犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)について 原因や症状、予防と治療法まで

97928view

犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)について 原因や症状、予防と治療法まで

お気に入りに追加

クッシング症候群とは「副腎皮質機能亢進症」の別名で、人にもみられる病気でもあり、人のクッシング病は公費治療対象の難病となっていますが、犬の場合はそれほど珍しい病気ではないようです。犬にクッシング症候群と疑わしき症状を認めたときは、信頼できる獣医師に相談することが大切です。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

クッシング症候群とは犬の副腎疾患

クッシング症候群について

猫よりも、犬の中年以上の歳の子に多くみられる病気で、副腎皮質機能亢進症という副腎の疾患です。これは、クッシング症候群と呼ばれることが一般的です。

この副腎とは、左右の腎臓のすぐ内側の大動脈と大静脈のすぐ近くに、それぞれ存在する小さい分泌器官です。その小さい分泌器官の中で、多くの働きを働きを持つホルモンが作られています。この副腎の機能「コルチゾール(副腎皮質ホルモン)」が過剰に分泌され、異常が起こる病気です。

クッシング症候群による犬の症状

クッシング症候群について

クッシング症候群の症状

クッシング症候群の主な症状には以下のようなものがあります。

  • 水を多くのむ
  • 多尿(色が透明っぽくなる)
  • 食事量がたくさん増える
  • お腹が垂れる・ビール腹と言われるくらい膨らむ
  • 左右対称の脱毛
  • 皮膚が薄い・黒くなる
  • 毛質(ツヤが悪い)が弱くなる
  • 寝てばかりになる
  • 元気がなくなり、いろんなことに興味を示さない
  • 筋肉が萎縮してしまう
  • 呼吸がはやくなる
  • 甲状腺機能低下症や、糖尿病の病気を併発しやすい

クッシング症候群の犬で必ずみられる症状としては、水を多く飲むようになります。水を多く飲みますからおしっこも多くなります。いわゆる多飲多尿と言われるものです。失禁したりする場合もあるようです。

食欲が旺盛にもなったり、腹部がふくれて目立つようになってきたりする場合もあり、筋力が低下してきてジャンプしなくなったり、運動したがらない、すぐ疲れ、息切れしたり、毛を刈ると発毛しない場合や、毛の色が正常用よりも明るくなったりします。

また、小さな怪我が治りにくくなったり、かゆみのない脱毛が身体全体におこる場合や、脱毛と言われる脱毛が身体の左右対称にみられる場合があります。その他にも、皮膚は薄く弾力性がなくなると言われていますが、一般の飼い主には皮膚が薄くなるという状態の判断は難しいかもしれません。

これらの症状を病気としてとらえるには、初期になればなるほど難しいと思いますが、犬の日常生活での微妙な変化をで見つけられるのは飼い主だからこそ出来ることでもあると思います。

少しでも思い当たるものあるようならば、大丈夫だろうと過信せずクッシング症候群を疑ってみることも大切です。

クッシング症候群になる犬の原因とその種類

転がるポメラニアン

まず、クッシング症候群は大きく二つに分けられています。①自然に発症するもの②ほかの病気の治療にともなう医原性のもの、このように分かれます。
そして自然に発症するものの中には二つあり、①下垂体の腫瘍が原因のもの②副腎の腫瘍が原因のものがあります。

また、医原性(治療の副作用で発症した場合)のものには、治療のためにステロイド剤を長期大量に与えたことで発症するものもあります。

下垂体依存性副腎皮質機能亢進症(自然に発症するもの)

この「下垂体依存性副腎皮質機能亢進症」は、犬のクッシング症候群でもっとも多く認められるもので、犬の脳の下垂体から指令が出て、副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌され、その結果コルチゾールのコントロールが効かなくなる事で症状が出るタイプです。

これは下垂体の腫瘍が原因で起こる場合が多いと言われています。この症状の場合は、犬にMRIなどの精密検査を受ける必要があり、手術も難しいものとなります。

しかし下垂体に腫瘍が出来る場合、その腫瘍自体は良性の場合が多く、投薬で犬の様子を観察することが多いようです。

副腎性副腎皮質機能亢進症(自然に発症するもの)

「副腎性副腎皮質機能亢進症」の場合、犬の副腎そのものに腫瘍が出来る事が原因で、コルチゾールの分泌が過剰になっている場合です。こちらのケースは、「雄犬」よりも「雌犬」が発症する頻度が高い傾向にあるようです。

副腎そのものに腫瘍が出来ている場合、動物病院の犬の健康診断で行う「エコー検査」で十分に発見可能なレベルで、またエコー検査で見つけられなかった場合でも、合わせて「CT検査」を行うことで腫瘍を発見する確率が高まります。

