あなたの愛犬はトリーツロボットになっていませんか?

あなたの愛犬はトリーツロボットになっていませんか?

愛犬が喜ぶトリーツ(しつけの時に使うご褒美のおやつのこと)。でも、トリーツがないと、『愛犬がいうことを聞かない』なんて事ありませんか?今回はあなたの愛犬がトリーツロボットにならないための有効的な使い方をご紹介したいと思います。

はてな
Pocket

よくわからないけど、もらえるから言うことを聞く

トリーツとはしつけの時に使う、いつものおやつとは違った『ご褒美のおやつ』の事です。
初めて子犬を我が家に向かえ、トイレトレーニングや、ハウストレーニング(クレートトレーニング)、またアイコンタクトなど日常の様々な場面で必要なトレーニングをする際、トリーツを使うと手っ取り早く子犬をしつけることができるようになります。

子犬はとっても可愛いですし、おやつを食べるしぐさ、欲しがるしぐさ、可愛いですよね。
でもトリーツの間違った使い方をしてしまうと、色々と問題も出てきます。
あなたはこんな、間違ったトリーツの使い方をしていませんか??

ボーダーコリーの写真

トリーツのまちがった使い方の例

  • 食事中にテーブルの下で愛犬にじーっと見つめられたら、ついついあげてしまう。
  • 無駄吠えが始まったら、トリーツを愛犬にあげて、飼い主に注目させ、無駄吠えをやめさせようとする。
  • 愛犬が欲しがるから、おねだりされるがままに、あげてしまう。

トリーツの有効な使い方のご紹介

トリーツを持っている時しかわんちゃんは『いうことを聞かない』という事になっては困りますね?
トリーツの与えすぎ、間違った与え方はしつけ訓練の逆効果になってしまいます。
何にも良いことをしていないのに、いつでもトリーツを与えていたら、いつでも、トリーツをおねだりし、欲しがるようになってしまう犬に育ってしまいます。
そして、そんな生活を続けていたら、肥満や病気の原因にもなってしまいますし、おなかがいっぱいになってしまい、ご飯も食べなくなってしまうこともあります。
トリーツはごはんではありません。

おやつの写真

抑えておきたいポイント
  • トリーツをあげるタイミングは、『犬が良い行いをした直後すぐに』また、『良い行いをしている最中に』あげましょう。
  • 一日のカロリーがオーバーしない量を犬の体調を気遣い与えましょう。
  • トリーツロボットにならないように、少しずつご褒美のおやつは減らしてゆきましょう。

最初は、愛犬がトリーツをご褒美として認識し、喜びとやる気を起こさせるために与え、徐々に減らしていくと、段々トリーツなしでも躾けられるようになりますよ。

  • 犬におねだりされてもあげません。リーダーは飼い主さんです。犬が勘違いしないためにもトリーツコントロールはしっかり飼い主さんがしてください。
  • トリーツは補助的に使うととっても良い効果が現れます。まずは声でほめ、補助的にトリーツを少しだけ与える。(『物=トリーツ』でつながることがなくなり、愛犬との精神的な部分で結ばれるようになります)
  • ドッグスポーツなどする際、手のひらにトリーツを隠して、犬を障害物へ誘導させるためにつかうのも有効です。

まとめ

おやつの前で2匹の犬が座っている写真

間違ったトリーツの使い方についてのまとめです。

  • トリーツのあげすぎ、間違ったあげかたは、しつけ訓練の逆効果になってしまう。
  • 量やカロリーを考えず、間違ったトリーツの与え方をしてしまうと肥満や病気の原因にもなってしまう。
  • 食が細い犬に対して、トリーツを与えすぎてしまうと、ご飯が食べられなくなってしまうこともある。
  • 良い行いをしていないのに、いつでもトリーツをあげていると、いつでも、おやつを欲しがり、おねだりするような犬になってしまうこともある。
  • 間違った使い方をしていると、トリーツを持っている時しか犬が言うことを聞かなくなってしまうこともある。

あなたの考え一つで、愛犬がトリーツロボットにならなくて済みますので、是非とも有効的にトリーツを使って、ご自分の可愛い愛犬のしつけ訓練をいれてあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。