犬服のサイズの測り方や選び方!オススメの通販ショップ3選

犬服のサイズの測り方や選び方!オススメの通販ショップ3選

お気に入りに追加

いつもと同じサイズの犬服を選んだはずなのに、サイズが合わないなど、犬服のサイズ選びに困ったことはありませんか?今回は、飼い主さんが犬の服選びで失敗しないよう、サイズ表を用いながら体の部位別の正しいサイズの測り方をお伝えします。また、犬服を選ぶときのポイントやオススメ通販ショップなどもあわせてご紹介します。

36514view

犬服のサイズについて

犬服を着た犬

犬服は歩行を妨げたり服の圧迫感でストレスを感じたりしないよう、犬の体型にぴったり合ったサイズの服を購入することが大切です。そのために、犬の体の大きさをしっかりと把握しておきましょう。服のサイズは素材やデザインによって多少の誤差が生じます。犬が快適に服を着られるよう、体の部位ごとに測り方を紹介します。

犬服のサイズの測り方

犬服を着た犬

犬のサイズを知りたい場合、「首まわり、胴まわり、着丈(背丈)」の3点を測ります。可能であれば2人で行えるとよいでしょう。1人は犬が動かないように抑え、その間にもう1人が計測を行うとスムーズに測ることができます。また犬が怪我をしないよう、柔らかいメジャーを使うか、糸などで採寸してからその長さを測るといった方法を使い、正しく計測するようにします。

首まわり

首輪を購入するときは、首の中間(のど仏)あたりから少し下がったところを測りますが、犬服を購入するときの首囲は位置が異なります。首の付け根あたりをぐるっと一周させて測るとよいでしょう。

簡単な方法として、ベルトタイプやバックルタイプの首輪をしている犬の場合、それを使って首まわりのサイズを測ることができます。首輪はきつく締めすぎず、首の付け根あたりに落ちて止まるところを目安に装着しましょう。留め具を外し、まっすぐに伸ばした首輪の長さが首まわりのサイズになります。

胴まわり

犬服選びの中で、最も大切な部分が胴まわりです。胴まわりのサイズは、前足の付け根ではなく、胸の一番太くなっているところをぐるっと一周した長さです。胸の一番太い部分は、犬を横から見たときに地面に一番近いあばら骨を目安に測定しましょう。また被毛の厚い犬種の場合には、メジャーで被毛が潰れすぎないくらいの力加減で測ります。

着丈(背丈)

着丈は、首まわりのサイズを測った位置からしっぽの付け根までの長さを背骨に沿って測ります。メジャーを使うときは、先端を首の付け根の位置に合わせてしっかりと固定し、背骨に沿って測るようにすると正確な長さを測れるのでおすすめです。

基本的に着丈と背丈は同じ意味を持ちますが、服のデザインによってはサイズが異なるものがあります。そのため、「首の付け根から腰と尻尾の中間まで」と「首の付け根から尻尾の付け根まで」の2パターンの長さをあからじめ測っておくことおすすめします。それから、サイズ表と実際に測ったサイズを照らし合わせ、犬にぴったり合ったサイズの犬服を選びましょう。

しかし、チワワのように一般的に小型犬に属している犬種でも、極小サイズであったり、大きめなサイズであったり、胴体の長いチワワもいたりなど個体差があります。そのためサイズ表を参考にするだけでなく、それぞれの体の特徴を把握して服のサイズを選んであげることが大切です。

サイズ表一覧(cm)

人間の服とは違い、犬服には明確なサイズの規格がありません。そのため、以下のサイズ表はあくまでも目安として考えましょう。

服(レギュラー用)着丈(背丈)胴まわり首まわり
1号(SS)20 26~2918~2018~20
2号(S)2329~3520~2320~23
3号(M)2735~4123~2623~26
4号(L) 3141~4726~3026~30
5号(LL)3547~5330~3330~33

分類方法はメーカーによって異なり、「体重別」「ダックス用」「胸幅のある中型犬種用」「細身の犬種用」「大型犬種用」といった種類があります。フレンチブルドッグやイタリアングレーハウンド、ドーベルマンというように、犬種ごとの特徴や体の大きさの違いを目安にサイズ分けしています。

