犬用のベッドの選び方について

犬用のベッドの選び方について

犬用のベッドを探してみると、たくさん種類があって迷ってしまいますよね? ワンちゃんにも心地よく眠ってもらいたいので、ベッドは慎重に選びたいもの。そんなベッドの種類について、よくわかる選び方、使った感想を紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬とベッド

ベッドの種類について

うちのワンちゃんには、どんなベッドを買ってあげればよいのかと、お店に行って、迷ってしまったことはありませんか?

ワンちゃんが安心して眠れるベッドを見つけてあげるのも、飼い主さんの役目です。

タイプ別に、1つずつ紹介していきますので、それを参考にワンちゃんに最適なものを選んであげて下さいね。

犬用ベッドにはボックス型(四角・丸等)にマット(クッション)が入ってるもの、ドーム型のもの、筒型のもの、マットだけのものなどがあります。

最近では人間の寝るベッドの形をしているような、おしゃれなものまであります。

1、ボックス型

まずはボックス型のベッドから紹介します。ボックス型のベッドは、ケージ(サークル)の中に入れてもお部屋に置いても適していると思います。

また周りの囲んでいる部分が少し盛り上がって高くなっているので、ワンちゃんが頭や顎を乗せたり、枕代わりにして寝ることもできます。

ワンちゃんが丸くなって寝ると、周りを包んでくれている感覚があるので、安心して眠ることができるようです。

丸くなって寝る場合には大きすぎず小さ過ぎず、ピッタリなサイズを選んであげることが重要です。

時には足を伸ばして寝ることもありますので、ワンちゃんの寝方に合わせてサイズを選んであげると良いでしょう。

うちの子の場合は丸くなったり伸びたり少し寝相が悪いので、少し大きめサイズを選びました。

最近ではプラスチック製のボックス型ベッドもあります。周りがプラスチック製で、中にマットが入っていいて、丸洗いできてお手入れが簡単なので、評判が良いようです。

しかし、噛んで壊してしまったなんて話も聞いたことがありますので、よく素材を確かめて下さい。

2、ドーム型

次にドーム型のベッドですが、犬小屋のようにすっぽり入れるので、ワンちゃんも落ち着いて眠りにつけることでしょう。

ワンちゃんは、暗くて屋根がある方が安心して休めるそうです。ただ夏の使用は、暑いのであまりお勧めできません。

また怖がりのワンちゃんは、なかなか中に入ることができないかもしれません。いきなり入れることはせず、自分から入れるまで待ってあげて下さい。

無理矢理入れると、余計に怖がってしまいます。中に大好きなおもちゃやおやつなどを入れてあげると、自分から入れるようになるかもしれません。少しずつ慣らしてあげましょう。

