犬のインフルエンザの症状や治療と予防対策!人間から感染する可能性まで

【獣医師監修】犬のインフルエンザの症状や治療と予防対策!人間から感染する可能性まで

お気に入りに追加

冬が近づくと、話題に上るインフルエンザ。人間はもちろんのこと、犬にとっても、インフルエンザは注意したい感染症のひとつです。海外では、犬のインフルエンザの大規模な感染も報告されています。しかし、しっかりとした知識があれば心配ありません。ここでは、犬のインフルエンザの症状やその治療と予防法を紹介します。

17451view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のインフルエンザとは

風邪をひいている犬

犬のインフルエンザとは、犬同士で感染するウイルスによる伝染性呼吸器疾患です。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型、D型があり、犬のインフルエンザはその中のA型にあたります。

犬のインフルエンザは人間と型が違い、「A-H3N8型」と「A-H3N2型」の2種類のウイルスが原因となっています。「A-H3N8型」は、もともと馬のインフルエンザウイルスでしたが、後に犬に感染する型に突然変異を起こしたと言われています。「A-H3N2型」も同様に、鳥のインフルエンザウイルスが突然変異を起こし、犬への感染が広がったようです。

2018年現在、犬のインフルエンザ感染地域は、アメリカや一部のアジア地域での報告があるだけで、日本国内での犬のインフルエンザ感染の報告はまだありません。しかし、新型の犬のインフルエンザ「H1N1」が中国で発見された報告もあり、インフルエンザウイルスは、日々刻々と変化しています。

また、犬のインフルエンザのほかにも気をつけたい感染症として、下痢、嘔吐などの症状がある「コロナウイルス」や、咳や鼻水などインフルエンザの症状に似た「パラインフルエンザ」があります。この2つの感染症にはワクチンがあるので、飼い主の判断に応じて接種してあげましょう。

犬に人間のインフルエンザはうつるの?

人の子供と並んでいる犬

人間のインフルエンザはA型、B型、C型があるのに対し、犬のインフルエンザはA型だけです。また、同じA型でも、ウイルスの型が人間と犬では違うので、犬に人間のインフルエンザが感染の可能性は極めて低いです。

人間の風邪においても、人と犬との間では細菌やウイルスの型の違いから、感染しないものとされています。過去の事例として、海外ではウイルスの突然変異により、人間のインフルエンザが犬に移ったという報告があります。

しかし、極めて少ない事例のため飼い主がインフルエンザにかかってしまった場合でも、犬にインフルエンザが移ってしまうのではと過度な心配をする必要はありません。

犬が猫や鳥のインフルエンザにかかることはあるの?

犬と猫のキス

基本的にインフルエンザは動物種の壁は越えないと言われています。しかし、犬のインフルエンザウイルスは、他の動物のウイルスが突然変異を起こしたことにより、犬への感染が広がりました。

そのため、鳥や猫など他の動物への感染が100%ないとは言い切れません。ですが、海外での報告事例は、集団感染がほとんどで、個人のペットで感染したと言う報告はないのですが、注意する必要があります。

犬のインフルエンザの感染経路

犬と犬がじゃれている

犬のインフルエンザの感染経路は、人間のインフルエンザの感染と同じように、飛沫感染と接触感染があります。ドッグランやペットホテル、トリミングなど、犬が多くいる場所は免疫力・抵抗力が落ちているときなどは注意してください。

飛沫感染

犬のインフルエンザに感染している犬のくしゃみ、咳、鼻水からウイルスが空中に飛散することが原因になり、ウイルスが体内に入り感染します。人間のようにマスクをしたり、手で押さえることができないので、感染しやすく注意が必要です。

接触感染

犬のインフルエンザに感染している犬が使った食器や、遊びに使うおもちゃを、感染していない犬が直接使うことにより感染するのが接触感染です。使った食器やおもちゃは使用後にすぐ洗ったり、除菌するなど、飼い主が先手を打って感染を防ぐようにしましょう。

犬のインフルエンザの症状

横になって眠っている犬

犬のインフルエンザの症状については、基本的には人間と同じような呼吸器疾患の症状です。しかし、適切な処置をしないで放っておくと命の危険に及ぶ場合もあるので、日頃の体調の変化に気を配り、様子がおかしいときは受診をしましょう。

軽症の場合

湿った感じの咳が長く続くのが特徴です。その他、鼻水、発熱、食欲不振など、風邪の時と同じような症状があります。犬のインフルエンザは、ほとんどがこの軽症型となっており、獣医師の適切な処置を早めに受ければ安心です。

重症の場合

まれに重症になる場合もあり、40℃以上の高熱や、肺炎の兆候があります。肺炎については二次感染による場合もあるようです。インフルエンザの重症型は適切な治療をしないと、犬の命に危険が及ぶので、しっかり受診をしましょう。

