犬の肝臓の数値に問題があったのは歯周病と関係があった!

【獣医師監修】犬の肝臓の数値に問題があったのは歯周病と関係があった!

お気に入りに追加

犬の健康診断では、血液検査により肝臓の数値が引っかかってしまう場合が意外に多く、その原因は肝臓自体に問題があることもありますが、実はそれ以外にも原因があることがあります。

53856view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の肝臓も「沈黙の臓器」

犬

健康診断で「肝臓の数値が高いから、お酒は控えてくださいね」なんて言うことを聞いたことありませんか?実はワンちゃんも同じように健康診断で肝臓の数値が引っかかることがあります(もちろん、お酒で引っかかるわけではありません)。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、障害があってもなかなか症状には表れず、見た目にはその障害がわからないため、見逃されることが多い臓器です。なのでなかなか「肝臓が悪そうだから検査しましょう」とはなりづらいため、少しでも肝臓をケアしていくためには、定期健診が必要です。

犬の肝臓で起こりやすい問題

では、実際に肝臓にはどのような問題が起こりやすいのでしょうか?

私の病院では、ワンちゃんやネコちゃんには年に2回の健康診断をお勧めしています。

そして、その健康診断では、一見健康そうに見えるワンちゃんの実に40%に何かしらの異常が見つかっています。その中でも多いのが、血液検査での肝臓の数値の異常です。

まず、肝臓関係の数値では、ALT (またはGPT)、AST (またはGOT)という項目(さらにはALPやGGT (γGDP)といった項目を見ることもあります)で評価されることが多いのですが、これらは元々肝臓の細胞内に存在している物質(酵素)です。

それが血液中で数値が高くなっているということは、何かしらの原因で、肝臓が障害を受けている、つまり肝臓の細胞が何らかの原因で破壊され、細胞内のALTやASTが血液中に出てきてしまっている状態と考えられるのです。

犬の肝臓障害の原因

歯周病

では、その肝臓を障害する何らかの原因にはどういったものがあるのでしょうか?

人間ではアルコールによる肝炎、あるいは暴飲暴食を続けることによる肝炎、あるいはC型肝炎といったウイルス性肝炎、肝臓がんなどが代表的です。

ワンちゃんの場合ももちろん肝臓自体の炎症あるいは腫瘍といった原因で障害を受けることはあります。しかしそういったものよりは、別の原因で高くなっていることが多いようです。

ワンちゃんの肝臓の数値が高くなる原因で、結構多いものが、実は「二次性肝炎」と呼ばれる肝臓が間接的に障害を受ける病態なんです。その二次性肝炎の中でも多いものが「歯周病による二次性肝炎」です。

人間もワンちゃんも、歯茎ってちょっとしたことですぐ出血しますよね。それはつまりは歯茎には血管が豊富だということ。

そして歯周病とは、歯や歯茎に歯垢・歯石の中の細菌によって引き起こされる病気で、その細菌が歯茎の血管に入ってしまうと、肝臓を始め、全身の臓器に侵入してしまうんです。

歯茎の血管が豊富なため、その歯周病の細菌は簡単に血管の中に侵入します。

もちろん、そのほとんどは体の免疫機能でしっかりと処理されますので、何の問題も起こらないのですが、重度の歯周病になってしまうと、それがいろんなところで問題を引き起こします。

その中でもっとも多いのが肝臓での炎症なんです。もちろんそれだけではありませんので、広い範囲で原因を探る必要はあります。

犬の肝臓数値を下げる方法

おやつ

これは個人的な経験なのですが、肝臓の数値が高いワンちゃんの中には、おやつをやめるだけで肝臓の数値が下がるケースがあります。

これは実際のところ、おやつがどんな風に肝臓に負担をかけているのかはわからないので、はっきりしたことが言えないのですが、もし健康診断で肝臓の数値が引っかかるようでしたら、おやつをやめてみても良いかもしれません。

以上のように、血液検査で肝臓の数値をチェックするだけでも、体のいろんなことがわかります。さらに肝臓は、手遅れに近い形になるまで、症状には表れないため、気になる方はぜひ動物病院でチェックしてみてください。

特に春の時期には、みなさんフィラリア検査で採血する機会がありますから、その時に一緒に調べてもらうと、ワンちゃんには負担なく検査できますのでオススメです。

もちろん、血液検査だけでは体の全てのことがわかる訳ではありませんので、全身チェックしたい場合にはワンちゃんドックを受けるようにしてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 ゆん

    犬は人間のような肝炎が起きることは稀で、記事のように、他の体内の不調で二次的に肝臓の数値が異常値を示す場合の方が多いようです。
    歯周病の犬は、中高齢になってくると目立ってきます。歯のケアをしていないと、歯石が貯まり、歯肉に炎症を起こします。
    軽度であれば問題ないですが、細菌が歯にとどまらず、肝臓や他の臓器に炎症を起こしたり、最悪敗血症を起こしたりすることもあるのです。健康診断で内臓に関する血液検査を定期的に行うと共に、普段のデンタルケアも大事にしたいですね。
  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    記事を読んで、肝臓の数値が悪くなる原因として「歯周病による二次性肝炎」も考えられると知って驚きました。日々、愛犬の歯のケアには気を付けているつもりですが、13歳という老犬なので歯周病になりやすい状況ですので、健康診断と歯のチェックは獣医さんで必ずお願いしたいと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 小夏

