犬の白内障の目薬に関しての問題点!本当は効果がない!?

【獣医師監修】犬の白内障の目薬に関しての問題点!本当は効果がない!?

お気に入りに追加

犬の白内障の目薬に関しては、処方する動物病院と処方しない動物病院があるのをご存知でしょうか? 獣医師の立場から、その理由についてお伝えします。

28359view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の白内障の目薬について

ライトクリーン

ワンちゃんの白内障、基本的には根治させるためには手術による治療が必要ですが、白内障の種類や状態によっては手術ができなかったり、あるいは手術可能な病院が近くになくて、なかなか手術を選択できない場合には、目薬による治療を行っている方も多くいらっしゃると思います。

しかし、この犬の白内障の目薬、動物病院によってはあまり積極的に処方しないところも多くあります。

ではなぜ処方しないのでしょうか?

本当は効果がない!?

犬の目

実は人間の方では、2003年に厚生労働省の研究班が、白内障の目薬を「有効性に関する十分な科学的根拠がない」として、研究結果を公表しました。

その白内障の目薬の成分は「ピレノキシン」と「グルタチオン」であり、まさに犬の白内障の目薬でも処方されているものと同じ成分なのです。

ですので、未だに同成分の目薬は販売されていますが、厚生労働省の結果をふまえて、犬の白内障の目薬を処方しなくなった病院が多くなったのです。

とはいえ、もちろん実際に処方していて、明らかに犬の白内障の進行を遅らせることができていたり、その実感があれば、獣医師の責任のもと、目薬を処方することはできるのですが、正直なところ、昔私も処方させていただいていましたが、そのような実感はあまり感じませんでした。

有効性に関しては未だ結論なし

一方で、眼科学会では「そんなことはない」という意見も多数あり、中には再度研究を行い、その有効性を示す論文が出たりもしています。

犬の白内障に関しては、そのような論文はほとんど見かけないのですが、人間の方では白内障の目薬によって、白内障の発症を予防する、というような論文もみられています。

とはいえ、未だに白内障の目薬の有効性については、医師や獣医師で統一した見解がないのが現状です。

最後に

犬の目

以上のように、犬の白内障の目薬に関しては、処方している病院としていない病院がありますので、飼い主様にとっては非常に判断が難しいところだと思います。

もちろん、早く有効性に関する結論が出ることが望ましいのですが、それまでは、きちんとかかりつけの先生と相談の上、使用してください。

また、白内障もいろんなタイプがあるのですが、目薬が適応になる犬の白内障は、一部のものだけです。

ですので目薬を使う前に、しっかりとした診断を受けることが何よりも重要です。

白内障の診断には、特殊な眼科器具を用いた検査が必須ですので、これまで眼科検査を受けずに、犬の白内障の目薬を使っていらっしゃる方は、まず専門の先生の診断を受けるようにしてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    老年性白内障になりました。
    まだ初期なので、ライトクリーン点眼薬で治療しています。
    日頃からよく見ている旦那さんが見つけました。ライトで横から照らすとよく見えます。
    諸症状は何もなく初期に見つけられたのは良かったです。
    点眼薬では進行を遅らせる効果しかありませんので、じきに進むかもしれません。
    次の手段は手術になり、出来れば手術してよく見えるようにしてあげたいですが、かなり高額(片目35万円〜50万円)です。
    元気に歩く姿は逞しくカッコ良いので、それが見られないのは悲しすぎます。なにより本人が辛いと思います。
    紫外線が原因の1つなので、散歩は早朝と日暮れ時にします。
  • 投稿者

    女性 匿名

    うちの子が老年性白内障と診断されたので、ライトクリーンを点眼し始めました。先生は、「治 らないけど進行を遅らせる目薬を指しますか?」と任意でのスタートでしたが、この記事を読むと、効果が期待できないのなら止めたいと思いました。
    今はサプリメントで改善されたと言う記事を頼りに、視力回復と、抗酸化力のあるサプリメントの2種類を与えることにしました。
    少しでも進行を遅らせて、願わくば治る事を期待しています。
    元気に歩く姿や遊ぶ姿を長く見られるように、快適なシニアライフを送らせたいものです。
  • 投稿者

