犬のよだれが止まらない時に考えられる『怖い病気』3選

犬のよだれが止まらない時に考えられる『怖い病気』3選

犬のちょっとした体調の変化は病気の発見につながります。犬のよだれが多いとき、止まらないときにも病気が隠れている可能性があるのでぜひ知っておいてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

よだれが止まらない犬の病気①口腔内トラブル

犬の歯アップ

犬のよだれが止まらなくなる病気として多く見られるのが、口腔内のトラブルです。具体的には「歯周病」や「口内炎」「口腔内腫瘍」「咽頭炎」などが挙げられます。

歯周病は細菌が原因となっており、3歳以上の犬の8割近くに起きていると言われています。歯肉をはじめ歯の根元を支える骨、歯周辺にあるじん帯、などにまで炎症が起こることがあり、それによって歯が抜け落ちたり口腔内から頬の皮膚に穴が開いて膿が出てしまったりすることなどもあります。顎の細い小型犬の場合、下顎の骨が炎症を起こしもろくなり、その結果折れてしまうことなどもあります。

また、歯に付着している歯垢が原因でそこに長期にわたって触れている舌や口腔内粘膜に炎症が起きて口内炎になることも。その他にも免疫力の低下や腎不全などの全身疾患も口内炎の原因になるとされています。口内炎に見た目は似ていますが、良性または悪性の腫瘍である可能性もあるためよだれが多く、口内にしこりやただれなどがある場合は獣医師に診てもらうようにしましょう。

よだれが止まらない犬の病気②胃捻転

病院でお腹に聴診器を当てられている犬

よだれが止まらなくなる犬の病気として、消化器系疾患も考えられます。その中でも特に怖いのが「胃拡張・胃捻転」です。食後しばらくしてよだれが急激に増えてきた場合にはそれらが疑われるので一刻も早く動物病院を受診するようにしましょう。

胃拡張・胃捻転はジャーマンシェパードやドーベルマン、グレートデンのような胸の深い大型犬に起こりやすい病気で、胃が異常に大きく膨らんでしまう状態を言います。大型犬ではありませんが、ミニチュアダックスも起こしやすい犬種ですので注意しましょう。

食後に胃が膨らんでいる状態のときに運動をしたり激しく動いたりすることで胃が拡張して、横隔膜を圧迫し呼吸が苦しくなります。そのまま処置をしないと胃と周辺血管が捻じれて血流が止まり心臓や肺など他の臓器にも影響を与えて命を落とす重大な病気です。

胃拡張・胃捻転を起こしているときは、大量のよだれとともに呼吸が荒くなる・お腹が膨む・横になって動かなくなる・ぐったりするなどの様子が見られるので直ちに動物病院に行くようにしてください。

よだれが止まらない犬の病気③てんかん・神経系疾患

床に横になっている犬

脳や神経系疾患でもよだれが止まらなくなる症状が見られることがあります。代表的なものとして「てんかん」や「脳神経異常」などが考えられます。てんかんは脳の構造自体は正常ですが機能に異常があらわれる病気でけいれん発作などの症状が見られます。

また、脳神経に異常があらわれると顔面の神経麻痺が起こったり嚥下がうまくできなくなったりするため、よだれを飲み込むことができず垂れてしまうことがあるようです。

また、日本では1950年代を最後に発生していませんが「狂犬病」の症状にも大量のよだれを垂らすというものが見られます。狂犬病は中枢神経がウイルスに冒され各神経組織に伝わって狂躁状態となり、治療法がないため100%死亡する恐ろしい病気です。

まとめ

よだれがたれている犬の口元

よだれが止まらなくなる犬の病気はいくつも考えられます。ここでは特に多く見られる口腔内トラブルや、緊急度の高い胃拡張・胃捻転、神経系疾患などについて詳しく紹介しましたが、それ以外にも車酔いや中毒による吐き気や熱中症、過度の緊張などでも大量のよだれが出ることがあります。

また、腎機能不全や肝機能不全、急性膵炎などの内臓疾患の症状としてもよだれは見られるため、あらゆる病気の可能性があると言えます。

よだれが止まらないときにはその他の体の状態などを確認して判断することが大切です。ぐったりしている場合や意識がない場合などはすぐに動物病院を受診するまたは医師の指示を仰ぐようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。