副腎そのものに腫瘍がある場合は、「悪性腫瘍」であることが多く、また副腎自体が重要な血管に直結しているため、犬の手術が非常に難しいようです。

医原性副腎皮質機能亢進症(医療行為を原因とするもの)

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎の治療などに使われるステロイド剤を、長期、または大量に使ったことによる副作用(体内の副腎皮質ホルモンの量が多くなること)で起こります。ステロイド剤は内服薬と外用薬のどちらにもリスクがあり、このことが原因で発症してしまう場合があります。

この医療行為を原因とするものの場合、犬の病気治療のためステロイド剤をもらい、「獣医さんが言っているからすべて正しいだろう」とその薬を長期期間使用してしまうこともあるため気をつけてください。

クッシング症候群にかかりやすい犬種

ダックスフンド

クッシング症候群がかかりやすい犬種には、

  • ダックスフンド
  • ポメラニアン
  • プードル
  • ボストンテリア
  • ボクサー など

以上があげられます。しかしクッシング症候群は、他の犬種でもかかりますので症状に注意してください。
その他にシニア犬(8歳くらい)の年齢の子にクッシング症候群が発生しやすいこともあります。

クッシング症候群による犬の治療法

薬

クッシング症候群の犬の治療方法は、自然発症の場合は、切除する外科的治療と薬での内科的治療とに分かれますが、先にも述べたように外科的治療方法は、下垂体にしても副腎本体にしても、犬にとって極めて難しい手術となるため、犬に薬の投与でコントロールする方法が一般的なようです。

投薬治療(自然発生クッシング症候群)

コルチゾールの過剰な分泌を抑える薬物療法を行います。犬に薬を投与しても完全に治るわけではありません。薬は高価で、小型犬でひと月2万、中大型犬になると5~6万以上が相場と言われています。

薬の効き具合は、それぞれ犬の個体差や病状によりまちまちで、効き過ぎると今度は低下症を引き起こし、虚脱状態から亡くなることもあり、犬の現状、病状を見極めた上で慎重に投与する必要があります。

そして犬に投薬のための定期的な検査も必要でしょう。血液検査、レントゲン、超音波、CT検査など、複数の検査方法を組み合わせて診断されることが多いです。とくに血液検査は複数回に渡って行われることがあります。

犬の下垂体に腫瘍があった場合、外科手術、放射線治療の選択肢があります。ただし手術や放射線治療を行う病院はかなり限られます。副腎にできた腫瘍の場合は、転移がなく、手術できる場合は副腎腫瘍を取り除く手術が推奨されます。

原因の薬物を止める治療(医原性クッシング症候群)

医原性クッシング症候群の場合は、犬のステロイド剤の使用をやめる治療から始めます。経過をみながら、投与している副腎皮質ホルモン剤の量を少しずつ減薬していくことになります。最終的には、犬の原因となる薬物をやめることが必要です。

クッシング症候群の治療から食事に気をつける点

クッシング症候群になってしまった子には高タンパクの食べ物が良いとされています。高タンパク質は筋肉の萎縮を防ぎ、犬の皮膚や免疫力をアップする働きがあるからです。

犬の肝酵素が上昇している場合は、高タンパクは避けたほうが良いので、血液検査の結果を見た上で獣医師とよく相談をしてください。また、高脂血症とすい炎を発症することが多いため、犬には食事の脂肪分のコントロールも必要です。

シュウ酸カルシウムの膀胱結石を作ってしまう子もいるので、カルシウム等の与えすぎにならないよう気を付けます。症状として水を多く飲むようになりますが、制御せず、お水はたっぷりと犬に与えた方がいいと思います。

犬の食事に関する面だけでなく疑問に思ったことは、動物病院で先生に相談することをお勧めします。

クッシング症候群による犬の予防法と対策

クッシング症候群について

残念ながら犬のクッシング症候群には、これといった予防法はないと言われています。しかし犬のクッシング症候群の早期発見なら出来るかもしれません。

クッシング症候群の犬を早期発見する方法

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の予防と対策として、早期発見の決め手は犬をよく観察することです。飼い主が日常の生活の些細な点を見て上げる事で、「今までとちょっと違うな・・・」と感じてあげて下さい。「犬がもう歳だから」などと思わず、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

このとき、いつ頃からどんなところが変化したか、などの記録が簡単なメモでも残っていれば診断の助けになります。クッシング症候群は放置すると命にもかかわる病気です。早めに発見し、上手にコントロールしていきましょう!

