犬の肉球をチェック!かかりやすく治りにくい「趾間炎」とは?

【獣医師監修】犬の肉球をチェック!かかりやすく治りにくい「趾間炎」とは?

お気に入りに追加

犬の「趾間炎(しかんえん)」というものをご存知でしょうか。犬の肉球周りに起こる炎症ですが、かかりやすく治りにくいのがこの炎症の特徴。ここでは趾間炎についてご紹介します。

6724view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

気づいたらなっているかもしれない「趾間炎」

病気の犬

散歩の後に脚を拭く時、シャンプーの最中、仰向けになって寝転んでいる時、皆さんは愛犬の肉球をよく観察していますか。肉球は敏感な部分である為触られるのを嫌がる犬もいますし、犬種によっては間を毛が覆っているのでよく見えなかったりと、細かな部分まで見れていないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、普段地面を踏みしめているのは肉球側。固いものを踏んだり走ったりして、異常をきたしていることもあるかもしれません。ここでは、指、肉球や指の間に出る症状「趾間炎(しかんえん)」について、原因や症状、対処方法などをお伝えしていきます。

肉球の間が赤い?

肉球の間が赤っぽくなっているのがわかります。

愛犬の肉球の間や指と指の間、溝となる部分がなんとなく赤っぽいなと気づいたことはありませんか。または、その部分の毛が赤茶色くなっていたり、できもののように腫れていたり、犬が肉球の同じ部分を頻繁に舐めていたり。そのような症状が見られた時は、「趾間炎」という皮膚病を疑いましょう。

趾間炎とは?

矢印の先が患部になります。

趾間炎とは、指と指の間に炎症をおこしてしまう病気のことです。
指と指の間の水かきのような部分や肉球の間にも炎症は起こり、見た目にも赤くかぶれたようになります。趾間炎はかなり痛痒いようで、犬は頻繁に患部を舐めたり噛んだりするようになり、そのせいでなかなか治りにくい皮膚炎でもあります。赤く腫れるだけでなく、酷い時には膿んでしまうことも。

原因

疑問を感じる女性

趾間炎の原因は様々で、大きな病気が隠れている場合もありますし、踏んだものによる怪我やアスファルトでの火傷、ストレスやシャンプーの洗い残し、アレルギーなどを発端とするものもありますが、「細菌の増殖」によるということです。

犬は気になる部分があるとその部分を舐めてしまいます。肉球の部分を舐めてしまうと、乾きにくいじめっとしたままの状態がつづき、また舐めることで細かい傷がつき地面に直接触れる部分でもあるため細菌が繁殖しやすいのです。また、肉球は犬の身体の中で唯一汗をかく部分。人間と同じく、汗をかいたまま放っておくと細菌はみるみる繁殖し、炎症の原因となります。

趾間炎を未然に防ぐには

とにかく清潔に!

清潔に乾いた状態をキープ

趾間炎の対処方法としては、とにかく「清潔で乾いた状態」を保つことが重要となります。散歩の後は丁寧に脚を拭くことは勿論、拭いた脚は湿ったままにせず冷風で乾かしてあげるのが理想です。

ただし、散歩の度にシャンプーで脚を洗うのは×。皮膚のバリアがなくなり、ガサガサになって乾燥しやすく、細菌の侵入をしやすくしてしまいます。

肉球や指の間の毛は短く

犬用バリカン

肉球や指の間の毛は、肉球による滑り止めの役目の邪魔をするのと同時に、肉球の溝やサイド部分を清潔に保つのが難しくなる為、短く刈っておくのが理想です。

トリミングや動物病院でもカットしてくれますが、すぐ毛が伸びてしまう為、一台バリカンを持っていると便利かもしれませんね。ただ、うちの愛犬は写真のように肉球周りの毛が伸びっぱなしで、これが趾間炎の原因となってしまいました。

犬が嫌がって逃げたり暴れたりしてしまう為カットができずにいたのです。バリカンやカットには小さな頃から慣らしておくのが理想ですね。また、怪我をさせないよう、一人が注意を外らせながら一人がバリカンをかけるというように、二人掛かりでやるとスムーズに行うことができます。

肉球や指の間の状態チェック

毎日一度は肉球や指の間をチェックしましょう。知らない間に犬の肉球が傷ついていたり、爪が折れていたりするかもしれません。これを放っておくと炎症に繋がります。毎日続けることで犬が足先を触られることに慣れていき、ケアも簡単に行えるようになります。

趾間炎になってしまったら

薬用シャンプーも効果的

趾間炎になってしまったら、自己判断はせず、まず動物病院にいき症状を診てもらいましょう。内服薬を処方される場合が多いようです。

内服薬と併せて、患部に塗る外用薬や、薬用シャンプーなどを処方されることも。場合によってはカラーの着用を指示されることもあります。また、患部の皮膚組織や毛を採取して、原因を特定してくれる病院もあるそう。薬をもらったからといってすぐに治るものではなく、再発も多い為、根気強く様子を見ることが大切です。

チェックを欠かさずに!

獣医と犬

趾間炎についてご紹介しましたが、ご自身の愛犬は大丈夫でしょうか。炎症は見えにくい隠れた部分に起こっていることが多いので、よくチェックしてあげましょう。

犬は言葉をしゃべることができません。飼い主が様子をよく見て、変わった症状がないか注意してあげるしかないのです。また、日頃からの丁寧なケアが病気を防ぎます。愛犬が辛い思いをしないよう、毎日のチェックとケアを欠かさず行い、健康で快適な毎日を送らせてあげたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。