるサプリメントが有効ともいわれています。なかなか完治しない場合には、こういったものを活用するのも治療手段のひとつかもしれませんね。

他の症状や病名で犬の病気を調べる

犬の耳血腫の他にも、気になる犬の病気や、普段見ない行動をとっていて心配なときに病気を調べることができる辞典がありますので、ぜひ活用してみてくださいね。↓

犬の耳血腫まとめ

愛犬の身体の変化や異常に気付いてあげられるのは、飼い主さんとその家族しかいません。小さなケガや病気でも、そこから大きな病気になってしまうことも十分に考えられます。日頃からしっかりとコミュニケーションをとり、何かしらの異常を感じた場合には放っておかず、できるだけ早く病院で必要な診断と処置をしてもらうように心がけるようにしましょう。

ユーザーのコメント

  • 30代 女性 u_u

    うちの犬は垂れ耳なので、耳の病気には軽いものですが定期的にかかります。
    耳血腫のような大変なものではないのですが、春先から湿気てくる季節に、毎年といっていいほどアラセチアが繁殖するようで炎症を起こします。
    毎晩ブラッシングなどのケアをしますので、その際になんだか耳がにおうな、と思って耳をよーく見ると赤くなっていたり、外耳にひっかき傷があったりします。動物病院へ行って点耳薬をもらい抗生物質などの飲み薬をもらって対処していますが、犬は不快感があるのかしきりに耳を引っ掻こうとしたり、床にこすりつけたりしています。
    犬の治療の難しいところは、かゆかったり不快感があると舐めたり掻きむしってしまうことですよね。そのためなかなか傷が治りません。エリザベスカラーもストレスになるし、なんとも見ている飼い主もつらい日々です。
  • 女性 ぱなみ

    耳血腫のことですが、ちょうど友人の犬がこの病気になって処置をしたと聞いたばかりです!なんとも驚きです。我が家の愛犬はパグで耳が垂れているので、軽度の耳の病気にはしょっちゅうかかっています。今まで一番多いのは、外耳炎です。耳からイヤな臭いがすると外耳炎のサインなので、獣医さんからいただいたお薬を指したりして、日頃からケアはしています。しかし、耳血腫のような感じのものが見えたことがあり、焦って病院へ連れて行ったことがあるのですが、結局「カビ菌」という結果で、驚いたことがあります。犬は本当によく耳の病気になると思いました・・・。友人の犬は耳血腫だったのですが、初期症状でそこまで大きなものでは無かったようで、注射器でチュッと血を取って終わったようです。
  • 女性 ミサ

    この耳血腫になってしまったワンちゃんを見たことがあります!本当にプックリと耳たぶの部分が腫れているのです。ワンちゃんの飼い主さんも慣れているような感じで、あまり驚いていませんでした。獣医さんに注射器で血をチュ~ッと吸ってもらうようです。この病気の名前を聞くと、なんだか重大な感じですが、やはり早期発見すれば安心なようですね。
  • 女性 すき焼き

    うちの犬は幸いに耳のトラブルはこれまで一度もありません。垂れ耳なので、日頃から気を付けているのが良いのかな。外耳炎などのトラブルもありません。
    垂れ耳なので、耳掃除などは気を付けています。気が付いた時に耳をぴろんとめくって、指の入る範囲はコットンなどで優しくふき取るようにしています。
  • 50代以上 女性 ディーンのママ

    昨日dog runにて 突然豹変した柴ちゃんに馬乗りに(犬乗り?)耳をガブガブ?やられてしまい 病院へ行った処かなりの傷と噛み跡 あっという間の出来事でしたので 出血はしたものの すぐに収まったので しばらく様子を見てその日のうちに病院へ 耳の洗浄消毒と注射 1週間のお薬 先生より「耳血腫が心配です」と言われて ネット検索 驚きました。
    今迄dog runでのワンコ同士の揉み合いを観てきましたが 我が犬がこんな事になるなんて 今後気をつけなくてはいけませんね。 dog runへ行く時はレスリングの時用の?‍♀️イヤーカバーワンコも必要かもと…
    耳血腫 今後も要注意しなくては
  • 女性 きょん

    垂れ耳ワンコを飼っています。垂れ耳だからか、毎年春先から夏前くらいにかけて、耳トラブルになることが多いです。湿度が上がって来るからだと思うのですが、マラセチア増殖の外耳炎の常習犯なので小まめに耳の拭き掃除をしています。奥の方は怖くて出来ないので、トリマーさんか獣医さんにお願いしています。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。