「ボ…ボールが…」秋田犬が美味しい空気と引き換えに失ったもの

「ボ…ボールが…」秋田犬が美味しい空気と引き換えに失ったもの

秋田犬のゆうき君は今日もお気に入りのボールをくわえて朝のパトロール。飼い主様と一緒に仏間に行ったりお部屋の窓を開けたりと大忙し。しかし、とても良い朝に悲劇は突然訪れました。果たして彼が失ったものとは一体?

はてな
Pocket
お気に入り登録

とても気持ちの良い朝。今日も元気に飼い主様とお家の中を巡回です。

そのお口には大切なボールが。実はゆうき君、ほかのおもちゃを全部壊してしまい残った唯一のおもちゃがこのボールなのだとか。唯一残った大切なボール、家の中だろうと決して離しません!

朝の巡回も終わり、飼い主様も一息。朝の新鮮な空気を取り入れるため窓を少しだけ開けます。そんな窓の隙間にお鼻を入れてゆうき君も大きく息を吸い込みます。しかし、悲劇は突然訪れました。息を吸込もうと大きく口を開けた瞬間!

お口からボールが・・・!

ボールは窓の隙間から外へと転がっていってしまいました。「ぼ・・・ぼ・・・ボールが・・・」と絶望の眼差しで外のボールを見つめるゆうき君。朝からとんだ災難ですね・・・。

大切なボールを見つめる背中が切ない動画はこちらから↓↓↓

※こちらの記事は動画配信者の方より許可を得て掲載・執筆しております。
掲載YouTubeチャンネル:秋田犬げんき

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい