犬と一緒に花火大会!気を付けるべきこと5つ

犬と一緒に花火大会!気を付けるべきこと5つ

わんちゃんの飼い主さんのなかでも、夜空を彩る花火を楽しみにしている方もいるでしょう。しかし、愛犬を花火大会に連れて行こうと思うと不安も多いもの・・・…。そこで今回は、わんちゃんと一緒に花火大会を楽しむ際に気を付けるべきことをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

愛犬と花火大会に行く際に気を付けるべきことは?

花火と2匹の犬

夏の風物詩のひとつである「花火大会」。毎年の花火大会を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、ここで悩みがひとつ……。犬の飼い主さんのなかには「愛犬にも夜空を彩る花火を見せてあげたいけれど、犬連れで花火大会に行くならどんなことに気を付けるべきなの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

そこで今回は、犬と一緒に花火大会に行く際に気を付けるべきことをご紹介します。花火大会を楽しい思い出にするためにも、事前に注意点を覚えておきましょう!

1.花火の音

ヘッドフォンをつけた犬

私たちでも大きく感じる花火の音は、犬にとってはまさに爆音。そのため犬のほとんどが花火を怖がり、吠えたり震えたりします。それもそのはず、犬の聴覚は人間の約4倍ともいわれているのです!

それほど聴覚の優れた犬が何度も炸裂する花火の爆音を耳にしたら……。犬は私たちのように「花火」とは理解できず、パニックに陥って逃げ出す場合もあります。また、なかにはストレスで体調不良を起こしたり、何日も怯えて震えたりする子もいるようです。

そのため普段から音に敏感な子や、警戒心が強く怖がりな性格の子は花火大会には連れて行かないのがベストかもしれません。それでも連れて行きたいと思うなら、事前に録音された花火の音を聞かせて慣れさせましょう。ただし、最初から大きな音を聞かせるのではなく、小さな音から徐々に練習を始めてくださいね。

2.誤飲・誤食

拾い食いする犬

たくさんの屋台が出ている花火大会の会場には、たこ焼きの爪楊枝やりんご飴の串、そのほか犬にとって毒となる食材の食べ残しなど、あらゆるものが落ちています。うっかり誤飲・誤食しないように飼い主さんは常に気を配ってあげましょう。

万が一、誤飲・誤食してしまった場合は早急に動物病院で診察を受ける必要があります。すぐに対応できるように、あらかじめ会場近くで夜間診療を行っている動物病院を調べておくと安心でしょう。

3.人混みでの迷子

人混み

花火大会の会場は言うまでもなく混雑しているうえ、薄暗いため愛犬を見失うこともあるかもしれません。「ずっと抱っこしているから大丈夫」だと思うかもしれませんが、花火の音にパニックになった犬は腕から飛び出したり、ハーネスをすり抜けたりして逃げ出すことも……。その証拠に、毎年花火大会の会場では迷子になってしまう犬が後を絶ちません。

マイクロチップがあるから安心だと思わず、万が一のためにも首輪やハーネスに迷子札を付けたり、イベント本部の場所や電話番号を控えたりと迷子対策をしておきましょう。

4.足や顔の怪我

足を怪我した犬

私たちでさえ人混みを歩くと足を踏まれたり、人とぶつかったりします。それが小さい犬ならどうでしょう?足を踏まれる危険性や、人や物とぶつかる可能性は高くなりそうですよね。ましてや花火大会には、歩き慣れない下駄を履いている人ばかり……。そんな中でリードを伸ばして愛犬を歩かせるなんて無謀です。

また、抱っこしていても危険はいっぱいです!腕を組みながら歩きたばこをしている人にぶつかったら……食べ歩きしている人の串が犬の顔に当たったら……。あらかじめいろんな状況を想定して、危険を回避しましょう。

5.他の人や犬とのトラブル

犬のケンカ

花火大会の会場には犬が苦手な人もいるため、思わぬトラブルを避けるためにも飼い主としてのマナーを守って行動したいものです。

また、犬が大好きな子どもが突然触ってきたり、花火の音や人混みにパニックを起こした犬が攻撃的な行動をとったりすることもあるかもしれません。これ以上はトラブルが起こりそうだと判断した場合は、今年の花火大会は諦めて帰宅することも検討するべきでしょう。

まとめ

花火大会

犬と一緒に花火大会に行く際に気を付けるべきことをご紹介しました。

犬のストレスを考えると、花火大会には連れて行かずにお留守番してもらうのが無難でしょう。しかし、それでも愛犬を連れて行きたいと思うなら、まずは小規模の花火大会からチャレンジしてみるといいかもしれません。

まずは花火大会当日までに、花火の音に慣れさせることから始めてみましょう!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 ミンパパ

    花火は犬にとってはマイナスでしかないようなので、我が家では置いて行くか、花火を見にいきません。または音が届かないくらい遠くで見ます。

    花火会場で花火の爆音で嫌がる子を多数見かけました。
    飼い主さんは愛犬と花火を見たい。その気持ちはわからないでもないですが、嫌なところに連れてブルブル震える愛犬からすれば、虐待と思われるかも知れませんね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。