愛犬が前庭疾患になった時・・・私たち飼い主がしてあげられること

【獣医師監修】愛犬が前庭疾患になった時・・・私たち飼い主がしてあげられること

お気に入りに追加

いつもはまっすぐに歩く愛犬がフラフラと歩くようになった、それは「前庭疾患」の疑いがあります。すぐに動物病院に行ってください。そんな突然の発症に驚かされる「前庭疾患」とはどのような病気で、飼い主として何をしてあげられるのか知っておきましょう。

181844view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

前庭とは

寝ている犬の横顔

犬の耳の奥には『内耳』と呼ばれる部分があります。

カタツムリのような形の「蝸牛」とプレッツェルのような形の「三半規管」が骨のなかに収まっています。
蝸牛は蝸牛神経につながり、音を脳に伝るという働きがあり、また、三半規管は、前庭神経につながり、体の位置情報を脳に伝え、体のバランスを保つ役割を持っています。

そして前庭は、姿勢や体のバランスを保つ平衡感覚を司る働きをする器官です。
したがって、前庭に異常が起こると、頭や体の位置をコントロールできなくなります。

前庭疾患の原因

前庭疾患

耳の中の「前庭」に障害が起きて、様々な症状が起きる病気です。
耳の奥の前庭神経に異常が起こるために発症します。

耳に収まる器官は、音を聞く働きの他、体のバランスを保つ働きをする器官も含まれます。
その中でも前庭は、体のバランスを保つのに重要な器官でのため、前庭疾患になった犬は、足元がふらついたり、体のバランスをとれなくなるのです。

突発性前庭疾患

突発性というのは原因不明という意味で、突然に中~高齢期の犬に起こります。
犬種は問わず、どの犬にでも起こりうる病気です。

発症して24時間以内に症状のピークを迎えて、症状は軽度から重度になるものまで様々みられます。

前庭疾患の症状

めまい、よろめき、旋回運動

めまいやよろめきを起こし、フラフラと歩くようになります。
めまいやよろめきは、治療しなければ3~6週間ほど続きますが、その後は回復する場合と重症化する場合にわかれます。

歩こうとしてもバランスがとれないために、グルグルと回転するように歩く「旋回運動」がみられます。
重度の場合は、歩けなくなり倒れこみます。

頭が傾く「捻転斜頸」

首が片方に傾く「捻転斜頸」をおこします。
回復後も後遺症として、わずかに首が傾いたままになることがあります。

眼球がグルグルと回転する「眼振」がみられます。数日たてば、症状がみられなくなる場合と、改善が見られない場合があります。
視野が回転するので、食欲不振や嘔吐する症状をおこします。

前庭疾患の予防法と治療法

予防法

突然発症するため、予防ができない病気です。
ただし、遺伝性の場合もあるため、親犬や血統内に発症している犬がいた場合は、気を付けてあげると良いでしょう。

治療法

対症治療として、食欲がなくなった場合には、点滴をして栄養を補給します。
炎症が除外できていない場合には、抗生物質やステロイドを投与して炎症を抑えます。
また、甲状腺ホルモンを内服することで、改善の効果があったとの報告もされています。

家庭での看護

布団にくるまる犬

動物病院での看護よりも、いつも一緒に暮らしている飼い主さんや家族の看護のほうが犬にとっては、治りが早い可能性があります。
治りを早くするためにも、愛犬の周りの環境を整えてあげると良いでしょう。

愛犬のための住環境を考える

めまい・よろめき予防をする

めまいやよろめきを起こして倒れてしまう場合は、愛犬がぶつかってケガをしないように、愛犬が行動する範囲にイスやテーブルを置かないようにします。
動かせない家具には、やわらかい布などでカバーをします。

狭い所を塞ぐ

愛犬が入りそうな家具と家具の間の隙間を塞ぎます。狭い所に入って抜け出せなくなることを防ぎます。

足腰への負担を減らす対策をする

フローリングなどの滑りやすい床のままではなく、滑り止めのカーペットなどを敷いて、愛犬の立ったり座ったりする動作の負担を減らします。
愛犬が自力で歩こうとする意思があるならば、歩行補助のハーネスを着用させ、歩くトレーニングをします。
歩行補助ハーネスは、飼い主が愛犬を補助する持ち手がついています。

