犬の胸水って何?完治するの?その症状や治療法まで

犬の胸水って何?完治するの?その症状や治療法まで

犬の胸水についてご存知でしょうか?腹水や肺水腫など、似たようなイメージの病気もありますが、今回は胸水に注目してみました。胸水は、どんな犬でも起こる可能性のある病気です。そのままにしておくと、とても苦しく命に係わることも。愛犬に元気で長生きしてもらうためにも、犬の胸水について知っておきましょう。

はてな
Pocket

犬の胸水ってどんな病気?

犬用ベッドに横になる具合の悪そうな犬

胸水とは、犬の胸部に水がたまることで、体内の臓器を圧迫する病気です。通常であれば、犬の体内で作られた余分な水分は代謝され、尿と一緒に排出されるのですが、代謝する機能に何らかの異常が発生し、心臓や肺のある胸部に体液や血液がたまってしまった状態を指します。

胸水は、肺の内部に水がたまる肺水腫とは異なります。犬の胸部には空洞があり、その空洞に心臓と肺が収まっています。

動物病院で愛犬の胸部レントゲンを撮ると、白い部分と真っ黒な部分があるのを見たことがあるのではないでしょうか。白い部分が心臓と肺で、真っ黒な部分が空洞なのが正常な状態です。

正常な胸部にも、肺がスムーズに機能するための潤滑油として、ごくわすかな胸水がありますが、レントゲンで確認できるほどの量ではありません。レントゲンで確認できるほど液体がたまった状態となって、初めて胸水として診断されます。

心臓や肺を包む胸膜と胸膜の間や助骨と臓器の隙間にある胸腔に、臓器や血管、リンパ管などから体液や血管が漏れ出すことで液体がたまり、レントゲンでは胸部全体が白く見えるようになります。

たまった水の種類によって、腸から吸収された脂肪を含んだリンパ液(乳び)であれば「乳び胸(にゅうびきょう)」、血液であれば「血胸(けっきょう)」、膿であれば「膿胸(のうきょう)」と言い換えられることもあります。

犬の胸水の原因と症状

獣医師の診察を受ける子犬

では、犬の胸水は一体何が原因なのでしょうか。また、本来空洞であるべき場所に液体がたまることで、体に極端な負荷がかかり、さまざまな機能障害を起こしてしまいます。ここでは、犬の胸水の原因と症状を見ていきましょう。

犬の胸水の原因

犬の胸水の明確な原因は、残念ながらまだわかっていません。しかし、何らかの疾患が原因であることが多いと報告されています。

胸水には「浸出液(しんしゅつえき)」と「漏出液(ろうしゅつえき)」の2種類があり、胸水にタンパク質がどれくらい含まれているかで分類されます。

滲出性である場合の原因としては、肺葉捻転、肺腫瘍、胸膜中皮種、肺炎、胸膜炎、癌性胸膜炎、結核、胸部の外傷(落下、交通事故などによる強打、ケンカなど)、胸部の手術後など、肺に関係する疾患が多くみられることが特徴です。

漏出液である場合の原因としては、先天性の奇形、心疾患(心不全、リンパ腫、胸腺腫など)、循環器疾患、フィラリア症、腎臓疾患(腎不全)、肝臓病(肝硬変、肝不全)、消化器疾患、膵炎、ネフローゼ症候群、横隔膜ヘルニアなど様々です。

犬の胸水にはこれだけ様々な原因があげられていますが、原因が特定できない胸水もあり、「突発性」と診断されることもあります。

犬の胸水の症状

  • 呼吸困難
  • 呼吸の際にゼーゼーと聞こえる
  • 舌や粘膜が青紫色になる(チアノーゼ)
  • 食欲の低下
  • 元気がなくなる
  • 動きたがらない
  • 下痢や嘔吐

犬の初期の胸水では無症状であることも多く、見た目にもわかりません。胸水が緩やかにたまっていくと徐々に心臓や肺を圧迫するため、進行して初めて咳などの呼吸器の症状が出てきます。