    肝臓は障害があっても症状としては、なかなか表に出て来ない。。早期に発見がしにくいということですね。
    健康そうなワンちゃんの40%に何かしらの異常が見られるって…こわいですね。
    大きな病気であれ、小さな病気であれ、なんでも早期に発見できたらそれだけで愛犬の負担も減りますし、定期検診はできる限り受けさせてあげたいですね。
  • 投稿者

    20代 男性 サトウ

    歯磨き出来ない家の老犬にとって死活問題です 塗るタイプのデンタルジェルで誤魔化しているけど噛まれてもいいからしっかり磨きたいと思います( ノД`)…
  • 投稿者

    女性 匿名

    うちの子、2ヶ月前にして頂いたペットドッグの結果ではALTが28だったのに今日歯石取りの前の血液検査で170だったんです。ALPも60から390に。これは痒み止めの注射の影響って言われました。
    1ヶ月前ぐらいから目の周りが荒れて少し腫れていて、年末におやつあげ過ぎてアレルギーかなって注射で痒みを止めて様子を見ていたんですが、薬が切れるとまた荒れて痒いみたいだったんです。
    もしかして歯石の中にアレルギー物質が溜まった状態かもしれないと歯石取りをする事になり取ってもらったんですが、たった2ヶ月でこんなに変化するものなんでしょうか?
  • 投稿者

    20代 女性 コナ

    まだ愛犬が2才足らずのときに、毎年1回行っている健康診断の血液検査でGPTが高めといわれたことがありました。
    正常範囲内だったのですが、この年齢の犬にしては高めだと獣医さんに指摘され、食事について聞かれました。
    手作り食だったので、それが良くなかったのかなと相談したのですが、内容に問題はなさそうでどうしてだろう、とモヤモヤしたまま数カ月。
    判明したのが、主人が私に内緒で愛犬にジャーキーのおやつをあげまくっていました。
    普段トレーニングやお留守番のご褒美以外ではおやつを極力与えないようにしていたのに、冷蔵庫のジャーキーがみるみるなくなっていくことに気が付いて獣医さんに「お肉あげすぎじゃない?」と言われたことばが蘇り、主人に問い詰めたら判明しました。
    検査の結果で正常範囲内でも、年齢によってちょっと高めだと気が付いてくれた獣医さんに感謝です。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    歯周病から肝臓に影響があるなんて思いもしませんでした。知らなかったら関係性を疑いもしなかったと思います。そもそもここで書かれているように肝臓の病気は自覚症状があらわれにくいから早期発見もむずかしいですよね。うちではそれらの症状を見過ごしてしまったり気付けなかったときに後悔したくないので3歳をすぎてから毎年血液検査を受けるようにして全身の健康チェックをするようにしています。とても健康な子で、予防接種やフィラリアの薬をもらいに行くくらいしか動物病院に用がないので、獣医さんに異変に気付いてもらう機会も少ない気がして、健康だからこそあえてきっちり検査をして問題がないか確認するようにしています。ちょっとでも数値に変動があれば細かく説明してもらえるので、食事や運動に気を遣うこともできますし、おすすめですよ!
  • 投稿者

    40代 女性 てと

    歯周病ってこわいですね。この記事を読んでいて自分がこわくなってしまい、歯医者さんで歯の歯垢を取ってもらおうと思いました。肝臓は末期くらいにならないと症状が中々出ないようなので数値変化はかなり大変なことですよね。とくに犬に歯磨きという習慣がまだ日本には根付いてないので、危険ですね。でもこういう記事を見たら歯を磨いてあげようかなと思うと思います。たくさんの人にこの記事をみてほしいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 an

    16歳のダックスです。高齢の為、虫歯による抜歯を躊躇していましたが、肝臓の数値も悪く、目の下に潰瘍が出来て、穴が開いた状態になり、手術しました。綺麗に歯石も取って頂き、1本抜歯しました。潰瘍は治りましたが、まだ、肝臓の数値は薬を止めると上がってしまいます。もっと早く処置するべきだった。と後悔しています。
  • 投稿者

    40代 女性 クータン

    わが家のチワワは、1歳と2ヶ月になりました。
    避妊手術の時6ヶ月目に血液検査をした時に肝臓数値が正常範囲をやや超えていまして( 17〜78の範囲が115 )経過観察でしたが、それより8ヶ月後フィラリアの検査の時に調べた血液検査では、更に肝臓数値
    が正常範囲を大幅に超えて( 18〜93の範囲が、153 )でした。やや肥満傾向で
    ダイエットを勧めれました。ほんの少し
    ですが、バナナやりんご さつまいも
    ボーロ など ほんとに少しだけでしたが
    (・・;)今は医者に注意され 気をつけています。この数値と朝30分でも朝食が遅いと黄色い胆汁をよく吐きます。関係があるみたいですが、大丈夫ですか?
    食事も胃に負担かけないよう 3回に分けて
    夜は8時朝は9時前にあげています。
    胆汁と肝臓を改善するにはどうしたらよいのでしょうか。どなたか情報をお知らせ下さい。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    愛犬の歯みがきは諦めモードだったんですが、歯周病が肝臓にも影響すると知って怖くなりました。歯みがきは愛犬も発狂するくらい嫌いなので、毎日続けられる無理のないケアから考えようと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。