犬の中耳炎 ~わんこを耳の病気から守ろう~

13987view

犬の中耳炎 ~わんこを耳の病気から守ろう~

お気に入りに追加

犬の中耳炎など耳のトラブルは犬種や体質によるものもありますが基本的にどんな犬でもなりやすい病気です。犬の中耳炎の症状や治療、中耳炎の予防方法について調べてみました。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の中耳炎の原因

おもちゃをかじっている犬

中耳炎の原因は「外耳炎の悪化」

犬、猫の中耳炎はそのほとんどが外耳炎が悪化することで進行します。
外耳炎の炎症が鼓膜を破り、中耳まで達した状態が中耳炎で、それをさらに悪化させると内耳まで進行する恐れがあります。
つまり、外耳炎→中耳炎→内耳炎と進行して行くということです。

中耳炎の原因「外耳炎」とは

中耳炎の原因のトップである外耳炎について、まずは知っておきましょう。

外耳は鼓膜の手前までの部分ですから、立ち耳の犬は外の風があたる部分、犬が自分の足で耳を掻いた時に当たる部分ですね。

症状はかゆみなので、後ろ足で掻き掻きしたり、床に耳をこすりつけたりしてひどくなると痛みに変わるため、耳を触らせない、落ち着きがなくなる、などの症状が現れます。
また、耳垢に細菌が感染すると臭い匂いがするようになります。

原因は、ダニや、細菌、アレルギなどー様々ですが治療は基本的に耳の洗浄、抗生剤、消炎剤の投与、アレルギー原因の除去で、症状が軽いうちならすぐに治ります。

ウイルスや細菌の繁殖が原因

空気中のウイルスや細菌が犬の口の中で繁殖し、喉の奥とつながっている耳管から内耳に入り込み、炎症を起こすこともあります。
また、キャバリアなど一部の犬種では鼻の奥から中耳に通じる耳管を介して炎症を起こす例もあるそうです。

中耳自体が原因で炎症を起こす場合

中耳に腫瘍、ポリープ、がある場合や、異物混入による外傷が原因で炎症を起こし、中耳炎になることもあります。

犬の中耳炎の症状

愛犬

  • 耳をかゆがる耳が匂う
  • 耳ダレがある耳を触られるのを嫌がる
  • 頭を降ることが多い
  • 目が揺れている感じがするなど。

これらの症状を放っておくと、顔面神経の麻痺などを起こす可能性も。
それは内耳が顔面神経や自律神経に隣り合っているため、中耳の炎症が周りの神経にも影響してしまうためです。

犬の耳のどこが中耳?

犬の耳のイラスト

中耳とは耳の奥の大切な鼓膜を含む部分です。
音を増幅する耳小骨がある鼓膜の後ろの鼓室、咽喉とつながって気圧の調整をする耳管までが神経中耳と呼ばれる部分です。
外側からは見えない部分ですが、ここが何らかの原因で炎症を起こしたものを中耳炎といいます。

中耳炎に罹りやすい犬種

愛犬

立ち耳よりたれ耳のワンコ

一般的に立ち耳の犬よりもたれ耳の犬のほうが耳の中が蒸れやすいので、細菌が入り込むと、繁殖して炎症を起こしやすいといわれています。
(犬種ではコッカースパニエル、プードル、レトリバー、ビーグル、キャバリアなど)

外耳道が細い犬種

パグ、フレンチブルドッグなどは外耳道と呼ばれる部分が細く、耳掃除がしにくいため、外耳炎などによる悪化が起こりやすい犬種です。

長毛種より短毛種

毛の短いタイプの犬の皮膚は毛が短い分、皮膚を守るための脂分が多くできています。
その脂分が耳の中に細菌が入ると、細菌の栄養となってしまい炎症を起こします。

これら、耳のトラブルを起こしやすい犬種はもちろん、〝全ての犬〟の耳の病気で一番多いのが外耳炎だそうです。
特にかかりにくい犬種というのはありません。

犬の中耳炎の治療方法

薬

外耳炎から悪化する場合がほとんどなので、炎症の原因の菌を調べて、その駆除を行います。

まずは外耳炎と同じく、耳の中をきれいにして炎症を抑えていきます。中耳炎の場合は鼓膜が破れている可能性が高いので、耳の洗浄は行わないようにしましょう。
マラセチア、ブドウ球菌によるものいは抗生剤を投与し、炎症をおさえるために消炎剤も使っていきます。
それでも、良くならない場合や腫れがひどい場合などは、外耳道切開という手術を行います。

この手術は、外耳道を縦に切ることで耳の汚れを取りやすくして不快感を減らすものです。
その他に、原因がアレルギーや、甲状腺機能低下症などの場合はその病気の治療が必要です。

治療費の目安は?