検査を受けることも早期発見につながる

なんの病気でもそうですが、早期発見が早期治療に結びつくと思います。犬のクッシング症候群の懸念があれば、先ず血液検査と尿検査で調べる方法があります。

それは犬の「副腎皮質刺激ホルモン」の値、「副腎皮質ホルモン(コルチゾール)」の値を調べる方法です。これによって、犬のどこが原因で起きているクッシング症候群なのかを判別します。

毎年フィラリア予防の際に、フィラリアにかかっていないかどうかを調べる血液検査の際、もう少し詳しい血液検査を希望される方は多いと思います。しかし、このコルチゾール値を調べる検査は、その検査項目には入っていないことが多いようです。

すぐに検査が出来る方法ですので、気になる方はフィラリア予防のついでに希望して、定期的に数値をチェックすることで、犬のデータを知っておくといいかもしれません。正常値は20ug/dl以下となりますが、この数値が高ければ、犬はクッシング症候群の疑いが濃くなります。

ちなみにこの検査は、一度だけの検査では確定はしないので、犬の状態や時間帯を変えて再検査することもあります。
その理由は、このホルモンの別名が「ストレスホルモン」と言われている通り、犬に、例えば空腹などのストレスがかかると、ホルモンが多く分泌されるため、検査時の状況によっては大きく結果が変わってしまい、正確な検査が難しいからです。

飼い主の犬に対する毎日の管理がとても大切ですが、一番大切なのは獣医さんとの連携です。クッシング症候群を患っていても、それぞれに犬で対処が違ってきますので、その時々の管理方法で行う事が大切になります。クッシング症候群の病状をうまくコントロールしていくことができれば、犬の寿命を長くすることもできるかもしれません。

最後に

寝ている犬

最最近ではインターネットなどの普及にともない、詳しい情報が簡単に調べられるようになりました。犬のクッシング症候群という単語を入力して検索すれば、いろいろな事例や写真も見ることができます。

しかし犬のクッシング症候群の症状は、その子によって個体差があり、ネット上で見かける写真の症状は、見た人が誰でも「クッシング症候群」とわかるくらい病状が進行している重篤なものが多いようです。

そしてこの犬のクッシング症候群でみられる症状として、上げた症状が全てあてはまるわけでもありません。その結果、「やはりこの病気ではないかもしれない」と結論づけてしまうかもしれません。

犬のクッシング症候群は初期の段階では見逃すことが多く、気がついたときには病状がかなり進んでしまっていたということになりかねません。インターネットの情報だけて判断せずに少しでも変化を感じたら、いつでも相談できる専門家へ相談する勇気が必要です。その結果、何でもなければそれはそれで、ひと安心なのですから。

犬のちょっとした変化を見逃さず、飼い主がサポートすることで、犬との暮らしがより良いものになると思います。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

ユーザーのコメント

  • 30代 女性 コロン

    怖い病気だと思いました。特に、症状には要チェックですね!水をよく飲むようになるという症状には少しだけ驚きました。水をよく飲むことは健康的そうで、良いような気もします。ですが、そのような行動はこのような病気の指標にもなるんですね。
  • 40代 女性 くまよう

    わたしはこの記事を読むまで正直クッシング症候群という病気を知りませんでした。でも老犬のわんちゃんにみられることが多い病気とのことで、我が家のわんちゃんも将来なる可能性がないわけではないので恐くなりました。この記事でクッシング症候群について知れたので愛犬に異常が見られたらすぐ病院へ連れていけるように日頃からしっかりと観察したいと思いました。
  • 30代 女性 すみれ

    『クッシング症候群』は初めて聞きました。老犬に珍しくない病気なのですね。いつもと様子が違うな…と私は気がついてあげられるだろうか、と不安にもなりました。難しい言葉もたくさんでてきていましたが、インターネットの全てを鵜呑みにせず、少しでもおかしいと思ったら、まずは診察してもらうのが一番ですね。
  • 10代 女性 チロル

    今はまだ1歳2ヶ月の愛犬です。まだまだ先の事と思いがちですが、あっと言う間に時間が経ちます。時間を大切にして「クッシング症候群」などの老後病気にかかりにくいように出来るだけ運動と食事に気をつけ老後を迎えられるようにしたいです。
  • 女性 micklove

    13歳の愛犬(ミニチュアダックス)がクッシング症候群と診断されました。
    下垂体ではなく副腎に問題がある為、紹介状を書いてもらい来週大学病院に行く予定です。 手術出来るのか? 費用はどれくらいかかるのか? 不安でいっぱいです。
  • 40代 女性 モミジ

    今日、最愛のモミジの検査結果がクッシング症候群でした、これからお薬で治療していきます、糖尿病も併発しないように本当に気が気でありませんが、モミジの元気になった顔が早く見たいです
  • 40代 女性 夢子