このように、犬の服選びはサイズ合わせが難しく失敗してしまうことがあるかもしれません。そういった場合、思い切って服をお直しするのも1つの方法です。

犬服のサイズの選び方

走る服を着た犬

ヌード寸法とできあがり寸法に気をつける

犬服のサイズ表記には「ヌード寸法」と「できあがり寸法」の2種類があり、服を買うときにはこの2点をしっかりと確認するようにしましょう。ヌード寸法は犬を測ったサイズで、できあがり寸法は服自体のサイズのことを指します。

できあがり寸法は、首回りや胸囲ともにヌードサイズから3センチを足した長さを目安にすることが一般的です。また着丈には好みがあるので、それに合った長さのものを選んであげてください。

犬服の選び方を考えるとき、人間のように成長を考えて1サイズ大きいものを購入してしまうと服が脱げてしまう可能性があるので避けましょう。

素材選びで異なる

脂肪が少ない超小型犬~小型犬や温度調節が上手くできない老犬の場合、防寒対策として犬用の服は必須アイテムになります。そこでニット素材や伸びない素材の犬服を選ぼうとすると、サイズの選び方が難しいことがあります。

伸びるニット素材の服は、ヌードサイズのままでもちょうどよい場合があります。一方で伸びない素材の服は、ヌードサイズから4センチメートル足した長さを目安にすることをおすすめします。

サイズの表記を当てにしない

メーカーによって、同じSML表記のサイズでも大きさが異なる場合があります。胸囲はぴったりでも、着丈や首まわりなど、ほかの部位の大きさが合わないこともあります。そのため、初めてそのメーカーの犬服を購入するときは必ずサイズ表を確認し、試着することをおすすめします。

またドッグウェアのモデル犬が同じ体重だとしても、犬種によってスタイルや骨格などの体型は異なります。体重表記はあくまでも目安程度に考えたほうがよいでしょう。

犬服のオススメの通販ショップ

犬服を着た犬

1. idog

「idog」は富山県の自社工場で1枚1枚丁寧に作られる、国産の犬服などを販売しているブランドです。厳しい品質管理のもと、高品質のドッグウェアが作り出されています。チワワなどの超小型犬の赤ちゃんから、ダックス、フレンチブルドッグ、 ゴールデンレトリバーまで幅広く対応できるよう豊富なサイズを展開しています。

idog

2. RADIKA

イタリア語で 「根付く」という意味のRADICAでは、飼い主さんと犬の暮らしが豊かになる犬服を販売しています。

アパレルデザイナー出身で自らもチワワ3匹を飼うオーナーがディレクターを務め、愛犬家ならではの程よい遊び心とトレンド感を取り入れたデザインを東京から発信しています。サイズに迷ったら気軽に相談にも乗ってくれるので問い合わせてみましょう。

RADIKA

3. Calulu

「Calulu(カルル)」はニューヨークカジュアルの旬な犬服を提案しています。デザインのクオリティに徹底的にこだわり、犬が快適に感じるサイズや着心地のよさに十分に配慮した商品作りを目指しています。

「URBAN(都会的)」「SIMPLE(洗練)」「CONTEMPORARY(現代的)」をブランドコンセプトに掲げています。

Calulu

まとめ

犬服を着た犬たち

犬服は、デザインだけでなく動きやすく快適に過ごせるものを選んであげることが重要です。犬が服に足を引っ掛けて転ぶなど、思わぬ事故に繋がる危険性もあるので、犬の体型に合ったぴったりサイズのものを選びましょう。

「いつもと同じサイズ」ではなく、「首まわり、胸囲、着丈」のサイズを正しく計測し、犬にとってストレスを感じないサイズ選びが大切です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    私も犬の服選び失敗したりします。一応測っては行くのですが着せてみて小さかったりとかあります。
    そういう時はタグを取らないで返品交換してもらいます。本当にメーカーによって違うのでちょと太ったりしてしまうと入らなくなったりします。うちはチワワなのですがなかなかぴったりするのを探すのは大変です。色は犬の毛色の反対色を選んでいます。そうすると犬にあってきます。うちの犬は黒なので服の色は赤などです。
  • 投稿者

    30代 女性 アケビ

    犬関係ではないですが、アパレル関係の仕事をしています。採寸が大事なのは大前提ですが、メーカーやデザインの他、使用している生地の材質によってもフィット感は大きく異なってきます。人間用の服と同じ様に、実店舗で試着して買うのが一番確実です。実店舗の場合、バーゲン品ではないとかタグ・レシートがある等、一定条件を満たせばサイズ交換にも応じてもらえますし。最近ではネットショップでもサイズ交換OKのようですが、犬のお洋服は人間でいうところの下着等と同じ「衛生用品」とされているケースも多いようです。不安な場合は、返品交換の条件をしっかり確認すること、また、ネットショップの場合は口コミ等で確認すると失敗は随分減らせると思います。ご参考までに。
  • 投稿者