    女性 匿名

    目薬をさしはじめたばかりなのでかなり嫌がりますが、ご褒美におやつが貰えると学習したのか、少しずつさし易くなっています。
  • 投稿者

    女性 38moto

    我が家の愛犬も老年性白内障になりました。白内障は手術しかないと聞き犬個体の水晶体レンズなど金額もかかると知り、始めは仕方ないことだと諦めていました。そんな時白内障を遅らせることができる点眼薬があると勧められたのがカリーユニでした。1本800円ほどで朝、昼、夕の3回点眼しています。目の大きい子は片眼2滴必要かもしれませんが通常は1滴で十分です。量と回数にもよりますが、1本で約3週間~4週間持ちます。
    作用は穏やかであることと副作用が少ないので、高齢犬でも安心して使えるということでした。うちでは点眼し始めて3年くらいになりますが今のところ少しの濁りのままクリアに維持できていると思います。犬は感覚が鋭いので、すべての行動を目に頼らなくても大丈夫だと聞きました。白内障を完璧に治せなくても、進行を遅らせてあげることができれば、ストレスも感じないで過ごせるのではないかと思います。カリーユニ点眼薬を3年使用してみて効果がなかったとは思わないので、これからも続けてみようと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 Connie

    加齢によって白内障を患う犬は多いと思います。以前飼っていた犬は、10才を過ぎたころから目が白く濁りはじめ、2年後にはほとんど見えていなかったように思います。完全に見えなくなってからも、16才まで家族に愛され、元気にアイドルのような振る舞いで生きてくれましたが、家族としては可能性があるならどんな治療でもしてあげたいと思ってしまいます。白内障の点眼薬もしばらく続けていました。抗酸化サプリや目に良いと言われているものは犬用、人用、手あたり次第試しました。今のようにネットでさまざまな情報を得られる時代ではありませんでしたので、獣医さんに相談しながらでしたが、できることは全てしてあげれたと思えることが飼い主にとっては大切なことなのかもしれません。今飼っている犬が、もし白内障を患ってしまったら、進行が少しでも遅くなるのなら、同じように可能性に期待しながら点眼薬を選択すると思います。
  • 投稿者

    女性 ゆん

    犬の老人性白内障に使用する点眼薬には、カリーユニや、ライトクリーンといった、ピレノキシンという成分を含むものが有名ですよね。そもそも水晶体を濁らす要因はキノン体という成分で、点眼薬に含まれるピレノキシンはキノン体よりも水晶体の蛋白に結合しやすく、キノン体が悪さをするのを防ぎ、白内障の進行を遅らせるといったものらしいです。白内障は手術以外、完治の方法はないけれど、犬が寿命を全うするまでは視覚は維持してあげたいですよね。これらの点眼薬はそこまで高価でもないし、愛犬が点眼薬を受け入れてくれる子であれば、私は使ってみる価値はあると思います。動物病院によっては、点眼薬を置いていない病院もあるので、電話などで問い合わせてみると良いかもしれません。
  • 投稿者

    女性 patata

    我が家には4歳になったボストンテリアがいます。4歳という年齢とボストンテリアは白内障になりやすい犬種なので、動物病院で白内障予防の為に目薬を処方して頂こうか悩んでいました。犬の健康についてインターネットで調べていると、白内障予防やチェリーアイの予防に目薬が効果的と書かれている記事が多く、動物病院でワクチン接種のついでに目薬の事を聞いてみようと思っていた矢先にこの記事を拝見しました。ボストンテリア等のほかの犬種と比べて目が若干出ている犬種は目にゴミが入りやすい為、目が傷つきやすく白内障やチェリーアイ等の眼病にかかりやすいそうです。我が家の愛犬は4歳でまだ若いですが、犬はあっという間に年老いてしまいます。年齢を重ねていくうちに心配なのが病気です。特に目が見えなくなってしまったら、真っ暗な世界で生活をしなくてはいけないですから、不安な思いで生活を送らなくてはいけなくなってしまいます。そんな怖い思いは愛犬にはさせたくないと思っていたので、眼病について色々とインターネットで検索して、目薬が眼病予防になると書いてあるのをみて、眼病予防に目薬を期待していたので、この記事を読んで凄くショックを受けました。また、眼病の事を色々と調べ直して動物病院に相談してみようと思います。今回この記事を読んで本当に良かったです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    老年性白内障になったので病院ですすめられたライトクリーンを朝晩さしています。完治はあり得ないので、せめて進行を遅らせられたらと始めました。とても嫌がりますが、ご褒美を楽しみに頑張っています。

