犬を飼っている方必見!犬の白内障について知っておこう!

【獣医師監修】犬を飼っている方必見!犬の白内障について知っておこう!

お気に入りに追加

白内障は目の病気であり、これは犬にも発症するものです。老犬の発症率はかなり高く、視力低下により日常生活への支障をきたします。一般的によく知られる白内障ですが、その詳しい原因や症状をご存知でしょうか。この記事では白内障について、病気の早期発見早期治療にも役立つ情報をご紹介します。

3261view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

目が白く濁る白内障。加齢とともに人間の目にも見られることがありますが、同じように犬の目にも起こる病気です。老犬の目が濁っているのを、見たことがある方も多いのではないでしょうか。白内障になり目の機能が衰えると、生活に様々な支障をきたすようになります。

できることなら、歳を取っても愛犬の目を健康に保ってあげたいもの。では、白内障はどのように予防すれば良いのでしょうか。また原因はどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここからは犬の白内障についてその原因や症状、予防方法など詳しく説明して参ります。

白内障とは?

健康な犬の目のアップ

白内障とは、目の中でレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気。水晶体のタンパク質が変性することにより起こります。

初期の段階では部分的な濁りが見られ、やがて進行すると全体へと広がります。また、レンズの濁りにより、光の収集が過度になったり上手くいかなかったりするため、視力自体も低下していきます。

症状が進むと目が全体的に白くなってくるため、見た目にもわかりますが、初期で濁りがわずかだと飼い主が気付きにくく、そのまま症状が進行していくことがあります。

白内障の症状

白内障の犬の顔

白内障の場合に見られる症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 目が白く見える
  • よくつまずく
  • 物にぶつかることが増える
  • 音に驚く
  • アイコンタクトができなくなる  etc.

白内障は視界が段々と狭くなったり、見えにくくなったりし、進行すると完全に失明することもあります。また緑内障やブドウ膜炎など、他の病気を引き起こすこともあり、これらには痛みを伴うものも。

犬は嗅覚や聴覚が優れ、慣れた場所であれば視覚に頼らずにある程度の生活はできるため、飼い主は愛犬の目に起こる異変に気付きづらい傾向があります。日々のちょっとした異変を逃さず、症状が進行する前の早期発見が必要です。

白内障になる原因は?

お昼寝をする老犬

①加齢

加齢性白内障と呼ばれます。人間にも見られるものですが、犬も加齢とともに白内障を発症し進行する個体が多く見られます。

特に小型犬の場合は10歳を超えると症状は顕著になり、はっきりと目の濁りが確認できるようになってきます。

②遺伝

遺伝による白内障も存在し、これは若年性もしくは先天性白内障と呼ばれます。生まれつき、又は若いうちに発症するもので、遺伝性疾患のひとつとされます。

③紫外線

紫外線などによる活性酸素の増加が白内障につながるとされています。活性酸素はガン細胞の発生にもつながるものなので、適したケアが予防策として必要です。

④他の病気

糖尿病をはじめとした、他の疾患により白内障が引き起こされる場合も。元の病気と合わせたケアが必要です。

他には、外傷などが原因で引き起こされることもあります。

白内障の治療方法

獣医師に目を診察されている犬

白くなった水晶体は治すことができません。よって治療としては、進行を遅らせることがメインとなります。

薬を飲ませたり、点眼薬を用いたりして治療を行います。根本的治療としては外科手術もありますが、かなり高度な技術を必要とするものになります。

犬の体力や負担、リスクを鑑みて獣医師と相談の上、治療方法を選択しましょう。

白内障を予防するには

サプリメントを差し出されている犬

紫外線の強い時間帯に長時間外に連れ出さないことや、抗酸化作用を持つ食品を意識的に摂取させるなど、日常的な健康管理が必要となります。また適したサプリメントや目薬の使用も効果的とされます。
また、白内障は遺伝性のことも多く好発犬種が報告されているので、もし好発犬種を家族に迎えている方は気を付けましょう。

白内障の愛犬を気遣って

つぶらな瞳のチワワ

犬の白内障は、老犬になると特に多くの飼い主さんが向き合わなければならない病気です。

適切な治療を受けさせることはもちろんですが、目が見えにくくなった愛犬を労った行動も必須。急に音を立てたり触ったりはせず、怪我をし得るような物は置かないなど安全に暮らせるよう気遣ってあげましょう。

また目が見えなくなるということは、犬にとっても大きな不安要素です。たくさんの愛情とコミュニケーションで安心させてあげましょう。大切な愛犬がいつまでも幸せで安全に過ごせるよう、努めていきたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 あんず

    愛犬は7才になり老年性白内障になりました。点眼薬での治療が効いているのか進行は抑えられています。
    家庭の事情からしばらくは外飼いにしていたせいもあるのでしょうか。
    手術など根本的な治療は出来ないので、これ以上悪くならないように気をつけて行きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。