犬が『急死』する代表的な原因8選

【獣医師監修】犬が『急死』する代表的な原因8選

この記事では「犬が『急死』する代表的な原因8選」というテーマで、症状が現れて24時間以内に亡くなってしまう「突然死」や、症状が分かりにくく「急死」したように思える原因の代表例を8つご紹介します。愛犬の健康を守ったり、防ぐことのできる突然死をなくすためにも、是非チェックしてみてくださいね!

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が急死する原因1:心臓の病気

聴診器を当てられる子犬

心臓に持病がある子が、心臓の状態悪化から心発作を起こし突然亡くなることがあります。激しい運動やストレスにより心臓に急激な負荷がかかった時に、耐えられなくなってしまって亡くなる場合があります。その他にも、

  • 不整脈
  • 心筋症
  • 弁膜疾患
  • 感染性心内膜炎
  • 心臓腫瘍

などの病気が原因の場合もあります。

犬が急死する原因2:ショック死

雷に驚く白黒の犬

強いストレスや、体に激しい負荷がかかった場合、ショック死してしまうことがあります。

特に夏場に突然死が多いことから、暑さから体力が弱っていた元々心臓が弱い子などが、花火の音にビックリして突然心臓が止まって死んでしまう、というケースも多いそうです。

犬が急死する原因3:低血糖

横たわって眠るロングコートチワワ

長時間ごはんを食べないことによって血液中の血糖値が下がり、体の機能に異常をもたらしてしまう危険な症状です。重篤化すると急死してしまうこともあり、特に子犬や超小型犬に多く見られます。

犬が急死する原因4:脳の病気

頭に氷嚢を乗せる犬

先天的に脳に病気がある子や、頭を強く打ったなど後天的に脳に影響を及ぼしたことによって、急死してしまうケースがあります。

脳は体を動かすための司令塔としての役割を担っていますので、そこにダメージや異常があると命に関わることが多いです。

犬が急死する原因5:胃捻転

ごはんを食べるゴールデンレトリバー

激しい運動や無理な体勢をしたり、胃の中で膨張するものを食べたなどが原因で、胃がねじれて戻らなくなってしまうことがあります。

特にレトリバーなどの大型犬に多く、最悪の場合症状が出てから数時間で亡くなってしまうこともあるそうです。

犬が急死する原因6:急性中毒

犬が食べてはいけないものの前に座る犬

犬が食べてはいけないものを致死量摂取してしまった場合、急に体調に異変が現れて死亡してしまうことがあります。

犬が急死する原因7:フィラリア症

フィラリア予防をするフレンチブルドッグ

フィラリア症は初期段階では無症状のことがありますが、進行すると突然体調が悪くなって死亡してしまうこともあるので、急死したように思われることがあります。

進行した症状として「大静脈症候群」があり、血尿、元気がなくなる、呼吸困難などがみられ、処置が遅れてしまうと数時間~数日で死に至る場合もあるそうです。

犬が急死する原因8:事故

車に敷かれた犬と女性

犬が車道に飛び出して車に敷かれてしまったり、高い場所から転落してしまうなどといった、身近に潜む危険によって死亡してしまうケースがあります。

飼い主さんの気遣いと予防策で防ぐことができることなので、「うちの子は大丈夫」と思わずに対策をすることが大切ですね。

まとめ

治療を受ける意識のない犬

いかがでしたでしょうか。犬が急死する代表的な原因の例として、

  • 心臓の病気
  • ショック死
  • 低血糖
  • 脳の病気
  • 胃捻転
  • 急性中毒
  • フィラリア症
  • 事故

の8つを挙げてきました。防ぐことが難しそうな急死・突然死ですが、飼い主さんの日頃の観察で早期発見、予防できるものもあります。愛犬が天寿を全うできるように、気を付けてあげたいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    最愛のワンちゃん、低血糖で亡くなりました。砂糖水をなぜ飲ませなっかたのかもう遅すぎました。謝ってもかわいそうで私の過失です。どうか安らかに天国で遊んでると思わせてください。おりこうで優しい優しい優秀ないとおしい愛犬です。安らかにとお祈り申し上げます。
  • 投稿者

    40代 女性 ドットママ

    我が家の愛犬でしたコーギーの女の子、先日10歳で虹の橋を渡りました。亡くなる2日前まで元気で庭でボール遊びをして食欲もありました、死因は脾臓の血管肉腫という病気。どの獣医師に聞いても早期発見は難しいと言われた病です。突然といえば突然ですが早期発見が難しく元気、食欲もあれば飼い主としてはなかなかその病にたどり着けません。現代は対処両方の西洋医学が主流ですが、この子の死をきっかけに我が家では ドイツの波動医学のバイオレゾナンスで病になる前に未病を据え食事療法をプラスした指導をしてくださる獣医師にめぐりあいました。これからの医学会はバイオレゾナンスを主流になればなぁと考えます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    愛犬ちゃんを亡くしてしまいました。いろんなことを後悔しても天使になったワンちゃんを、悲しませることになると我が身に言い聞かせて、なんとか過ごしています。本当に可愛い穏やかな寝顔でいとおしいままで天国へ行かれました。どうか安らかにおやすみね。そして天国で楽しくリラックスして遊んでくださいね。ありがとうね。いつまでも私の胸のなかで、一緒に歩んでください。感謝です。合掌。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    いつもの様に一緒に床につき、穏やかに眠ったはずが、突然夜中に吠え苦しみ、あっと言う間に死んでしまいました。人工呼吸と心臓マッサージをして、2度息を吹き返したようにも見えたのに結局8歳で命を終えてしまいました。あまりに突然で、本当に悲しくて寂しくてなりません。
    もっと他に出来ることがあったのではと後悔ばかりです。大人しく可愛かった君に会えて本当に幸せでした、ありがとう。またいつか、会えるといいな^^
  • 投稿者

