「胴長短足犬」に注意が必要な怪我や病気3つ

【獣医師監修】「胴長短足犬」に注意が必要な怪我や病気3つ

お気に入りに追加

胴が長くて足が短い胴長短足の犬がかかりやすい病気や怪我を知っていますか?身体に特徴があるとその分気をつけなければいけないこともあるのです。

1078view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

胴長短足の犬種①ダックスフンド(スタンダード・ミニチュア・カニンヘン)

ダックスフンド

ダックスフンドの祖先にあたる犬は15世紀ごろ山岳地方で生活していたと考えられています。元々のダックスフンドは現在のスタンダードサイズよりも少し大きかったと言われています。

その後何回も交配されていく中で現在のように複数のサイズのダックスフンドになっていきました。ダックスフンドの3つのサイズに分けられます。大きな方からスタンダード、ミニチュア、カニンヘン、となります。

原産国のドイツではすべてのサイズのダックスフンドが元々は猟犬でした。とくにアナグマを狩るための犬で、アナグマの巣穴に入り込めるように交配されてきました。そのため胴長短足という形になっています。アナグマの性格は荒く、攻撃的なのでそんなアナグマにひるまずに向かっていけるようにダックスフンドには勇敢ですばしっこい性質が求められました。

今でもその名残からかスタンダード、ミニチュア、カニンヘン、どのダックスフンドも勇敢で飼い主さんを守ろうとする性格であることが多いです。ミニチュアやカニンヘンなどは体が小さいことから楽に飼えると勘違いされてしまいますが、楽に飼えるわけではありません。

少し気が強すぎたり、喧嘩っ早いところがあり大きな声で吠えてしまうこともあります。

胴長短足の犬種②バセットハウンド

バセットハウンド

バセットハウンドは短毛で、顔や全身に垂れ下がった皮膚を持ちたれ耳の胴長短足の中型犬です。フランス原産の犬で16世紀ごろから存在していたと記録されています。猟犬として活躍し、逃げた獲物が残したにおいを嗅ぎ取りながら人間と同じスピードで歩き、獲物が近くなると早足になります。見つけた獲物にすぐ飛びかかることはなく、人間がつくまでその場に留めておくことができる犬であるためとても重宝されました。

性格

性格は穏やかでのんびりしていて辛抱強く優しい犬です。しかしマイペースで頑固な面もあります。子どもや他の犬や動物ともフレンドリーに接することができますが、元々は猟犬なので小動物には注意が必要です。

しつけのポイント

しつけは難しくありませんが、自分の世界に入り込みやすいので根気強く行う必要があります。また吠え声が大きいため、集合住宅などでは何かしらの対策をしたほうが良いでしょう。

胴長短足の犬種③ウェルシュコーギー(ペンブローク・カーディガン)

おすわりしているコーギー

コーギーはイギリスのウェールズ州原産の犬でペンブローク種とカーディガン種に分かれています。

ペンブローク種の特徴

ペンブロークは牛追いの牧羊犬として働いており、王室のヘンリー2世のペットとなってからは品種改良がすすみ現在のペンブロークの形になったと言われています。現在はエリザベス女王に可愛がられていることがよく知られています。

ペンブローク種は生後間もなくしっぽを切ってしまう断尾と言われるものをしますが、最近は動物愛護の観点からしなくなってきました。断尾を受け入れられず繁殖をやめてしまったブリーダーも多くいると言われています。

カーディガン種の特徴

一方、カーディガン種もペンブロークと同じように牧羊犬として働いてきましたが断尾の習慣がなくしっぽがあるのが普通です。体格はペンブローク種よりも大きく毛の色や模様も様々です。イギリスのケンネルクラブではこのふたつの種類を同一種として扱うのではなく、別々の種類として登録しています。

性格

ペンブローク種の性格は活動的で遊び好き、牧羊犬らしい賢さを持ち飼い主の様子をよく観察します。カーディガン種はペンブローク種に比べて落ち着きがあります。攻撃的な面はあまりない犬種ですが、ストレスによって攻撃的になることがあるので運動やコミュニケーションはしっかりとるようにしてください。

胴長短足の犬が注意するべき3つの病気や怪我

病院

椎間板ヘルニア

胴長短足である犬種が最もかかりやすい病気として椎間板ヘルニアがあります。背骨の間にあるゼリー状の組織である「椎間板」が本来あるべき位置からはみ出てしまい、脊髄を圧迫して麻痺症状を起こしてしまう病気です。

椎間板は元々背骨のクッションとしての役割があるため、椎間板ヘルニアになると麻痺やうまく歩けないといった症状が出てきます。胴長短足の犬は普通に生活をしていても椎間板に負担がかかることから、ヘルニアになりやすいと言われています。椎間板ヘルニアを予防するには肥満に気をつけることが重要です。また強い衝撃も与えないようにしましょう。

熱中症

足が短く地面に近いため、夏場は熱中症にかかりやすくなります。散歩は涼しい時間を選んで行いましょう。夕方や夜でも地面にはまだ熱が残っている場合が多いので、できれば早朝がオススメです。

骨折や脱臼

胴長短足の犬は足腰がもともと弱い傾向にあります。そのため激しい運動や何度も衝撃を受けるような動作を繰り返すと骨折や脱臼といったものになりやすくなっています。脱臼に関しては症状が軽いと見つけにくく、放置してしまい悪化することもあります。

悪化した脱臼は一度治っても同じ場所でまた脱臼するようになってしまうので、犬の動きに異変を感じたらすぐに病院でみてもらうようにしましょう。

まとめ

怪我をした犬

胴長短足の犬は足や腰の病気、怪我の他にも熱中症にも気をつけなければいけません。胴が長くて足が短い場合にはどういった不都合があるのか、そこから怪我や病気に発展する可能性はないかを考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。