口を開けて呼吸をしたり、呼吸の回数が増えたり、体全体で大きく呼吸をするといったことが見られれば、呼吸が苦しいサインとなり呼吸困難の状態です。

呼吸困難になると血液中に酸素が行き渡らないため、舌や粘膜が青紫色(チアノーゼ)になってしまうこともあり、命が危険な状態となります。

臓器を圧迫されることで苦しさや痛みを感じるため、食欲がなくなったり、下痢や嘔吐、お散歩に行かない、遊びたがらないなどの症状をみせることもあります。

【ここがポイント!】

  • 初期では無症状のことが多い
  • 呼吸器の症状を見逃さない
  • チアノーゼは緊急事態!すぐ動物病院へ

犬の胸水の治療法

診察台に横たわる犬と獣医師の説明を聞く飼い主

犬の胸水を予防できれば一番良いのですが、決定的な予防法は残念ながらありません。レントゲンやエコー(超音波)検査で胸水がみつかった場合、まずはどんな胸水であるか分類し、原因となっている疾患を優先的に治療が始められます。

しかし、原因が特定できない「突発性」や、疾患の二次的な症状として現れる胸水に対しては、犬の健康状態や胸水の状態に合わせて、様々な治療が行われます。ここでは、犬の胸水の治療法についてご紹介します。

投薬治療

犬の胸水の治療として、軽度であると判断された場合、胸部にたまった液体を減らすために投薬治療が行われます。利尿薬を用いて、体内の水分をスムーズに排出することが目的です。

場合によっては利尿薬と合わせて、血管拡張剤や消化管止血剤、内分泌療法薬、ステロイド、ルチン(サプリメント)などが処方されます。

外科治療

緊急性がある場合や、投薬治療で液体を引かせきれない場合は、外科治療が行われます。胸に針を刺してたまっている液体を抜きますが、長期にわたって胸水を抜くことはその液体に含まれる栄養の喪失につながり、犬の全身状態を悪化させてしまうため、全身麻酔による手術を行うことも検討されます。

手術では胸管を結紮(けっさつ)して流出量を減らしたり、乳びのたまり場である「乳び槽」を切開して乳びの流れを調整したり、心膜を切除してリンパ液の流れを促す、といった方法がとられます。

手術による治癒率は9割弱というデータもあるため、愛犬にとってなにが最善な方法であるか、獣医師とよく相談して決めるようにしましょう。

漢方治療

胸水の治療は、根本的に原因となる疾患の治療が最も重要なことですが、完治が難しい疾患も多々あります。

胸水が何度もたまって、そのたびに愛犬に痛い思いをさせて針を刺して抜いたり、臓器を圧迫される苦しさや痛みは日常生活に支障をきたしてしまいますね。

動物病院によっては、胸水に漢方治療を行ってくれるところもあります。漢方で体質改善を促し、胸部に液体がたまることを遅らせるという方法です。

もちろん、原因となる疾患の治療も合わせて行われますが、胸水によって愛犬の生活の質を落としたくない、といった場合は漢方薬治療ができないか獣医師に相談してみましょう。

食事療法

また、胸水の栄養管理として、「乳び」が作られる量を減らすために、低脂肪食や中鎖脂肪酸を多く含んだ食事を指示されることもあります。食事療法は、投薬治療と合わせて行うことで胸水が改善されることも多いです。

胸水は治療で完治する?寿命は?

犬の胸水は再発することも多く、完治することはなかなか難しいのが現状です。それは、胸水の原因となる疾患の治療が難しいことが挙げられます。

外傷や突発性などの一時的なものであれば完治も見込めますが、ほとんどの疾患は一生付き合っていくものばかりです。

そして、その疾患が進行して胸水という状態となって表れるため、余命については疾患の進行状態や、治療をいかに的確に行うかで変わってきます。だからと言って、「胸水になった=余命わずか」というわけではありません。

胸部にたまった水を抜きながら、疾患の治療を続けていくことで寿命を全うすることができる犬もいますよ!

まとめ:日頃から愛犬の健康チェックをしよう!

両手で犬の顔を包む人

今回は、犬の胸水についてご紹介しました。犬の胸水は何らかの疾患が原因であることも多く、早期発見、早期治療がとても重要です。

そうは言っても、犬は飼い主さんの前でも元気なフリをすることがあり、不調のサインを教えてくれないこともありますね。

胸水は呼吸器の症状が表れやすいため、日頃から愛犬の正常時の呼吸の回数など確認しておくと一つの判断材料になります。

また、愛犬の行動にちょっとした違和感や変化を感じたときは、動物病院を受診するようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。