PostThumbnail

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける

13件の書き込み

  • 投稿者

    1: さきこ 女性 50代以上 2016/08/03 13:56 [通報]

    犬の咳には、疾患が隠れている場合があるので注意したいですよね。
    しかし、気管支炎にかかった時の咳は、病気の進行とともにひどいなるものだと誤解していました・・・重傷になると咳が出来ないほど体力を奪われ逆に小さな咳がでる可能性があるんですね。
    これからはその点も念頭に置いて、健康状態の管理と早期発見・治療できるように観察していきたいと思います。
  • 投稿者

    2: りりこ 女性 40代 2016/08/04 03:31 [通報]

    我が家のワンチャンも時々咳をすることがあるので、どうなんだろうって思って読みました。症状の説明が詳しく書かれていて、うちの子の様子と比較するのに役立ちました。また、原因も書かれていたので、注意すべきことがわかりました。
  • 投稿者

    3: ゆん 女性 20代 2016/08/07 12:31 [通報]

    子犬ではケンネルコフがよくみかけられますよね。咳などの症状がひどければ、内服の薬を服用することになりますが、動物病院によってはネブライザーといって、抗生剤や気管支拡張剤などを含んだ液体を吸入する器械がありますので、内服薬と併せて利用することで咳などの症状が軽減することもあります。獣医師に相談してみて下さい。
  • 投稿者

    4: eda 男性 40代 2017/05/15 01:32 [通報]

    うちの犬が気管支炎を定期的にやります。たいてい朝方にカッ、カッと喉の奥に引っかかった小骨を出したいような咳をし、断続的に咳き込んでいます。朝方に起きる咳は、たいていが気温差が原因だと動物病院で言われましたが、うちの犬はまさしくそれで、犬用のジェルのクールマットの上で寝ていたら冷え過ぎたり、窓辺で寝ていたら冷えてしまったり、ということが原因だと思われます。
    初めてその症状を起こしたときには、動物病院でレントゲンを撮ってもらい、気管支に炎症があることを見つけてお会計が1万円を超えてガックシ来ました。犬なのに、クールマットで冷え過ぎて気管支炎を起こすなんて、動物の本能をどこに置いてきたんだと。今では、症状もわかりましたので、咳をしている様子をスマートフォンでムービー撮影し、診察の際に獣医に見てもらって、そんなに重症でなさそうであればレントゲンは撮らずに、炎症剤などの薬をもらって対処しています。癖になるとよくないので、抗生物質などは処方されたものは飲み切ることが絶対だそうです。
  • 投稿者

    5: 38moto 女性 30代 2017/05/16 23:49 [通報]

    気管支炎は主にウィルスや細菌感染による炎症が原因です。喘息に似ている症状が出ますが、喘息と違い抗炎症剤や抗生物質による治療がメインになります。
    急性気管支炎は乾いた咳が特徴で痛みもあります。治療が遅れ長引かせてしまうと慢性気管支炎に移行してしまいます。慢性になると割と湿った咳をするようになりますが、痛みは急性の時よりは緩和されています。チアノーゼがみられるようになるのも慢性気管支炎です。

    ケンネルコフもウィルスによる感染で発症します。ワクチン接種の際に一度は見たことがある病名ではないでしょうか。年一回のワクチン接種で十分予防することができます。ケンネルコフは非常に強い感染力を持っているので多頭飼いをしているご家庭では注意が必要です。

    喘息同様、咳は体力を消耗します。悪化する前に早々に治療を始め、クセにならないよう完治させる必要があります。乾燥した季節に出やすい症状でもあるので、気温差のない環境を整え愛犬の体温調節に注意しておくことで予防することができます。
  • 投稿者

    6: 動物看護師 女性 20代 2017/06/02 18:35 [通報]

    気管支炎(ケンネルコフ)は抵抗力の低い子犬が最もかかりやすい疾患です。
    ケンネルコフは飛沫感染などで感染しますので、繁殖所やペットショップなどの集団生活をしているところで感染します。
    ペットショップから買ってきたばかりで飼い主さんが子犬の咳に気付き動物病院に連れて来られることケースが多々ありました。

    初めて犬の咳を見ると、咳なのか吐きたいのか分かりにくいとと思います。
    犬の咳は、「カッ…カッ」とつっかえた物を出したそうにし、最後に「カーーッ」っとおじさんの痰を出すような仕草をするのが特徴的です。
    その他には犬の喉を軽く摩ると刺激によって誘発されて咳をします。

    動物病院でのケンネルコフの治療法は、抗生剤、鎮咳剤、消炎剤などの薬を使います。
    その他、私が勤めていた動物病院では、インターフェロンという薬を使っていました。
    インターフェロンは自己免疫力を上げる薬です。
    インターフェロンの注射を病院で打ち、自宅では上記の飲み薬の他に点眼瓶に入っているインターフェロン液を目、鼻、口に入れてもらっていました。インターフェロンは副作用もなく、ケンネルコフにとても効果的です。
    ケンネルコフは軽症であれば1週間〜10日くらいで完治しますが、重度になれば1ヶ月以上ダラダラと咳が続いてしまいます。