    今日 我が家の愛犬がクッシング症候群と診断されました。去年から皮膚病に掛かったり、咳が酷くて3ヶ月位も薬を飲んだりしていました。去年の12月中旬位から多飲多尿、多食になり病気を疑い始めました。2週間程前に癲癇発作を起こし夜間の急患で掛かりつけの病院で診て頂いた際に多飲多尿である事を伝え今日の検査に至りました。来週末に今度は腹部の超音波をして頂く予定です。体重も短期間で落ちました。何となくお腹周りもポッチャリしてる感じに思えて来ました。腫瘍が出来てるのではないかと不安に駆られます。犬種はヨークシャテリア、年齢は9歳です。起きる時も寝る時も一緒。用事で出かける以外は四六時中いつも一緒の子です。何とか苦しませる事なく、少しでも長生きさせてあげたいです。この記事を読んだ愛犬家の皆様も日頃から愛犬を観察し、異常を感じたら早めに病院で診て頂く事をお奨めします。
  • 50代以上 女性 匿名

    10才チワワ(♀)、元々てんかんの持病があり、その治療を始めるにあたり検査をしたところクッシング症候群であることがわかりました。治療について色々獣医さんから説明を受けましたが、正直迷っています。検査もし、治療を受けて長生きはしてほしい(当然のことです)が、てんかんの持病があるので全身麻酔による検査や手術などはとてもストレスがかかるので踏みきれません。今はまだ、緊急性がないのでゆっくり考えて下さいと言われています。このままでいられたら一番良いのですが…
  • 40代 女性 匿名

    我が家の愛犬ボストンテリア10歳もクッシング症候群と糖尿病も患っています
    毎日の飲み薬とインスリンの投与も欠かせません
    最近やけにお水を飲むなーそれにオシッコの量も多いなと思い掛かりつけの動物病院で検査をした所判明しました

    来週にはMRの検査も控えていますが、痙攣も起こす様になり今は入院中です
    いつか来るであろうお別れの日が近いのかと思うと苦しくて辛いです
    今自分に出来る事は何かを考え、早く退院できると良いなと思っています
  • 40代 女性 匿名

    11歳のM・ダックス、女の子です。元々脳炎の既往歴があり、先日別件の外科手術前のCTで副腎に腫瘍が見つかり、ACTH検査の結果クッシング症候群と診断されました。多飲多尿、腹部膨満、筋力低下、これらの症状は全て脳炎発症を抑えるためのステロイド剤服用による副作用と見なされてきました。腹部膨満は妊婦犬に間違えられるほど顕著なので何度か医師に伝えましたが、残念ながら早期発見には至りませんでした。今はステロイド剤の服用は中断し、副腎腫瘍切除手術に向けて体力の回復に努めています。因みに手術には30万ほど掛かりそうです。
  • 40代 女性 海斗ママ

    知り合いのワンちゃんが確かこの病気だった気がします。
    クッシング症候群ってなに??って思った気がするので…。
    その子はすごく元気な子なのに寝ている時間が増えて、抜け毛もかなり多くなっておかしいなと思って病院に言ったら分かったそうです。やっぱり日々の変化を観察するのが病気の早期発見のためにも大切ですよね!
  • 50代以上 女性 男爵のママ

    来年2月で13歳になるコーギーです。11月2日~24日まで原因不明の下痢・軟便で通院し、やっとほっとしたのもつかの間、12月になり尿に農が混じるようになったため3日、8日と通院しました。11月下旬から水を飲む量と尿量が増え始めたのも気に掛かり、8日に尿検査したら、尿比重が軽いと指摘され、これから多くの検査を受けなければならない状態です。老犬なのであまり検査等でも負荷をかけすぎないようにしながら、面倒を見ていきたいです。
  • 40代 女性 ケリィ

    12歳のチワワ(女の子)を飼っています。クッシングの初期にリグナンとメラトニンをあげるとコルチゾールの過剰分泌を抑えられると言うテネシー大の研究結果があるそうで、サプリを買ってあげてみています。多飲多尿、皮膚の乾燥等収まってきた気がします。

    私が参考にしたサイトです。(英語)
    http://cushingsindogs.com/holistic-treatment-options/

    あげる時はかかりつけの獣医さんに相談して決めていただければ安心と思います。
    私は副作用が少ないと言うことと、サプリなので金銭面の負担も軽いので試してみてます。
  • 50代以上 女性 ヨーキー

    今まさに、治療中です。投薬と定期診察を受けて一年に成ろうとしています。確かに飲水量は、治療前は多かったです。今は、毎日飲水量をチェックし診察時に先生に確認して頂き投薬をして頂いています。元気にしていますよ。
  • 50代以上 女性 るるママ

    うちの子は水頭症で、てんかん発作がひどくステロイドを高容量で内服することを余儀なくされ、この先生が仰るように副作用がかなり出て、少しずつ弱り亡くなっていきました。5才でした。
    尿量も多いですし、発作が原因で脚も脱臼したり骨折したり。
    発作が続いて辛いのを思うと、クッシングで辛そうでしたが、見ていて仕方がないと思えました。
    ご飯も亡くなる2日前までなんとか食べていましたし、最後までそばで見守ることができました。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。