てんてこ、てん。【第74話】『てんのお腹事情②』

てんてこ、てん。【第74話】『てんのお腹事情②』

元気盛りの保護猫9匹と、突然現れたのんびりおっとり、シニアの天然保護犬『てん』との凸凹エッセイ漫画。今回は、てんのお腹がデリケートになってしまったお話その②です。

お気に入り登録
てんてこ、てん。【第74話】1 てんてこ、てん。【第74話】2 てんてこ、てん。【第74話】3 てんてこ、てん。【第74話】4

てんの肝臓ガンが見つかった時、すでに大きさは直径8cm程あり、摘出するには難しい複雑な場所に出来ていました。
心臓の弱いシニアのてんにとって、無事に手術を終えられる確率があまり高くないことから、最終的には何もしないという選択をすることに。

進行が穏やかなこともあって、表面的にはガンと共存出来ているように見えたのですが…年齢を重ね、少しずつ身体内部の状態が変化し始めているのかも知れません。

身体の部位ごとの異常を、科学的データを元に理論的に分析する西洋医学に対し、東洋医学は症状を総合的に見て、自然治癒力を高め身体の崩れたバランスを整える治療法です。

西洋医学的視点から『抗菌薬反応性腸炎』と一度は診断されたてんですが、薬も効いたり効かなかったりと、不安定な状態が続いています。

未だ原因の特定が出来ない状態だけど、鍼灸治療+民間療法と呼ばれる自宅でのケアで、少しでもてんの免疫力を上げ、体質改善を目指して2人5脚?頑張っていこうと思います!

てんてこ、てん。の他の話を見る

作者:Mika

■Instagram:https://www.instagram.com/atelier_momoan
■LINEスタンプ:https://line.me/S/sticker/14913655

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 B-pa

    てんさんの闘病とMika様の看護ぶりを感心しながら見せていただいています。私どもは3+2/3歳の雄ラブと暮らしています。思うところがあり未去勢です。未去勢は病気になりやすいとお聞きすることもあり、定期検診はしているものの病を得てしまったらと気がかりはあります。注意していても病気になる時にはなるというのは自身の経験です。大変とは思いますがその中でも一つでも多くの嬉しいこと楽しい思いがあります様お祈りします。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちにも16歳のチワワがいます。心臓に疾患があり、最近は認知症もでてきました。
    夜中に何度もオシッコの訴えがあります。
    でもおばあちゃんになってさらに可愛くなってきました笑
    お互い老犬のお世話は大変ですがぼちぼち頑張りましょう!
    今回読ませてもらったウンチ対策参考になりました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

今回の「てんてこ、てん。」を読んだ感想を聞かせてください(*^_^*)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。