    ペットショップから買ってきたばかりだと、飼い主さんやご家族の方が子犬の可愛さにみんなでたくさん子犬触り遊ばせすぎてしまいます。
    子犬はまだ一日のほとんどを寝て過ごします。疲れてしまえば体力もないので、ケンネルコフなどの伝染病にもかかりやすくなってしまいますし、早く治すには絶対安静が必要です。
  • 投稿者

    7: シュナ 女性 2017/07/21 08:53 [通報]

    気管支炎、愛犬のために以前から少し気になっていたのでこちらの記事で詳しく知れてとても勉強になりました。うちのわんこはまだ症状はありませんが、現在首輪でお散歩をしているのでとても気になっていました。散歩中の首への圧迫でも気管支炎になることや悪化することがあると聞きました。特に首が細いワンコや小型犬は危険が高かったはずです。気管支炎のはじめの症状や気配など、こちらの記事を参考にしたいと思います。また、お散歩中の歩き方もコントロールができるようになってきたので、予防もかねて早々にハーネスに切り替えたいと思います。うちは今は小型犬ですが、以前はラブラドールを飼っていました。当たり前ですが、大型犬と小型犬では首の太さもぜんぜん違いますよね。愛犬に合わせて予防やケアをしていきたいと思います。
  • 投稿者

    8: 空っち 女性 50代以上 2017/11/24 02:54 [通報]

    毎日胆が絡んだような感じで、ゲホケホ、と夜にやるとやっています、医者では、気管支炎と言われて1カ月薬は全く効かなくて、人間の喉の薬をさしてやると落ち着いています
  • 投稿者

    9: まかぶらあろたる 女性 40代 2017/11/26 01:22 [通報]

    自分自身も含め、周囲でも最近子犬を飼い始めた人が多く、そこで改めて犬がかかりやすい疾患について、考えるようになりました。その中でも友人の子がケンネルコフにかかったとのこと。まだ子犬だったので、周りのみんなでとても心配しました。気管支炎がそうしたキッカケからなるのだとこの記事を読んで、早く対処できて良かったと思いました。抗生剤や薬などで、その子は元気になりました。

    わが家にも3匹のわんこがいますので、換気や掃除をマメにしっかりと行なっていきたいと思います。また小型犬や子犬がかかりやすい傾向にあるとのことで、しっかりと目を配っておいてあげないといけないなぁと改めて考えさせられました。
  • 投稿者

    10: なっちゃん 女性 2017/11/28 09:32 [通報]

    うちの子もどちらかというと咳が多い方で、一度気になって病院につれて行きました。
    気管支炎まではいかなかったものの、もともと犬種によっては気管支自体が短いワンコがいるため喉に痰や異物がつっかかりやすく咳をひきおこしやすいと言われました。
    ちなみにうちの子はトイプーです。
    咳をしても【カッカッ】というような咳で、長く続くような咳ではなかったのですが、興奮すると今でも咳き込みます。ちょっとおっさんみたいですが。

    動物病院からは咳が長く続くと呼吸困難を引き起こす危険もあるのでということで念のためにお薬を処方されています。人間でいう気管支拡張剤のようなものらしいです。

    もともと気管支が短いワンコや室内犬は人間と同じようにデリケートなので寒くなるこれからの季節は部屋の乾燥やウイルスによる感染症も引き起こしやすくなるので湿度管理やお部屋の空気の入れ換えも重要です。
    あまり過保護もよくないですが、ワンコはおしゃべりできないので普段から咳き込む時は「咳の音」や「咳の仕方」「咳の回数・時間」「咳をしたあとの状態」などしっかり観察して少しでもおかしい!と思った時はすぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。
  • 投稿者

    11: おーちゃんママ 女性 40代 2017/12/01 11:32 [通報]

    時々咳をしていることがあって動物病院で相談すると必ず「どんな咳をしているか?」ということを聞かれます。最初の頃はどう説明していいのかわからず、「苦しそうな…」とかとんちんかんなことを言っていましたが、最近は乾いているか湿っているか、ぜーぜーヒューヒューしているか、などを意識して聞き分けるようにしています。
  • 投稿者

    12: てと 女性 20代 2017/12/23 20:50 [通報]

    愛犬も老犬なので朝方などケホケホしていることがあります。起きたてであったり気温差などが関係しているのかなと思っています。また気管支炎は治ることがないんですね。それなら出来るだけ早く気付いてあげて薬で進行を遅くさせてあげたいですね。その為にも愛犬のことをしっかりと観察しようと思います。
  • 投稿者

    13: もーりー 女性 50代以上 2019/04/28 07:58 [通報]

    12歳になって3日目位から咳が酷くなり病院で診てもらうと気管からの咳との診断。お薬をもらいましたが抗生剤が合わずもどしましたが気管支のお薬は効いてほぼ咳は止まりました。高齢なので慎重にみていきたいと思います。
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。