犬の癌の3つの治療法とそれぞれの費用

【獣医師監修】犬の癌の3つの治療法とそれぞれの費用

日本における犬の死因第一位は癌です。あなたの愛犬がもし癌になった時のために今、日本で行われている3つのがん治療とそれぞれどれくらい費用が掛かるかを紹介していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

がん治療ってどうやってやるの?

首をかしげる犬

まず、がん治療の方法を具体的に紹介する前に、がん治療の仕組みについて2つのタイプに分け紹介していきます。

癌の治療には「局所療法」と「全身療法」という2つのタイプがあります。どちらも体内にできた癌組織の増殖や転移を抑えることで、癌自身の寿命で体内からなくしたり、他の部分で再度増殖をしないようにします。

局所療法

局所療法は、癌組織そのものに的を絞った治療の事で、放射線治療や手術による治療、人間で発達している陽子線治療(動物ではまだ現実的ではありません)などがあります。

これは癌がまだ転移してない時にできる治療で、体内の健康的な組織をあまり傷つけずに癌を治療することができます。そのため犬にとっても負担が少ない治療法と言えます。しかし、治療の範囲を限定的に行っている分、範囲外にまで行きわたってしまった癌組織があった場合、それが原因で再発してしまう恐れがあるというのが欠点です。

全身療法

全身療法は癌組織に限定せず、薬や注射などを使って全身に行き渡らせる治療法となっていて、抗がん剤治療をはじめとする化学療法がこれに分類されます。

局所療法が治療の範囲が限定されている一方、全身療法は薬を処方することで全身に転移してしまった癌組織を苦しめることができますが、その分全身の健康的な組織も傷つけてしまい、犬の体にとても負荷がかかってしまうという欠点があります。

犬の癌の3つの治療法と費用について大公開!

診察について節目している医者と話を聞く犬

それでは、犬のメジャーな3つのがん治療とそれらの費用について紹介していきます。

外科手術

外科手術は誰もが想像しているような手術の事です。

外科療法はがん病巣を手術で除去する療法で最初に発見された部分だけではなく他の部分まで転移したがん組織を一緒にごっそり取り除く局所療法の1つです。

これの長所としては1回の手術で見える範囲の癌組織をほとんど取れるということで、愛犬にとっての負担がかなり抑えられる治療となっています。しかし、手術をする獣医さんの技量とがんができている場所とサイズ、浸潤性により変化してしまうという欠点もあります。

そして何より一番費用が抑えられる治療法となります。

後述しますが、他の2つの治療法に比べ外科手術は入院費込みで10~40万円程度で抑えられることができます。
しかしこれはあくまでも目安で、癌の発生した臓器の種類や癌組織がどれくらい悪性があるか等の要因で、値段は変動します。
ですが、それを考慮しても実はがん治療の中で1番費用が少ない治療となります。

放射線治療

放射線治療は癌組織に放射線をあてがん細胞を死滅させる治療法です。切除が難しい部分にできてしまった癌をも治療することができます。

これもまた局所療法に分類される治療法の1つなので、愛犬の負担は少ない方ですが、放射線を当てる部分によっては健康的な細胞も含まれている為、副作用が起こる可能性があるということが欠点でもあります。

この放射線治療ですが、外科手術のように1回の治療で完治することはほぼなく、月に数回~20回程度継続的に行く必要があります。さらに、1回の放射線治療にはおよそ1~5万円の費用が掛かってしまうので総計で行くと毎月20~100万円位かかります。

抗がん剤治療

抗がん剤治療は化学物質の性質を利用して癌の増殖を抑え、癌を破壊する全身療法の1つです。

抗がん剤治療は手術が不可能となってしまった癌に用いる治療法です。長期的に投薬をするので、愛犬の体に負荷をかけてしまいますが、治療が困難な状態でも、抗がん剤治療をするのとしないのとでは完全完解の可能性や余命に雲泥の差があります。そのため、愛犬の体にかかる負荷をいかに減らすかが重要となります。

抗がん剤治療は1回につきおよそ2~4万円の治療費がかかります。長期で投薬が必要なうえ、場合によっては生涯投薬を続けなければならないこともあり、総計するとかなりの治療費がかかってしまいます。

まとめ

首を傾げる犬と後ろから手を添えている女性

今回は犬のガン治療におけるメジャーな3つの治療法とそれにかかる費用を紹介しました。

  • 外科手術
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療

どれも費用は掛かってしまいますが、愛犬が長く生きてほしいと思うならば、定期的に健康診断を行い癌にしにくい健康生活を送りましょう!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。