【わんちゃんごはん】牛肉と根菜のデトックス小豆スープ

【わんちゃんごはん】牛肉と根菜のデトックス小豆スープ

お気に入りに追加

美味しくデトックス!わんちゃんごはんに、小豆を取り入れてみませんか?小さな粒に秘められた小豆のパワーを活かし、美味しいスープにしてみました。

2835view

わんちゃんも小豆でデトックス!

小豆

みなさんは、「小豆」にデトックス(解毒)作用がある事をご存じですか?

日本人なら馴染みの深い食材「小豆」ですが、じつは、身体の余分な水分を出す作用に優れている食材です。むくみや、慢性の下痢、膿を出しやすくする効果もあります。

また、豊富に含まれるビタミンB1は糖質の代謝に、B2は脂質の代謝に役立ちます。疲労回復にもぴったりの食材です。

今回のレシピでは、よりデトックス作用が期待できる「小豆」と「根菜」を組み合わせて、わんちゃんが美味しく食べられるごはんをご紹介いたします。

それでは作ってみましょう!

キッチン

材料

  • 牛すね肉・・・300g(お好みの肉で)
  • 小豆を茹でたもの・・・約2分の1カップ
  • 根菜・・・適量(人参、じゃが芋、蓮根、ごぼうなど)

作り方

ここでは基本的な作り方をご紹介いたします。食べさせる量は、体調に合わせて加減してください。

1、小豆は2~3倍ほどの水を注ぎ、柔らかくなるまで茹でる。(茹でこぼしはしません)

2、鍋に細かく切った根菜と牛すね肉、水を適量入れて、煮込む。

3、根菜が柔らかくなってきたら、「1」の小豆を適量加えてさらに煮込む。

鍋で煮ている写真

(※洗った小豆と根菜と肉を、一緒に煮込んでも作れます)

4、とろりと煮えたら、『牛肉と根菜のデトックス小豆スープ』のできあがり!

お皿に盛り付けた写真

このレシピのポイント

ポイント

小豆の栄養をまるごと取り入れよう

小豆を茹でるとき、茹でこぼす工程がありますが、我が家ではそれはしていません。よく洗い、茹でた汁ごと食べています。小豆の赤い色は、抗酸化作用のあるポリフェノール(アントシアニン)が豊富に含まれています。

小豆+食物繊維+たっぷりの水分でデトックス

身体に溜まった毒素をデトックスするには、食物繊維と十分な水分が必要です。わんちゃんが大好きなお肉を使い、うまみがたっぷりつまったスープに仕立てていますので、美味しく食べてもらえる上に、わんちゃんの健康を維持できるお勧めのレシピです♪

合わせると良い食材

はとむぎ

イボや肌荒れに良い食材です。鍋で一緒に煮込みます。

骨付きの鶏肉

疲れている時や、体力、気力を高めたい時におすすめ。(骨は与えないでください)

小豆でアレンジ

アレンジ

「小豆」というと、甘いあんこやお汁粉などのイメージが強いかもしれません。ご紹介したようにスープにすると、ほくほくとろりとして口あたりもやさしく、本当に美味しいんですよ。

我が家では小豆を煮たものに糀を混ぜて「小豆糀」を作っています。砂糖は入れていないのに、甘酒のようにほんのり自然なあまみでとても美味しいです。うちのわんちゃんも、少しずつ毎朝食べています。

また、茹で小豆はカレーの具材と入れたり、玄米ごはんを炊く時にも混ぜたりしています。茹でたての熱いところに寒天を混ぜると水ようかんも作れます。甘くしないで作ると、わんちゃんの夏のひんやりおやつにもおすすめ!

まとめ~美味しく食べて身体の内側から健康に

にこにこ笑っているわんちゃん写真

今回は、小豆を使ったお肉と根菜のスープをご紹介いたしました。

小豆って茹でたことがないなあ…という方も、ぜひ一度チャレンジしてみませんか?まとめて茹でたものは、小分けにして冷凍することもできます。

我が家で小豆をお料理に取り入れてみようと思ったのは、うちの子が最近、できものが出来やすくなってきたなぁと感じたことがきっかけでした。薬を飲むほどではないけれど、食事で体質改善できたら…と。

「You are what you eat.」食べたもので身体はできています。

毎日のごはんで、可愛い子が健やかに過ごせますように。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。