犬に『おもち』は与えても大丈夫?食べるとどうなる?

【獣医師監修】犬に『おもち』は与えても大丈夫?食べるとどうなる?

お正月になると必ずと言っていいほど登場する『おもち』。家で食べなくても、スーパーやコンビニに行くと見かける機会が増えますよね。では、そんなお正月の定番とも言える『おもち』は犬に食べさせても大丈夫なのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に『おもち』は成分的には大丈夫

鏡餅の隣に座るノーフォークテリア

冬になると、お正月の準備などでおもちがスーパーなどに並べられます。ご家庭にお徳用で購入するという人も多いのではないでしょうか。犬を飼っている人の場合、「おもちって犬が食べても大丈夫なのかな?」と思ったことがあるかもしれませんね。

実際、おもちはお米が主成分です。そのため、成分的には問題なく、犬も食べることができます。しかし、だからといって絶対に安全な食材とはいいきれません。むしろ、「あまり与えない方が良い食材」とされています。その理由を下記で解説していきます。

犬におもちを与える際のリスク

網で焼かれているおもち

成分的には問題がないおもちですが、犬が食べる上で死に至る可能性のあるリスクを抱えています。では、犬におもちを与える際に起こり得るリスクとは、どのようなリスクが挙げられるのでしょうか。

消化不良を引き起こす恐れ

非常に危険というわけではありませんが、おもちはお米を使って作られているため、基本的に肉食動物である犬にとって、消化しにくい食材ではあります。

そのため、食べることができても、体内で上手く消化できず、消化不良を起こしてしまうリスクが考えられます。消化不良を引き起こすと、嘔吐や下痢などの症状が現れるので、与えた後にこのような症状が見られたら、病院で診察してもらいましょう。

窒息してしまうリスクが高い

そして、おもちを与える上で最も危険なトラブルが窒息です。これは犬だけでなく、人間でも子供や老人に起こりやすい、おもちの代表的なトラブルとして紹介されることがありますよね。おもちは喉に詰まりやすい食材なのです。

もちもちしているため、上手くかみ切れず、そのまま飲み込んでしまい喉に詰まってしまう…これは人間だけでなく、犬にも言えることです。特に、噛んでから飲み込むという習慣を持っていない犬は、噛まずに飲み込んでしまうことも珍しくありません。

おもちを噛まずにそのまま飲み込んでしまえば、喉に詰まらせてしまうリスクは高まりますし、処置が遅れれば死に至る危険性もあります。このリスクを考えると、成分的には問題のないおもちですが、窒息のリスクがあるため、犬にはあまり与えない方が良いとされています。

犬におもちを与えるときの注意点

指し棒を持ったパグ

窒息してしまう可能性があると聞くと、やはり避けるべき食材ではありますが、中毒症状を引き起こす食材ではないので、窒息さえしなければ食べることができます。では、おもちを犬に与えるならば、どのような点に注意するべきなのでしょうか。

少しずつ与える

まずは与える際の大きさです。そのまま与えることはもちろんダメですが、そのまま飲み込んでしまった際、喉に詰まる可能性の高い大きさで与えるのも厳禁です。

そのため、なるべく細かくちぎり、もし犬がそのままおもちを飲み込んでしまっても、窒息する恐れがないくらいの大きさで、少しずつ、ゆっくり与えることが重要です。また、もちもちした食材なので、歯にくっつきやすいです。おもちを与えた後は、必ず歯磨きをするようにしましょう。

味付けなどはしない

ぜんざい

私たち飼い主がおもちを食べる際、醤油をかけたり、ぜんざいとして食べたり、様々な味付けを楽しみながらおもちを食べます。しかし、犬に味付けは必要ありません。味付け調味料や食材の中には、塩分や糖分が多く含まれているからです。

肥満の原因になってしまうのはもちろん、消化不良を引き起こしたり、胃炎を引き起こしたりする可能性があるため、味付けせず、そのまま与えるようにしてください。

まとめ

並んで座る着物を着た二匹の柴犬

自分が食べている物を羨ましそうに見ている愛犬を見ると、どうしても「食べさせてあげたい」という思いますよね。しかし、食材の中には犬にとってリスクのある食材もあります。

今回ご紹介したおもちは、成分こそ問題ありませんが、窒息するリスクがあるので、なるべく与えない方が良いでしょう。もし与えるのであれば、最後にご紹介した注意点を守り、様子を見ながら与えてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。