足腰が弱った愛犬が車に乗り下りするときには、スロープを使い足腰に負担がかからないようにします。
また、ソファに上がる愛犬には、小さな階段を用意します。

重症度になってしまったら・・・

前庭疾患の症状が徐々に重くなっていくと要注意です。
脳に異常がある可能性があるため、改善することはむずかしくなる場合もあります。
起き上がれなくなり、寝たきりになる場合もあります。

痴呆の症状が併発した場合

痴呆になると、徘徊がみられるようになります。
部屋の中に大きめのサークルを作っておくと、飼い主さんの目が届くところで、自由に歩かせてあげることができます。

移動のサポートをしてあげよう

動けなくなっても、痴呆になったとしても、外の刺激は大切です。
いつも散歩で歩いていた道やちょっと遠くまで行くために介護用ペットカートを活用しましょう。
介護用ペットカートは、お散歩を始め、動物病院への通院、寝たきりの愛犬を運べます。
大きさは、愛犬の大きさに応じてサイズがあります。

床ずれに備えよう

寝たきりになった愛犬には、床ずれを起こしにくい柔らかい素材のベッドや低反発マットを用意してあげてください。
カバーは洗濯のしやすいものを選びます。

寝たきりになってしまったら・・・

動きが鈍くなってきたと思っていたら、寝たきりになる可能性が高くなります 。
愛犬の介護はどのようにしたらよいのでしょうか。

十分なごはんと水を与える

寝たきりになってしまったら、まずは、食餌と水をきちんと摂らせるようにしなければなりません。
食餌をしないことで、体力が低下しますので、1日分の食餌を数回に少しずつ分けて与えます。

口を開けるのを嫌がる場合には、流動食を与えます。
愛犬の口の横からスポイトを使って入れましょう。
スポイトは動物用のものがありますので、愛犬の口のサイズに合ったものを獣医さんと相談して使うようにしてください。

床ずれ対策は必須

床ずれは寝たきりになると、同じ姿勢のまま体を動かすことができなくなるので肩・腰・足首・かかと・頬骨の骨が飛び出して体重のかかる部分にできやすいです。
筋肉や皮下組織の血行障害を起こし、壊死を引き起こして床ずれ部分の皮膚が破れてむき出しになります。

床ずれの予防法は?

床ずれはできてしまうと治すことは難しいです。
寝たきりになったなら、定期的に向きや体位を変えてあげ、愛犬の体を動かすときに、体の様子や皮膚の状態を観察し、ノートに記入しておくと、獣医さんへ詳しく説明ができます。

血行を良くするために、マッサージをしてあげてください。
関節が硬くなると、寝返りを打たせるときに痛がります。
マッサージは愛犬が嫌がらない程度に、リハビリを兼ねて関節を伸ばすように、飼い主さんが優しい声をかけながら撫でるように血行を良くしてあげましょう。

床ずれはどのように進行するの?

圧迫されている部分の毛がすり切れたり、抜け毛がおおくなります。毛が薄くなった部分が赤くなり、痛がったりかゆがります。
赤くなった皮膚の部分が、白っぽく変化し、触るとブヨブヨしてきます。
その後、水ぶくれが破れて皮膚がただれ、体液がでてきます。
皮膚の異常が見られたらすぐに獣医さんに診せるようにし、処置をしてもらいます。また、家庭でも処置が出来るように獣医さんから処置の方法を教えてもらいます。

もし床ずれになったら・・・

重要なことは、愛犬を清潔に保つことです。排泄物をすぐに取り除き、体に付いたものは優しく拭き取ります。
皮膚に負担がかからないように、引きずったり、こすったりしないようにします。

2時間を目安に寝返りを行います。皮膚の状態によって寝返りの時間を調節します。
足の関節はタオルを巻いて、骨どうしが当たらないようにします。床ずれの治療は、皮膚の状態によって処置が変わるので、獣医さんに相談します。

