1月に注意したい犬の病気3選!よくある症状から予防法まで

1月に注意したい犬の病気3選!よくある症状から予防法まで

非常に寒くなる1月は、人間にとっても犬にとっても厳しい季節です。その中でも、1月だからこそ患いやすい病気が存在します。今回は1月に注意したい犬の病気とその症状や予防法をいくつかご紹介します。

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1月に注意したい病気1:泌尿器系の病気

氷を頭に乗せる犬

まずは泌尿器と呼ばれる腎臓や尿道、膀胱といった部分の病気が挙げれます。これらは基本的に水を飲まないことが原因となり、患いやすくなる病気です。そのため、寒くなり水を飲む頻度が減る1月などの冬は要注意です。

これらの病気には、オスに多い結石やメスに多い膀胱炎が挙げられます。中には前立腺肥大も可能性としては考えられるため、飼い主さんは愛犬の様子を観察しておく必要があるでしょう。

どのような症状が現われるのかといいますと、トイレに行きおしっこをする際、いつもとは違い、痛みを感じているような仕草を見せたり、少しずつおしっこをするような行動を取っている場合には、泌尿器系の疾患が原因で痛みを感じている可能性が高いです。

また、結石になってしまっている場合には、いくらトイレに行ってもおしっこが出ないという症状も出ます。このような症状が確認されたら、なるべく早く病院へ連れて行き、獣医さんに伝え診てもらいましょう。

予防法

では、この泌尿器系の疾患を事前に予防する方法はあるのでしょうか。まず1番の予防策として、原因となる水を飲まないという習慣をやめさせましょう。しっかり水を飲むように誘導させることが大切です。

しかし、犬に水を飲ませるのは簡単ではありません。抱っこして水皿まで連れて行くことで飲む子もいますが、それだけでは飲まないというこの方が多いです。この場合には、水に何らかの工夫を施す必要があるでしょう。

例えば犬用のフレーバーで味受けをしたり、肉汁を入れることで犬が好む肉の旨みをプラスすることも可能です。また、この時期だけ缶詰にするのもよいでしょう。缶詰の約80%は水分ですので、無理なく水分供給ができます。

1月に注意したい病気2:関節炎

布団にくるまる犬

人間でも高齢になるにつれて、冬には関節の痛みを感じるという人も多いです。これは犬も同様で、冬になると動く回数が他の季節に比べて減るため、どうしても関節が固まってしまいやすい季節でもあります。

特に1月は12月に比べても寒さが強まります。そのため、小型犬を飼っている家庭の中には、愛犬が寒くて外に出たがらないという理由から散歩に連れて行かない日があるという人もいるでしょう。あるいは散歩に行っても帰ってきてしまうという犬もいるかもしれません。

関節炎になってしまった場合、犬は歩くことを極力避けるようになります。例えば、家の中であればいつも座っているソファーから降りようとしているが降りれない、あるいは降りた時に「キャンッ」といった痛みを感じたような声を出したりします。

さらにスキンシップの際、飼い主さんが足を触ろうとすると嫌がったり、痛そうな声を出すようであれば、関節炎の可能性が高いでしょう。

予防法

寒さで体が鈍っている時に、急に激しい動きをさせるのは禁物です。人間も激しい運動をする前は準備体操をしますよね。それと同じように、犬も体を動かして遊ぶ前は少し歩かせるなど、軽い運動から始めるようにしてください。これだけでも関節炎になるリスクを下げることができます。

またフローリングも実は犬にとって危ないです。これは冬だけでなく年中言えることですが、つるつると滑りやすいフローリングは、犬の足腰に負担をかけやすく、同時に関節にも影響を与えます。冬であればカーペットを敷いてあげるなど、工夫をすると良いでしょう。

体重管理も大切です。体重が増えるほど関節炎のリスクは高くなります。

1月に注意したい病気3:肺炎

お医者さんに診てもらう犬

冬に注意したい病気として、人間も肺炎が挙げられますが、犬も1月には肺炎に注意が必要です。特にシングルコートと呼ばれる寒さに弱い犬種の場合、肺炎を患うリスクが高まりますので、散歩の際にはしっかり防寒対策を行う必要があります。

犬は肺炎になるとくしゃみを頻繁にするようになります。最初は「風邪かな?」と思ってしまう飼い主さんも多いですが、あまりにもくしゃみや咳の頻度が高いようであれば、肺炎の可能性が考えられますので、早めに病院へ連れて行きましょう。

また「ゴホッゴホッ」と咳をする場合には、肺炎ではありませんが、気管支炎の可能性も考えられますので、こちらも合わせて覚えておきましょう。

予防法

肺炎や気管支炎と行った疾患の場合、乾燥は大敵です。そのため、冬には加湿器を付けてあげるなど、湿度を維持する努力をすることが予防に繋がります。

また冬になるとヒーターやエアコンなどの暖房をつけますが、寒いからと行って空気の入れ換えをしなければ、これもまた乾燥に繋がりますし、同時に他の病気も誘発しやすいウイルスの温床となってしまいます。定期的に空気を入れ換えるように心がける必要があります。

まとめ

雪の中で遊ぶ犬

いかがでしたでしょうか。今回は患いやすい3つの病気をご紹介しましたが、どれも寒い1月ならではの原因が考えられる病気でした。今回ご紹介した予防法をぜひしっかり実践し、愛犬を病気から守ってあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。