ドッグフードの未来。これからのフードの変化の傾向はどんな感じ?

ドッグフードの未来。これからのフードの変化の傾向はどんな感じ?

お気に入りに追加

ドッグフードはメーカーがさまざまな研究をして開発し、次々に新しい種類が出てきます。今後ドッグフードはどんな風に変化していく傾向が見えているのでしょうか?

3307view

ドッグフードが遂げてきた変化

手ですくったドライフード

店頭やオンラインショップでズラッと並んでいる様々な種類のドッグフード。獣医学臨床栄養の専門家であるコロラド州立大学のストックマン博士によると、実は過去20年くらいの間に多くの変化があったのだそうです。

例えば、ペットにまつわる大きな健康問題のひとつ「肥満」についての理解が深くなったおかげで、栄養と肥満の関係、肥満のコントロールがよりクリアになりました。栄養ガイドラインも肥満に配慮したものになっているそうです。

他の面でもペットフードの内容は良い方向に変わりつつありますが、今後さらに改善するべき部分もたくさんあります。

これからのペットフードが進んでいくであろう道は3つの傾向があります。

より具体的にターゲットを絞ったレシピ

缶詰フード2種類

ペットフードは基本的に栄養のバランスが取れているものです。
体重を目安にした給餌量を与えていれば必要な栄養素は含まれているのですが、今後はさらにその内容を吟味して調整し、個別のペットに最適な量や栄養の理想に近づけていくことが模索されています。

特に注目されるのはシニア向けフードです。
テネシー大学獣医学部のマーフィー博士によると、

「シニア向けフードのあるべき形のガイドラインというものは今の所ありません。タンパク質の摂取量が適切であるかどうかの目安になる動物の筋肉量についてもっと知る必要が有ります。また加齢とともに消化率や腸の動きがどのように変化するかについて、さらに調査が必要です。」

とのことです。

新しいタンパク源の開発

犬の形に置いたドライフード

現在のドッグフードやキャットフードのタンパク源は、チキン、ビーフ、魚など人間のためのタンパク質とほぼ同じものです。

前述のストックマン博士は、50年後には人口に対して必要なタンパク質が現在の約2倍になるだろうと予測しています。

そのような未来に備えて、新しいタンパク源の開発は必須事項です。有力視されているのは豆類と菌類です。植物性のタンパク質では動物に必要なアミノ酸が全て含まれるような方法を見つけることが課題です。

また未来のタンパク源として真剣に開発が行われているのが栄養的にたいへん優れている昆虫類です。クリケットやミールウォームを使ったペットフードは未来の犬たちにとってごく普通のものになるかもしれません。

科学的な裏付けのある栄養評価

犬の生食フード

この数年、ドッグフードの世界では生食が大きなトレンドでした。毛艶が良くなった、皮膚が健康になった、元気になったなど、良い評判がたくさん聞こえてきますが、これらに関しての科学的な裏付けやデータは発表されていません。

けれどもこれも近い将来に変化していくだろうと考えられる点のひとつです。犬の栄養学に関する研究や給餌試験は増えています。

生食はほんの一例で、他にはグレインフリー、低炭水化物なども科学的な裏付けがされていくだろうと目されているものです。

具体的に何がどのように違うのかが科学的に証明されたフードが増えていくというのが、今後の傾向と思われます。

まとめ

フードを前に置いたチョコラブ

ペットフードが今後どのように変化していくのか、予想される傾向をご紹介しました。

現在でも種類が多すぎて目眩がしそうなのに、今後さらに細分化されたり、新しいタンパク源が増えたりすると、もっとたいへんそうですね。
新しいタンパク源などは消費者もある程度は勉強して知っておく必要が有りそうです。

上にあげたような研究が広がれば、科学的な裏付けまたは否定がわかりやすく示され、消費者の選択の助けになると考えられます。
未来のペットフード、未来の犬たちはどんな顔で食べるのか興味がつきませんね。

《参考》
https://www.petmd.com/dog/nutrition/future-pet-food-trends-watch

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。