犬との旅行は飼い主が配慮しよう!長時間移動ではパーキング休憩を。

犬との旅行は飼い主が配慮しよう!長時間移動ではパーキング休憩を。

お気に入りに追加

愛犬と一緒に旅行する時に、注意することを説明します。長時間での車移動や公共機関の移動、宿泊施設、パーキングでの休憩のタイミングなど、飼い主の配慮で犬も楽しむことができるようになります。

1842view

犬と旅行

旅行が好きな人も多いと思います。

そういうときに、愛犬をどうするか迷ってしまいます。

ペットホテルに預けるか、親戚や友達に預けるか、一緒に旅行に連れて行くかなど様々な選択肢があります。

その中でも、一緒に連れて行くことを選ぶ飼い主さんが多いでしょう。

可愛い愛犬と一緒に旅行を楽しみたいものです。

愛犬の気持ちを考えながら、いくつか注意をすれば、一緒に旅行を楽しむことができます。

宿泊施設

旅館

まずは、宿泊施設です。

当然ですが、ペットが一緒に泊まることができる宿泊施設を選びましょう。

宿泊施設に、いくつか条件があるところもあるため、それをしっかりと確認することが大切です。

念のために電話で確認すると施設のことがよく分かるため、飼い主さん自身も安心します。

車での長時間移動

車で旅行先に行くことがあります。

そうすると、長時間車に居ることになります。

犬の中には、車に酔ってしまうことがあります。

その時は、ちょくちょく休憩を挟むことが大切です。

また、窓を開けて外の空気を入れることも良いと思います。

外の空気を吸うことによって、気持ち悪くなくなることもあります。

もしも、車で吐いてしまったら、怒ることは絶対にせずに、気分が良くなるように外に連れて行ったり、水をあげたりしましょう。

公共の交通機関での移動

公共の交通機関

公共交通機関を使う場合は、愛犬の気持ちを考えつつ、周囲の人に迷惑がかからないようにすることが大切です。

公共交通機関は、たくさんの人が使う場所です。

そんなとき、犬は緊張をして吠えてしまうことがあります。

それは仕方が無いことです。

人が少ないところに行こう

人間だって、たくさんの人がいると緊張してしまいます。

そのため、人が少ないところに行くようにしましょう。

なかなか難しいかもしれませんが、人が少ない場所があると思います。

そこを選ぶと、緊張が和らぎます。

パーキングエリアで遊ぼう

パーキング

車で移動するときに、休憩所としてパーキングエリアに止まります。

ずっと車に乗っているとストレスが溜まってしまいます。

そのため、パーキングエリアに着いたら愛犬を思いっきり遊ばせましょう。

最近では、ドッグランが付いているところがあります。

そこを利用することも良いです。

ただ、多くの犬がいることもあるため、喧嘩などをしないようによく見ることが大切です。

他の犬を傷つけないように、飼い主さんがよく見ていてあげましょう。

飼い主が配慮してあげよう

愛犬の気持ちを少し考えてあげるだけで、愛犬が心地良くなります。

愛犬も飼い主さんも一緒に楽しむことが大切です。

旅行に行く度に、少しずつ慣れていきます。

きっと、楽しい旅行になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。