    外犬で過ごした数年間に紫外線を浴びていたから白内障になったのでは、と思うと後悔しています。散歩は陽射しを避けて早朝と夕方にします。犬用サングラスもあります。

    サプリメントもありますが、フードの中には目に優しいブルーベリー入りの物もあります。進行を遅らせる事が出来るように頑張ります。
    失明はさけたいです。
  • 投稿者

    女性 匿名

    老年性白内障なので、病院で3週間に一度目の検査をして進行の具合をみ、ライトクリーン点眼薬をさしています。薬の使用期限は3週間で、効くか効かないかは分からないですが、何もしないよりは良いとさしています。
    ただ、3週間おきに病院に行くのは負担なので、ネットで調べるとライトクリーンを扱っていたので買ってみました。一本からでも買えます。
    うちの子は病院が好きなので心身的な負担は少ないですが、怖い子には大変ですからネット購入を検討されてはどうでしょうか。勿論定期的に検査をする事は大切なので、病院の先生に相談した方が良いですね。

    白内障になり易い犬種がいるので、そういう子は予防の為に日頃から紫外線を避けて散歩に行くとか、目薬をさすなどすると良いです。病院によってはサプリメントを勧めるそうです。うちの子には人間用のサプリメントを飲ませています。
    失明を避ける為に藁にもすがる気持ちになります。失明は避けたいです。

  • 投稿者

    女性 匿名

    病院で白内障の進行具合を見て貰いました。
    進行は見られず現状維持でした。
    ライトクリーンをさして効いているのか、この子が進行の遅い子なのかもしれないと言われました。
    お医者様も目薬の効能には疑問を持たれている様です。
    何もしないよりは良いと思い続けています。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    こちらの記事では、目薬に関しては否定的(後ろ向き)なんですね。
    実感の有無は俗に言う「個人差」と言う便利な言葉で片付けるとして。
    科学的な根拠に一辺倒するのであれば、サプリで改善と言う話も問題大あり!ですね。
  • 投稿者

    女性 匿名

    サプリメントで現状維持出来るかもしれないなら少なからず努力します。
    余談ですが歯の健康に気をつけています。歯垢と歯石除去に、DR.YUJIROパーフェクトセットが試す価値のある商品です。スケーラーを使うとより効果的に落とせます。
  • 投稿者

    女性 匿名

    目の健康に役立つトリーツがあります。フォーキャンスニュートリショントリーツ・目&涙。アントシアニン、ルテイン含有。Amazonで買えます。
  • 投稿者

    30代 女性 空&花

    最初このパッケージを見た時は「こんなのあるんだ!絶対使いたい!!」と思ってしまいましたが、効果がないんですね…。最近白内障の症状が出つつあるのに、こんな薬の処方は一切されなかったのも仕方ないことですね。
    目にいいサプリなどを活用しながら少しでも症状を抑えられるようにケアしてあげたいなと思っています。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    老齢になり濁るようになってきたので白内障用の目薬を点眼しています。今のところ維持しています。うちでは目薬の効果はちゃんとあります。
    肥満気味の子は白内障も進行しやすいそうなので、食事(特に脂質)にも注意した方がいいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    10歳ボストンテリアです。初期白内障と診断されてしばらくライトクリーンを使用していましたが、充血と目やにがひどく一時中断。ライトクリーンは開封してから3週間以内が使用期限のくすりなので、使用中断を繰り返しましたがうちの犬には合わないようでした。3本ぐらい無駄にしたけど仕方ない、病院でサプリメントを勧められましたが効果は不明かつ高額です。躊躇していると見えなくなってからでは遅いと言われて思案中。別の目薬を探しているところです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    長年犬と生活してます。白内障は高齢犬10年くらいから出始めます。今居る子も、14歳ですがそろそろ白いです
    白内障目薬も使ってみた経験ありますが残念ですが効果は無かった
  • 投稿者

    女性 もふころ

    犬の白内障の目薬に関しては、獣医さんの考え方次第なところもあると思います。うちでは少し白内障かなと思われる頃に予防としてなにか方法はないか相談したところ、点眼薬を進められました。おかげで年齢の割には濁りも少ない方です。
    ただ、病気をしてしまったり、目に怪我を負うようなことがあると進行も早まってしまうので、そういったことにも注意したいです。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    定刻に食事を食べない時は無理に与えるとだめです戻します
    小型犬を布団の上に手荒くオクトだめ骨折する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。