さいごに

草むらの犬

いつまでも元気いっぱいの愛犬でいてほしいと思っていても、突然の発症で家庭での看護・介護が必要になる時がやってきます。

寝たきりになると、飼い主さんの体力や気力が必要になってきますが、愛犬に対する愛情は変わることはないはずです。
飼い主さんの気配り、心配りは必ず愛犬に届いています。

厳しい現実といえますが、飼い主さんのもとで長く生活ができるようにしてあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    ちょうど最近、知り合いの15歳の小型犬が「前庭疾患」になって、めまいや首の傾きがしばらく続いていました。飼い主も、「目が回ったようになって可愛そうで。」と言っていました。我が家も13歳のシニアなので、ふらつきなどには特に注意しています。

    記事にあるように寝たきりになってしまうと床ずれなどの問題も出てくるので、いまから対処法を勉強しておかないといけませんね・・・
  • 投稿者

    30代 女性 チョコママ

    まだまだやんちゃ盛りに我が家に来た愛犬も今では8歳のシニア犬となり、これまでは大きな病気や怪我はなく、元気にしてくれてました。
    でも寄る年波には勝てず、お散歩の帰り道がちょっとゆっくりになったように感じています。毎日共にする散歩は、実は人間と犬の双方の健康の元。家族の健康の一端は愛犬にも支えられている事に感謝せずにいられません。
    愛犬にもいつまでも元気でいて欲しいですが、万が一「前庭疾患」等を発症した場合でも、人間側の体力と気力の要ることではあるのですが、できるだけ長く我が家でケアできればと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆん

    高齢犬では突発性のもの以外にも耳道の感染症、腫瘍といった原因で前庭症状が生じることがあります。
    突発性のものは安静にしていれば軽度になることが多いですが、その他の原因であれば治療しなければいけないので動物病院にかかりましょう。
    慢性的な嘔吐が続いたり寝たきりになったりしてしまうと見てる私達もつらくなりますよね。特に褥瘡は1度なってしまうとほとんど治らないことが多いです。骨盤や肩甲骨付近にはクッションなどをかませてあげると良いです。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    13歳のミニチュアダックスがいますが、今日、病院で前庭障害との診断を受けました。いつかは来るであろう不調が今日突然やって来たという感じです。正直、気が動転しましたが、辛いのは犬のほうと、気持ちを切り替えて、少しの変化も見逃さないように、日々接していこうと覚悟を決めました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 りんLOVE

    昨年12月、14才の黒ラブが、突然前庭疾患に、なりました。犬も、飼い主もびっくり。直ぐに病院いき、点滴してもらい、安定剤もらい、わずかに傾きが、のこるも、ふっかつし、ミニチュアダックスフンド三頭とともに、毎日お散歩もこなし、5月には、15才の誕生日をむかえました。3日前から、再発。今、りんちゃん頑張ってくれてます。
  • 投稿者

    30代 女性 のんたん

    今朝から14歳の雄トイプードルが前庭疾患の様な症状が出てます。
    朝から飲まず食わず。
    旋回してたり眼球が定まってなかったら。
    母に伝えると老犬なので病院連れて行くのは可哀想と連れて行こうとしません。
    私は病院連れて行かない方が可哀想だと思ってます。
  • 投稿者

    40代 女性 スズキ

    自分自身がメニエール病を抱えているので、前庭疾患についてはある程度知識があると思うのですが犬にも前庭疾患があるというのはびっくりしました。私もメニエール病とわかるまでに前庭神経炎などの可能性も考えられて色々と検査したので…。それに前庭疾患って風邪などを引き起こすウイルスが原因の場合が考えられると聞きましたが、犬に風邪はないときいたことがありますし。
    まあ、でも犬と人間では前庭疾患が起こる原因自体も違うかもしれませんしね。

    厳密にはメニエールと前庭疾患は違うものですが、めまいや吐き気などの症状は似ていると思うので、これを愛犬も味わうと考えたらつらいですね。人間は知識があるので「少し休めば落ち着く」とか「ここで無理して体に負担をかけないようにしよう」などと考えられますが、犬にとってはわけもわからず苦痛がやってくるんですからね。本当にかわいそう。
    もしも愛犬が発症してしまったら、飼い主が日常的にうまくコントロールしていかないといけないと考えるとなかなか大変だなと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 ブランママ