    40代 男性 eda

    犬の服を買うときは、持っている服でサイズが丁度良いものを持参すると一目瞭然で判断しやすいです。メーカーによって、胴回りが細めの服や、着丈が長いものなどがありますから。また、通販などで買った場合は、犬に試着をさせる前に、持っている服を当ててみて、大丈夫そうだったら着せます。平置きで重ねてみたときに、明らかに着丈が短かったりオーバーしている、首回りが小さいなどがあれば、タグも取っていませんし袋からもだしていないので返品してもらえるでしょう。
    デザインによっては、少しサイズが大きいみたいだけどどうしても欲しいという場合は、自分で詰めるなどの手間はかかりますが小型犬の服ならば小さいので意外と簡単なものです。
  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    マナーバンドを通販で購入する際に、書かれていたサイズ表の通りのものを頼んだのになぜか愛犬の胴に回らず、使わないのは勿体ないのでどうにか手を加えて使用しています。次こそはと別のショップでサイズ表を見て今度こそこれだと買ってみると今度は大きすぎて、やはり手を加えないと使用できないという事態になりました。生地の素材にも寄るのでしょうね。

    愛犬が長毛犬なので、タンクトップ等を購入する時は、ひとまわり大きいものを選んでいます。毛ぶきがいい犬種もひとまわり大きいものか、調整できるタイプの洋服を選ぶといいです。
    個人的には、足まで通す袖がないベストのような服の方がいいと思います。

    犬服のサイズってとっても難しいです。お店ごとに微妙にサイズが違うこともあるので、サイズ表記だけで選ぶのではなく愛犬のサイズを把握した上で選ぶといいですね。
  • 投稿者

    女性 シュナ

    わんこのお洋服、どんどんおしゃれにどんどん機能的になっていますよね。うちも夏の日差しよけや防寒、草むら対策にお洋服を着させています。わんこのためと飼い主の楽しみと半々といったところでしょうか。お写真にあるワンコたち、どのこもかわいくてお洒落ですね!お洋服を選ぶとき、サイズは私もよく迷います。うちはミニチュアシュナウザーを飼っていますが、標準体重よりもしっかりとした骨格で少々Bigなワンコです。ですので、参考に書いてある犬種のサイズではあわないことも、あります。最近は試着OKなお店やサイズを確認するためのサンプルを置いてくれているところがありますので、うちはよくそこを利用しています。試着をするので実はちゃんと採寸したことがなかったのですが、これを気に愛犬のサイズを把握してみようとおもいます。そうすればネットでの購入など、お洋服購入の選択肢が広がりますね。
  • 投稿者

    40代 女性 悟空

    服のサイズって結構むずかしいんですよね!うちも時々服を買いますが、首元に合わせると丈が足りなかったり、長さを合わせると首元が広すぎたりしてしまったりして…。なかなかぴったりくる服を見つけるのがむずかしくて、最近では同じメーカーの服ばかり買ってしまっています。
  • 投稿者

    女性 シャンプー

    犬の服を買うときは、着丈や胴回りなどのサイズを注意してみますが、たまに頭が入らない(服を着せられない)なんてことが、安い粗悪な服の場合あります。
    特に頭の大きなわんちゃんは首元が伸びる素材なのか、ボタンで閉じるのかファスナーか、など注意してチェックした方がいいと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 sayaka

    そろそろ本格的に寒くなってきましたね。
    寒い中お散歩するようになるので、寒がりのワンちゃんには洋服を着せてあげたいですよね。

    ワンちゃんは被毛があるので、なかなか見た目ではサイズ感がわからないです。
    また、体重が同じでも、チワワやトイプードルのサイズと、コーギーやダックスフンドのサイズでは違うなど、体型に合わせたものを選ぶのは大変ですよね。

    サイズの測り方が詳しくてとても参考になりました。
    実際に着せてみて、やっぱり小さいからと返品するのは難しいと思いますので、慎重に選びたいですね。
    これからの寒い季節、愛犬にご機嫌で過ごしてもらえるようにしたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。