犬のインフルエンザの治療法

診察中の犬犬

一般的な治療法としては、対症療法や栄養補給、補液などをおこないます。

犬のインフルエンザの治療法については、現在日本には抗インフルエンザ薬などの犬用のインフルエンザ専門の治療薬がありません。また、人体用の抗インフルエンザ薬の犬への使用も認められていません。

また、細菌感染を伴う場合には、抗生物質などを使い治療をします。軽症の場合、症状が風邪に似ているので、素人では判断がしにくいです。獣医師は、症状の程度と、妊娠、基礎疾患、免疫不全などの有無も考慮したうえで的確な診断を行いますので、必ず診察してもらいましょう。

犬のインフルエンザの予防対策

マスクをしている犬

犬のインフルエンザに対しては、事前の予防接種や感染後の抗インフルエンザ薬などのワクチンが、日本にはまだ導入されていないのが現状です。日本での発症の可能性は低いにしても、免疫力・抵抗力が下がらないよう日々の体調管理が大切です。

バランスの良い食事を心がける

「食が進まずあまり食べてくれない」や「おやつばかりの偏った食事」は免疫力の低下に繋がります。栄養バランスが整った食事を摂ることがとても大切です。また、犬はもともと肉食の動物なので、高タンパク質の食事メニューを心がけることも、インフルエンザ予防法のひとつになります。

適度な運動をする

人間と同じで、犬もストレスが溜まると免疫力が低下します。毎日散歩へ行ったり、広い場所で思い切り遊ばせて適度な運動をしたり、犬が好きなことに付き合うなど、犬がストレスを溜めないような環境づくりも犬のインフルエンザ予防に大切です。

体を冷やさないようにする

犬も人間と同じように、体温が下がることで免疫力が低下します。また、犬種の違いによる個体差や室内外のどちらで飼われているかなどの環境も免疫力に影響します。

特に子犬や老犬は、体温調節がうまくできないことがあります。室内の温度調整や、毛布や座布団などを使い、犬の様子を見ながら飼い主が調整して犬のインフルエンザ対策をしましょう。

犬とインフルエンザに関するまとめ

横になって診察を受けている犬

犬のインフルエンザは日本ではまだ発症していませんが、海外では発症例もあり、いつ日本に入ってくるかもわかりません。犬がインフルエンザにかからないために、食事や運動、冷えなどの体調管理を行い予防をしましょう。万が一感染した場合は、早めに受診し獣医師の適切な診断を受けることで軽症で済みます。

また、インフルエンザに限らず、コロナウイルスやパラインフルエンザなど、注意したい感染症はほかにもあります。日頃の些細な体調の変化に気をつけて、少しでも体調がおかしいときは早めの受診を心がけましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 女性 のんのん

    確かにインフルエンザは心配だし、シーズンになれば病院に予防接種などしにいくかもしれません。しかし、感染経路は犬同士のため逆に病院に行った事によって、菌を貰って来てしまうという事も起こってしまうのではないでしょうか。不安です。
  • 投稿者

    30代 女性 りお

    ビビさんの記事を読んで「え!?インフルエンザ!?」と驚きました。
    初耳でしたし併せてインフルエンザの症状や感染経路など予防方法がとてもわかりやすかったです。
    参考にさせてもらって我が家のわんこも気をつけたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 まろんママ

    日本では、犬のインフルエンザはまだ無いみたいなので安心しました。でも、感染した時の事を考えるととても怖いです・・・
    愛犬を守れるのは私たち飼い主だけです。少しでも知識を身につけて、愛犬の体調を気にしながら生活をしたいですよね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 IrisAlice

    ワクチン接種はしているけど、インフルエンザについては知らなかったので、こんな情報は有難いです。
    散歩の時はうちのはビーグルなのでずっとクンクン臭いを追いますが、そこに臭いを残した犬からの感染もあり得ますね。
    うちのは高齢でもあるし、薬による体への負担を考えたら、必要な成分だけのワクチン接種ができるならそうしたいです。
  • 投稿者

    20代 女性 スー

    犬もインフルエンザにかかります。症状は人間と同じように咳やたん、鼻水やくしゃみなどが出ます。
    感染経路はペットホテルやトリミングなど、わんちゃんがたくさん集まるような場所に行くとウイルスを持っていたわんちゃんがいた場合移ることがあります。わんちゃんの抵抗力や免疫力などが低い時だと感染しやすいのでこわいですね。

    ですが基本的にわんちゃんのインフルエンザは軽いことが多くそれほど心配なことではないですが、まれに重症化するケースもありますので日頃からよく観察し異常があった場合はすぐに病院へ行きましょう。
  • 投稿者