    15才のダックスが昨年突発性の前提疾患になりました 突然の嘔吐と体が右側に傾き即入院でした 抗生物質、ステロイドで日によって落ち着いた時もありましたが甲状腺ホルモンの投与で少しずつ良くなった様な気がします 2週間の入院後退院しわずか2日で再発 脳の心配もありMRIを撮りましたが問題なし 再び入院もストレスになると考え自宅療法をしました その後は1週間程で目に見え良くなり今では元気に過ごしてます
  • 投稿者

    50代以上 女性 りぼんママ

    我が家の愛犬も14歳で突然【前庭疾患】になりました。数日間毎日点滴と投薬で2ケ月後くらいには回復して、心配していた首の曲がりも残りませんでした。それから1年まだまだ元気に過ごしています。
    突然立てなくなりビックリすると思いますが、我が家のように元通り回復する場合もあるので、飼い主さん頑張ってあげてください。
  • 投稿者

    50代以上 男性 まはろ

    昨日から愛犬ボストンテリア15才が突然前庭疾患になり歩けなくごはんも食べなくなりました。掛かり付けの獣医さんに直ぐ連れいていきました。獣医さんにも同じ事を言われましたがとにかく歩けなくごはんも食べない事で動揺してしまいます。解説読ませて頂き整理がつき勇気をいただけました。ありがとうございます。
  • 投稿者

    50代以上 男性 ココア

    もうすぐ13歳を迎えるチワワを飼っています。一昨日から捻転斜頸と眼球の揺れにより、突発性前庭疾患であると診断されました。その後はサークル内で静かに過ごしております。現在の食欲は減衰しておらず、水も飲みます。但し、私の手のひらで顔まで持って行っているのが現状です。
    一点気になることがあります。便通やオシッコは不規則ではなかったのですが、ここ2日間はどちらもしません。体を支えてあげてもしようとしません。このまま様子見で良いのか不安です。したくなったらペットシート以外でしても、漏らしても良いと思っていますが、不安を感じています。したくなったらするものなのか、どなたかご意見いただけると幸いです。
  • 投稿者

    30代 女性 ぴー

    18歳の雑種犬です。

    一週間ほど前から首が右に曲がって立てなくなり、それでも立とうとしてか眼が回るせいか上半身を持ち上げては倒れてを繰り返しています。

    病院では前庭疾患と言われました。
    年も年だし良くはなりませんよ、とも。

    住んでいる場所が田舎であるため動物病院も設備が乏しく、体調が悪くても大抵が『年ですからねぇ』で済ませられてしまいます。

    もし、他の病気だったら、もっと詳しく調べて貰える病院だったらと思うと苦しいです。
  • 投稿者

    20代 女性 ワンさん

    うちも前庭疾病と言われました。突然、ウロウロしはじめたと思ったら、ヨダレを垂らしながら片側にグルグル回り始めそのまま同じ方向に回りながら歩いていきました。眼球も揺れて頭もブルブルずっとふっていました。病院に連れて行く間もずっとこんな感じです。首も曲がっています。治るのかとても心配です。
  • 投稿者

    30代 女性 ちよ

    推定13歳になる♀雑種です。
    今日午前中に突然ふらつき、嘔吐失禁、捻転斜頸、眼球の揺れ等があり病院へ。診察の結果前庭障害との診断でした。ただ、下痢(血便)もあり、それは前庭障害の症状とは違うなので一晩様子見。帰宅後も血便、水を飲んでも水も吐く、失禁、目が回るのが続きとても苦しんでいます。投薬など今のところありません。可哀想で可哀想で…励ますことしかできません。
    皆さんのように早く収まることを願うだけです。
  • 投稿者

    女性 mmss

    16歳のトイプードル女の子が、昨日少しもどして今夜ごはんを食べてる途中でへたり込んでしまいました。その後、フラフラと傾きながら歩いて倒れこんだりしました。前庭疾患でしょうか。みなさんの経験をみて、私がしっかりしなくてはと言い聞かせてますが、ずっと一緒に過ごしてきた愛犬が心配で涙が止まりません。今は落ち着いて眠ってるので明日朝病院に連れて行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。