【わんちゃんごはん】魚を食べよう!『魚と茄子の黒ごま和え』のレシピ

【わんちゃんごはん】魚を食べよう!『魚と茄子の黒ごま和え』のレシピ

お刺身用の魚を使って、手早く作れるわんちゃんごはん『魚と茄子の黒ごま和え』の作り方をご紹介致します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

お刺身用の魚で、簡単手早くわんちゃんごはん

フードボウルを銜えた犬

今回ご紹介致しますわんちゃんごはんは、『魚と茄子の黒ごま和え』です。さっと加熱したお魚と、柔らかい茄子、香ばしい黒ごまの組み合わせで食欲そそる一皿です。

お刺身用の魚を使うので骨の心配もなく、ひとつのフライパンで手早く作れるので、時間がないときの晩ごはんにおすすめです。

それでは作ってみましょう

お料理をする女性

材料

(体重8㎏のわんちゃん、約1食分のレシピ。写真は人間×2わんちゃん×1、基本レシピの3倍量で作っています。)

  • 刺身用の魚(鰤、イナダ、鰹など)…約80g
  • 茄子…小さめのもの半分
  • ピーマン…半分
  • ごま油…2g
  • 黒ごま…小さじ1杯
  • 大葉…1枚

食べさせる量は、その日の食事内容、運動量、お腹の具合に合わせて加減してください。また、アレルギーのある食材を与えないよう、ご注意ください。

作り方

フライパンに材料を入れた写真

1、フライパンに少量の水とごま油を入れて沸騰させ、小さめに切った茄子とピーマンを入れて柔らかくなるまで加熱する。食べやすく切った魚をフライパンに入れて、表面を加熱したら火を止め、蓋をしてそのまましばらくおいて人肌まで冷ます。

黒ごまと大葉をまぜた写真

2、「1」のフライパンに、刻んだ大葉と、すりごまを混ぜたら出来上がり。

出来上がり写真

このレシピのポイント

人差し指をさす人

お刺身用の魚を使うことで、骨の心配もなく、手早く仕上がります。魚の表面を加熱して、あとは余熱で火を入れるので、ふっくら柔らかい仕上がりです。

わんちゃんは、野菜の繊維は消化しにくいので、食べさせるときはフォークなどでよくつぶしてペースト状態にしてから与えると、お腹にやさしいごはんになります。

わんちゃんの身体に良い、おすすめ食材

冷蔵庫のなかの野菜と犬

茄子
紫色のアントシアニン色素「ナスニン」は、血管をきれいにし、抗酸化作用により免疫力をアップ。また、身体の熱を冷まし、炎症や腫れを鎮める働きがあります。

茄子

黒ごま
リグナン類(セサミンなど)と呼ばれる抗酸化成分が豊富に含まれ、身体の老化を防ぐ効果が期待できます。消化しやすいように、わんちゃんにはすりごまにして与えましょう。

黒ごまの写真

大葉
βカロテンが豊富に含まれています。身体を温める効果もあります。

大葉

まとめ~わんちゃんごはんにも、魚を取り入れて~

犬に餌を与える人

ご紹介致しました『魚と茄子の黒ごま和え』いかがでしたでしょうか。わんちゃんも魚を食べてほしいと思っていても、骨が気になったり調理するのが面倒で、なかなか食べさせてあげる機会が少ないかもしれません。

お刺身用の魚でしたら、すぐに調理できて加熱時間も短くて済むので、わんちゃんごはんにおすすめです。また、魚を生で与えるのがちょっと心配なわんちゃんにも、安心して食べてもらえます。

身体に良い魚の脂も美味しく摂ることができます。お刺身がお求めやすいときに、黒ごま和えをぜひおためしください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。