犬に『絶対にNGな食べ物』とは?少量なら大丈夫?

【獣医師監修】犬に『絶対にNGな食べ物』とは?少量なら大丈夫?

日本ではこの20年程の間に室内犬が増えたこともあり、誤食・誤飲の事故が多数発生しています。犬が摂取すると危険な食べ物について改めて確認しておきましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

「チョコ」「ネギ類」は基本NG

犬が摂取すると危険な食べ物として「チョコレート(カカオ)」と「ネギ類」が広く知られていると思います。どちらも犬が食べると中毒症状に陥り最悪の場合、死に至ります。これらについてはたとえ少量であったとしても与えてはいけません。チョコレートやネギを食べても問題なかったという事例はありますが、それはあくまで運がよかっただけと考えた方がいいでしょう。

致死量でなければ良いというわけではない

実は犬がチョコレートやネギをどれくらい摂取すると、体に悪影響を及ぼすかということは個体差が大きいため、はっきりとした数値は明らかにされていません。ミルクチョコレートの場合は体重10kgの犬の危険量80g・致死量400g程度などのデータもありますが、あくまで目安であり絶対ではありません。

つまり、これ以下の量を食べても「個体によっては神経症状がおこる可能性はある」ということです。危険量や致死量までは食べても問題ないということでもないので、決して勘違いしないようにしましょう。

体が大きいからと言ってたくさん食べても問題ないというわけではありませんし、逆に大量に食べても健康に影響が出なかったということもあるのです。

そして問題は、その犬がチョコレートやネギの毒性にどの程度の感受性を持っているかということは食べてからでないとわからないということなのです。少量であっても命を脅かす可能性があるので絶対にチョコレートやネギを与えてはいけないのです。

「ぶどう」「アボカド」もNG

また、近年ではぶどうやアボカドも犬にとって危険があるということがわかってきました。犬に与えてはいけないNG食材は、私たち人間にとって身近な食べ物であることが多いので、家庭内の管理に十分気をつけましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 ももとうちゃん

    人の食べ物は食べさせないのが鉄則
    可愛いから少しでもと与えるととんでもない事に成ります ですので絶対にあたえない
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。