中耳炎の場合でCT設備のある病院で詳しく検査したり、注射したりした場合の費用は5万~6万円かかるようです。

おおよその内訳は、次の通りです

  • 耳掃除1,500円
  • 耳鏡検査1,000円
  • レントゲン4,000円
  • 皮下注射1,000~1,500円
  • 内用薬1,500~2,000円
  • CT検査46,000円

この内訳をみると、CT検査が高額ですね。CT検査は麻酔下で行うため、年齢によっては血液検査が必要になる場合もあります。
なるべく症状の軽いうちに気付いて、外耳炎を悪くしないようにしてレントゲンやCTのお世話にならないようにしたいものです。
検査の金額だけでなく、ワンコにも怖い思いをさせてしまいます。

犬の中耳炎を予防する方法

耳を拭いている写真

愛犬を中耳炎にしないためには、まずは外耳炎を予防することです。
外耳炎は普段のお手入れで大分予防できますよ。

お手入れはガーゼや柔らかいティッシュを指に巻き付け、ぬるま湯で湿らせて優しく耳の内側の汚れをふき取ります。
乾いた布でこすると傷つけてしまい、そこから細菌が入ることもあるので、必ずしめらせた布で優しくふき取るようにします。
また、綿棒で無理に奥の方まで掃除しないでください。
そうすることで、かえって奥まで汚れを押し込んでしまうことがあります。
あくまでも耳の入り口付近を清潔にしましょう。
脂分の多い皮膚の犬はぬるま湯よりイヤークリーナーなどでふき取った方が良いそうです。

自然派クリーナーを活用する

市販のものでも良いですが、わが家の犬たちはあまり匂いのきついのが苦手なので、市販のウエットティッシュのクリーナーは使えませんでした。

ぬるま湯で十分ですが、緑茶を煮出して覚ましたもので拭くと殺菌効果もあり、さっぱりします。
また、水と食酢(りんご酢など)を1:1でわったものも同様に効果があります。刺激がある場合もありますので、様子を見ながら行いましょう。耳に使う前に身体のほかの部位で炎症反応が起きないか確認しましょう。

イヤークリーナーも体拭きのウエットティッシュも犬用品に人間がいい香りと感じる香り付きのものが多いですが、わが家のワンコは無香料のほうが嫌がりません。
自分の愛犬の様子を見てその子にあった心地よい、無理強いしないお手入れで、耳のトラブルを防ぎたいものですね。

まとめ

犬2頭の写真

我が家のワンコは2頭ともたれ耳なので、なるべく汚れはこまめにふき取るようにしていましたが、それでも小さいほうのワンコは一度外耳炎になりました。

その時は急に目も腫れぼったくなり、頭をプルプルして元気がなかったので、病院へ連れて行きました。
急に腫れたので汚れが原因ではなかったのかもしれませんが、とりあえず耳洗浄と点耳薬をして、抗生剤を処方され、数日後にもう一度診ていただいた時にはすっかり治っていました。

はじめからレントゲンやCTで検査するようなことはないと思いますので、とにかく早く気づくことが大切です。

もし少しでも様子がおかしいと思ったら、早めに獣医さんの診断を受けて酷くならないようにすることが、中耳炎から愛犬を守る一番大切なことだと覚えておきましょう。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

ユーザーのコメント

  • 50代以上 女性 茜

    外耳炎、中耳炎怖いですね、口からも感染することがあるとはじめて知りました。
    ミニチュアシュナウザーを飼っています。
    たれ耳の犬種なので耳の手入れにはとても気を使っています。
    耳の中まで毛が密集するので、耳ダニがあっという間に繁殖するので頻繁に耳を搔くような仕草をしています。
    心配で毎回綺麗にカットするようにしてますが、耳を触られるのが大嫌いで、中々じっとしていてくれません。
    耳の奥にはさみを入れるので結構抑えつけてるよで、ちょっと可哀想になります。
    もう少し手早く上手にできれば犬も楽なのでしょうが、うまくいかないものですね。
    犬にとって耳は敏感でとても大切な器官のひとつだという事が嫌がる姿からよくわかります。
  • 女性 colo