    40代 男性 eda

    インフルエンザではないのですが、犬のインフルエンザのようなものに感染したことがあります。後に判明したのですが、感染源はペットホテルでした。辿っていくと、うちの犬がホテル利用をした1週間も前に利用した犬が持ち込んだものと思われます。というのも、ウイルスの潜伏期間が10日前後あるような病気で、うちの犬に症状が出た時にはホテル利用のことなんて忘れていたくらいです。完治まで3週間かかりました。その間は、6時間おきに投薬し、他の犬にうつさないよう散歩も出来ず、急変が怖いため家族誰かがそばにいてあげるという大変なものでした。同じホテルを利用した犬たちにも同様の症状があり、ホテル側から連絡が来ました。とても誠実な経営者の方で、細かく説明していただきホテルも2カ月近く休業なさりました。施設をすべて消毒殺菌をし、完全にウイルスがいない状態になるまでは、とのことで。
    初めてのことで驚きましたが、目に見えないウイルスですので仕方ありません。犬が集まる場所へ愛犬を連れて行くことのリスクについてはじめて考えた機会になりました。それはドッグランや散歩中もです、もし感染力の強いウイルスを持った犬がしたオシッコにクンクンと鼻を近づければ感染してしまう恐れがあるということです。
    神経質になり過ぎるのはよくありませんが、せめて自分の犬が他の犬にうつしてしまうことのないように気を付けようと思いました。
  • 投稿者

    女性 フルー

    実は私は昨年の冬にインフルエンザにかかってしまい、とても辛い思いをしました。もう二度となるもんか!と心底思ったくらいです。なので、今回この記事のタイトルを読んで、犬にもインフルエンザがあるなんて思ってもいなかったので、ビックリしました。どこから感染するんだろう?と思いましたが、馬から犬へ感染して変異したなんてすごいですね。しかも、犬から犬へ感染するなんてかなり厄介です・・・。また、インフルエンザの症状も咳き込んだり、鼻水や食欲がなくなるなんて、まるで人間の症状と同じですね。人間と同じように、予防策としてワクチンがあるなんて、これもまた知りませんでした!人間にとっても犬にとってもインフルエンザはかかりたくないものですね。
  • 投稿者

    女性 白川

    犬のインフルエンザも人間と同じように感染してしまうんですね。多頭飼いしているお家では特に注意しなくてはなりませんが、対処法は人間と同じようにすればいいので、割と手際よくできる人も多いかと思います。

    うちでは8種混合ワクチンを毎年4月に打っているので予防としては安心です。ただ、そろそろ高齢なので、ワクチンも獣医さんの判断で打てるかどうかになってきてしまいました。それでも動物病院にかかることはあるので、うつらないように、もちろんうつさないように気を付けなくてはなりません。
    動物病院には色んな犬猫が来院するので、もしかしたらワクチンを打っていない子もなかにはいると思います。ワクチンによるショックで亡くなる犬もいるので、怖くて打てないという人もいます。
    調子が悪くて病院に行くのに、どこに感染症が潜んでいるかわからないので怖いなと思います。
  • 投稿者

    10代 女性 てとめる

    我が家はワクチンを毎年受けています。人間でもインフルエンザは任意なので人それぞれとは思います。わたしは犬もインフルエンザになるということは知っていましたが、治療法としては特になにもしないことは知らなかったです。やはり、かかった時のことを考えると、病気で苦しい愛犬を見るのも辛くなってしまうので出来るだけ避けるにも受けておいたほうが良いように感じます。また感染経路として排泄物からの感染はインフルエンザだけでなく様々な病気をもらってくる可能性があるので小さな頃から躾けておいたりして、日ごろからリスクを無くすようにするのが一番だと思います。多頭飼いの飼い主さんは特に集団でかかると大変そうなので特に躾けておく必要があるのかなと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 空&花

    犬にもインフルエンザがあるんですね!
    …と思ったらワクチンの証明書にちゃんと書いてあるじゃないか!「犬パラインフルエンザ」というのが犬のインフルエンザということなんでしょうか?
    自分が打たせているワクチンの関する病気位、もう少し把握しておこうと反省です。。。
  • 投稿者

    30代 女性 ひまわり

    今年の初め頃だったと思いますが、アメリカで犬インフルエンザがかなり流行したみたいです。日本ではその型の流行は見られなかったみたいですが、そろそろ日本にも入ってきそうな気がします。
    犬インフルエンザは犬が集まるイベント(アメリカではドッグレースの会場など)で流行したようなので、日本でも同じような環境になるドッグランやペットホテルでは注意した方が良さそうですね。
  • 投稿者

    女性 わかめ

    犬に感染するインフルエンザウイルスがあるんですか?聞いたことがありませんでした。本当は別名の病気なのかな。犬から人、人から犬への感染はないということなのでひと安心ですが。人間のインフルエンザは冬に感染者が多いですが、犬にも流行とかあるのでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。