    30代 女性 さちもたん

    私は初めての室内犬、シーズー(保護犬)を、最終的に気管虚脱という病気で亡くしました。
    親から連絡があり、瀕死状態だと。車をとばし、会いに行きました。
    病院のケージ内で酸素吸入など処置もされずただ苦しそうに呼吸し、横たわっていて……レントゲンで気管がこういう状態で、呼吸がしづらい状態です。
    と説明を受けました。
    その横で、そこの病院の先生は、別の子の処置を始めました。エコー検査だったかな?

    私は、何も処置されずここに放置されている。この子が戻ることは無いと思い、そこから出し、抱っこをして連れて帰れ!と親に言いましたが、親はまた、元に戻ることを願い、病院で付き添いました。

    最終的に、病院で息を引き取りました。
    呼吸が出来ない。どんなに苦しい思いをさせたんだろう。今でもあの苦しそうな姿目に浮かびます。

    そんな私の嫁入りした家に……なぜかシーズーをまた保護シーズーし、迎え入れてます。
    運命を感じます。

    中型犬のお姉ちゃんワンコも居ますけど……お互い穏やかな性格なので、素直に受け入れてくれました。


    写真は、今のうちの2代目。それも保護犬。に出逢い( 笑 )?


    さちもたんの投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 あんもも

    昨日、我が家の愛犬が、ミツバチに刺されてアナフィラキシーショックを起こし、6時間後
    永眠しました。享年1歳2ヶ月…短すぎる生涯でした。
    散歩の出発時間をあと何分かずらしていたら…
    もっと右側を歩いていれば…
    後悔しかないです。
    泣いても泣いても涙が止まらず、心のやりどころもありません。
    立ち直る事など出来ないと今は思っております。
    ですが、うちの子がちゃんと虹の橋を渡れるように、少しずつ私も頑張ります。
    これからの季節、蜂に限らず虫がたくさん出てきますので、是非とも気をつけてあげてください。
  • 投稿者

    男性 みう

    実家で飼っていたトイプードルのみうが亡くなりました。9歳でした。
    家族が大好きで一時もそばを離れない本当に可愛い家族でした。
    たまたま家族の1人が休みだった日に体調が悪くなり、1番大好きだった母が帰ってと同時ぐらいに母の腕の中で旅立ちました。
    書いてるだけで涙が出てきます
  • 投稿者

    50代以上 女性 ちび

    もう少しで16才になる女の子でした
    私の不注意で亡くしてしまい、とてもつらいのですが、皆さんに共有し、少しでも参考にして頂ければと思います

    認知症で体力の限界までクルクルクルクル回り続ける症状があり、疲れると足がもつれて倒れ、起こして!と鳴き続ける子でした
    昼夜逆転があり夜中に鳴かれるのでとても大変でした
    ある夜、寝た子を抱いてサークルに入れ、扉を閉めるのを忘れてしまいました
    夜間に鳴いていたのですが、眠らなければ体力が持たないので、起きられませんでした
    朝、起きるとサークルの外で眠っていました・・・眠っていると思いましたが
    息絶えていました
    コードが首に何重も巻き付いていました
    窒息でした
    認知症の子、同じ方向にクルクル回り続けるので、コードが巻き付いてしまっていました
    認知症の子にとって、家の中は危険が一杯です

    一生懸命介護して、このような事故で亡くしてしまったこと、とても悔やまれます
    このような辛い思いをどなたもされないようにと願います

    今は、虹の橋の向こうで、楽しく遊んでくれていると信じています
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    14歳の愛犬を原因不明の肺水腫で亡くしました。
    夜22時元気に排便、片付けの数秒目を離した間に倒れ、しばらくして回復しましたが、夜間の為かかりつけ医ではなく、救急病院へ。そこではけいれん止めの注射だけでした。呼吸音に違和感を持ちながらも、獣医師に診てもらった安堵感で帰宅。1時間半後に吐血し、苦しそうな様子で、朝まで持たないと判断、別の夜間救急病院へ夜中3時に駆け込みました。そこで肺水腫が判明、獣医さん、看護スタッフの皆さんが付きっきりで対処してくれましたが、9時に夫の腕の中で静かに息を引き取りました。最初に倒れた時にはもう肺水腫の原因が発病していたのだろう、との事でした。原因不明なので、たとえ最初の救急病院で肺水腫が判明していても助からなかったかもしれません。だけど、何故最初の救急病院で獣医さんにもっと強く呼吸音の違和感を伝えなかったのか、後悔しています。
  • 投稿者

    40代 女性 はむこ

    我が家の愛犬も2週間寝たきりになり原因が、判明して対処療法を、はじめた矢先に突然死。
    余命宣告もうけたわけではなかったので、本当に眠るよう眠りながら静かに旅立っていきました。
    医師共々、悔しい思いを抱えたまま亡くなりいろんな感情が混じり合いツライです。
    でも、一つ言えるのは、亡くなってからああすればこうすればはどうしようもない事。
    まさに、想定外であれば。
    その子の天命として、受け入れるしかないのかなと思います。
    あと、自分を責めたりは決してしないで欲しいです。
    あの子達は飼い主さんと過ごした時間が全てです。ご自分を否定だけは決してしないでください。
    はむこの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。