    愛犬が外耳炎と中耳炎の境目くらいの状態になったことがあります。
    頭を振ったり、痒がったりし始め、そのうち段々臭いがきつくなり、なるべくこまめに濡らしたタオルなどで拭きとり、パウダーをして乾燥させていたのにもかかわらず、耳だれが治まる気配がありませんでした。
    動物病院へ連れて行くと、耳の奥に耳毛と耳だれが固まり、それが段々耳毛を巻き込んで引っ張られるので気にしていたようです。もちろんそこまでなってしまうと炎症もあり、処置は大変でした。
    固まった毛を掃除するのに軽く引いただけでもとても痛がるので、根本的な元を片づける前に抗炎症剤を投与し、炎症が引いて痛みがなくなってから本格的な耳のチェックとなりました。
    耳が正常な状態に戻るまで半年近くかかってしまいました。その間に何度も動物病院へ向かうのですが、愛犬は痛い思いをしたせいで処置自体ストレスになってしまい、日によっては体調不良でした。

    思えば、こうなるだいぶ前から耳を気にしていた素振りはありました。軽く見た結果が、こんなに痛い怖い思いをさせてしまい時間もかけることになってしまいました。
    外耳炎のうちに早々に完治させておかないと、本当に大変です。毎日耳と目はチェックしてあげるといいと思います。
  • 20代 女性 みさき

    食物アレルギー持ちで、それが起因となるマラセチア性外耳炎に2回なったことがあります。
    どちらも、軽度で済みましたが、早く気がついて治療をしなければ、あっという間に中耳炎に発展させてしまう危険があります。外耳炎と中耳炎では、治療にかかる時間も金額も予後も全く異なるものなので、日々の耳のケアで防止と早期発見につとめることが大切です。

    我が家では獣医師の指導のもと、日々のケアは「指が自然に入るケア」に留めています。鉗子にガーゼを巻き付けたり、綿棒を使用する方法もありますが、耳の中を傷つけてしまう可能性が高いため、絶対にしないようにと釘を刺されました。(この辺りは獣医師の考え方にもよると思いますが...)
    具体的には、市販のイヤークリーナを指に巻き付けて、指が入る範囲を優しく拭き取ることを週に2〜3回ぐらい行なっています。後は、耳をやたら掻いたり、耳を擦り付けるような行動をしていないかのチェック、月に1度はトリマーさんに手入れをしてもらうことで維持できています。
  • 女性 May

    我が家はパグを飼っています。耳が垂れているせいか、かなりの頻度で耳の病気になっています・・・。一番多いのは「外耳炎」です。なんか調子が悪そうだなと思うと、外耳炎になっています。外耳炎になると、耳をとても痒がり、さらに耳の中に赤茶色っぽい垢が出てきます。また、耳中が酸っぱい匂いになるのです。この匂いに慣れてしまうと、耳の匂いを嗅いだだけで外耳炎になっているかどうかが分かります。なので、我が家では常に匂いを嗅いでチェックしてあげています。また、足の指の間もチェックしてあげてください!外耳炎になると耳をカイカイする頻度が高くなるのですが、赤茶色の垢が爪の先や爪の間に入って、とても臭くなっていることがあります。と、外耳炎や中耳炎などの症状になると、いろいろと不快なことが起こるのでよくチェックしてあげることが大切だと思います。
  • 女性 コロ

    垂れ耳で毛ぶきもいいととても蒸れます。
    我が家の愛犬は垂れ耳なので耳は特に注意しています。なんか赤いなと思った時はすぐにミミピュアを。1~2日滴下しても全く治まらない時は獣医さんに診てもらい飲み薬も処方してもらいます。
    まずは乾燥第一です。お風呂の後や梅雨時期などは毎日でも見てあげた方がいいですよ。
    一度中耳炎になるとクセになる気がします。繰り返すことも多いので注意してみてあげてくださいね。
  • 女性 ゴン吉

    耳垂れのある中耳炎は早い段階で治療を始めないと、耳の中で固まって更に炎症が酷くなってしまいます。うちの愛犬が中耳炎で耳垂れを放置してしまった時はとても大変でした。内側の毛と絡んで更に奥まで入り込んでしまうので、それを掻きだすだけでもとても痛みを伴います。
    おかしいと思ったらすぐに確認、治療を開始し、常に耳の中を乾燥させておくことが大事です。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。