【わんちゃんごはん】簡単!美味しい『さんまのクリーミーポテトソース』のレシピ

【わんちゃんごはん】簡単!美味しい『さんまのクリーミーポテトソース』のレシピ

さんまの美味しさを引き立てる、シンプルでクリーミーな食感のポテトソースを添えて。華やかな見た目ですが作り方はとっても簡単!『さんまのクリーミーポテトソース』のレシピをご紹介致します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

さんまの美味しさを引き立てる、じゃが芋を使ったソース

犬と食事をする男性

今回ご紹介するわんちゃんごはんは、『さんまのクリーミーポテトソース』です。

とても華やかな見た目ですが、作り方はとっても簡単!調理時間も短くて、ひとつのフライパンですぐに出来上がります。クリーミーな口あたりが美味しい、じゃが芋を使ったソースの作り方をご紹介致します。

それでは、作ってみましょう

お料理をする女性

材料

(体重8㎏のわんちゃん約3食分。わんこ+人間2人分のレシピにもなります)

  • さんま…3匹(開いた状態のもの)
  • じゃが芋…大きめ1個
  • 茄子…半分
  • ピーマン…1個
  • オリーブオイル…小匙2

食べさせる量は、その日の運動量、食事内容によって加減してください。また、アレルギーのある食材を与えないようご注意ください。

作り方

じゃが芋をすりおろしたところ

1、野菜は細かく刻み、じゃが芋はすりおろします。フライパンにオリーブオイルを敷いて、野菜を入れて2~3分混ぜながら加熱します。

フライパンの中の野菜

2~3分加熱したフライパンの中の野菜

フライパンにさんまを入れた写真

2、軽く火が入った野菜に少量の水を加えて混ぜ、さんまを並べて、蓋をして弱火で5分ほど加熱したら出来上がり。

出来上がりのお皿の写真

食べやすい大きさに切り分けて、じゃが芋ソースを添えて。

写真は分かりやすいように、さんまは大きめに切ってあります。もし骨があれば取り除いてください。

このレシピのポイント

人差し指をさす人

さんまは開いた状態のものを使うので、火が通りやすく、調理時間が短くて済みます。また、野菜は細かく切り、じゃが芋をすりおろすことで、とろみのあるなめらかで美味しいソースになります。

ちょっとアレンジ

調理をする人

じゃが芋は冷えると固く消化が悪くなりますが、すりおろしていることで、冷えてもとろみのあるやわらかい口あたりに仕上がります。このお料理は常温でも美味しいのですが、冷やして食べてもじゃが芋のねっとりクリーミーな食感が味わえます。

人間用には、出来上がったさんまとソースに塩胡椒をして。粒マスタードを添えても、軽い酸味がさらにさんまを美味しく引き立てます。ワインにもぴったりなので、わんちゃんと一緒のホームパーティーなどにいかがでしょうか。

まとめ~お魚料理を、手軽に美味しく~

フードボールを銜える犬

今回ご紹介致しました『さんまのクリーミーポテトソース』、いかがでしたでしょうか。

片栗粉でとろみをつけるよりも、じゃが芋の香ばしい風味と甘さがいきた、自然なとろみのソースに仕上がります。

さんまの風味と、身体に良い脂もまるごと溶け込んだ、とろけるようなクリーミーなソース。作り方もとても簡単なので、ぜひわんちゃんと一緒に召し上がってみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。