気に入ってくれれば、ワンちゃんの一番安心できる場所になるかもしれませんよ。

多くのワンちゃんは徐々に慣れて入ってくれるようになるようですが、うちの場合は色々試してみても入れませんでした。結局ベッドとして使うことはできませんでした。

このように無駄になってしまうこともありますので、ワンちゃんの性格なども考えての購入が大切です。

3、筒型

ドーム型に少し似ていますが、筒型のベッドもあります。冬の寒い時期に、中に入ってぬくぬくするというもの。クレープに巻かれたような感じになります。

暖かそうだったのでうちの子にも購入してみましたが、まったく入ってはくれませんでした。終いには、上に乗って遊んでしまう始末です。

お友達にも同じくこちらのベッドを購入された方がいましたが、やはり上に乗ってしまって入ってくれなかったそうです。

ベッド選びもなかなか難しいですね。

4、マット型

そしてマット型のベッドについてですが、ケージの中に入れるには適していますが、お部屋に置くにはあまり適していないようです。

囲いがないので、ワンちゃんが安心して眠れないようです。

5、人間用のベッドと同じ

最後に、おしゃれな人間用のベッドと同じ型のベッドについてもお話します。

実は私も可愛いなと思って購入しました。

でもうちの子は怖がりなので、ちょっと高さのあるベッドに飛び乗ることができず、今はその上にうちの子お気に入りのぬいぐるみ置き場になってしまいました。

インターネットで購入したため、実物を見ていなかったので確認できなかったのですが、ワンちゃんが飛び乗るとベッドが少し動いてしまいます。

安定感があまりありませんでした。

ベッドを購入する時には、実物を必ず確認することをお勧めします。

インターネットで購入する場合は、実際のお店で確認することをお忘れなく。

こちらで紹介した以外の犬用ベッドもあると思いますが、私もいくつかベッドで失敗しているので、経験上も含め一般的に使われているものを紹介させて頂きました。

ベッドの素材について

素材

大きく分けて、夏用と冬用の犬のベッドがあります。可能であれば、ワンちゃんが気持ちよく眠れるように、夏用冬用のベッドをそれぞれ用意してあげて下さい。

1、季節に合わせた素材

断熱性に優れたものや、通気性に優れたもの、柔らかさを重視したものなど素材も色々あります。

夏用はもちろん通気性の良いものを選びましょう。最近ではクール素材の、触れるとひんやりするものもあります。暑い夏、ワンちゃんも涼しく快適に眠れるようにしてあげましょう。

冬用はフリース素材やモコモコふわふわの素材、そして発熱素材などがあります。暖かく毎日過ごせるように、最適なものを選んであげて下さい。

季節ごとの素材も重要ですが、他にも注意しなければいけない点があります。

2、洗濯できるか

洗濯ができるかどうかです。

ベッドもお手頃価格のものから、高価格のものまであります。使っているうちに汚れてしまいますし、粗相をしてしまうこともあるかもしれません。

その場合、洗濯ができないものであれば、拭くしかありません。あとは拭いた後に、ワンちゃんにも安全な除菌消臭スプレーを振りかけることになります。

私の場合は色々購入して失敗も多かったですが、今は手頃な価格のものを選んでワンシーズン使用し、次のシーズンには買い換えています。

高価なベッドを購入する場合には、必ず洗濯できるかどうかを確認して下さい。洗濯できないものであったら、不衛生になってしまいワンちゃんにもよくありません。

他にも、まだ注意点があります。

3、紙などちぎれやすい素材

噛みグセがあったりイタズラ好きなワンちゃんの場合、ベッドの素材によっては引き裂いてしまい、中身の綿を出してしまうことがよくあります。

まずはベッドの裏を確認してみて下さい。

最近では、裏の部分が紙素材のようなものが結構多いです。紙といっても丈夫なものではあります。私も最初は気付かずに、紙素材のものを選んでしまいました。

イタズラをしないワンちゃんであれば大丈夫かもしれませんが、噛みグセやイタズラ好きのワンちゃんは紙の部分をちぎってしまいます。

うちの子も子供の頃はイタズラ好きでしたので、ちぎって綿を出してしまいました。紙ですので何かを貼ってもまた切ってしまいますし、修理も出来ずに捨ててしまうことになりました。

たとえ安価なものだとしても、もったいないです。必ず素材を確認しましょう。

紙ではなくても、薄い生地のものも要注意です。ベッドの寝る部分はもちろん、裏もしっかりしたものを選びましょう。

まとめ

犬のベッド

ペットショップには、たくさんの種類の犬用ベッドが溢れています。でもワンちゃんに適したベッドを選ぶことは、そう容易ではありません。

私もベッドを選ぶ時、初めは可愛いとか暖かそう涼しそうなどで選んでました。でも実際にワンちゃんに渡すと、なかなか気に入ってはもらえませんでした。

飼い主の思うものとワンちゃんの思うものって、なかなか一致しないんですよね。ワンちゃんの性格や特徴などをよく考えて、ワンちゃんに最適なものを選んであげましょう。

初めは何度か失敗するかもしれません。

ドッグフードにしても子供から大人に切り替えの時など、なかなか合ったフードにたどり着けないこともあったと思います。

何度か失敗しても、諦めずにワンちゃんが気に入ってくれるまで探してあげましょう。ワンちゃんも大切な家族ですから。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。