犬がよくトイレに行く原因4選!トイレが近すぎるのは問題なの?

犬がよくトイレに行く原因4選!トイレが近すぎるのは問題なの?

以前より、愛犬がトイレに行く回数が増えた…なぜか今日、愛犬のトイレ回数が多い…そのように感じたことはありませんか。犬がよくトイレに行くようになる原因は、どのような理由があるのでしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がよくトイレに行くのはなぜ?原因は?

トイレをした子犬

愛犬のトイレ回数が突然増えると、「どうして?」と疑問に思いますよね。「もしかして病気なのでは…」と心配する人もいると思います。では、犬がよくトイレに行くようになった時に、考えられる原因は何なのでしょうか。

1.水を大量に飲んでいるため

水を飲む犬

暑い夏場や暖房によって乾燥している冬場に見られる理由です。暑さや乾燥によって水を大量に飲むようになれば、その分、トイレの回数が多くなります。

普段飲んでいる量よりも多く水を飲むようになった時、トイレの回数が増えたという場合は、あまり気にする必要がありません。自然な生理現象として捉えましょう。

しかし、夏場や暖房を使う冬場の場合、このようなサイクルが多くなります。留守番時には、水を多めに用意し、トイレも何カ所か用意するなど、いつも以上に多めに用意する必要があります。

2.老化

人間も同様ですが、老化に伴い、下半身の筋肉が衰えることにより、おしっこを膀胱に溜めておけなくなるという老化現象が起こるようになります。

そのため、シニア期に入ってから「なぜかうちの子はおしっこの回数が多くなったように思える」という場合は、老化現象が進行している可能性があります。

少しでも老化現象を食い止めるためには、日頃から適度な運動をすることが大切です。毎日無理をし過ぎない程度に散歩をしたり、家の中であってもおもちゃを使った遊びを行うなど、飼い主も積極的に参加して、愛犬の筋力を維持しましょう。

3.おかしがもらえると思っている

ガムをもらうトイプードル

子犬期によくある理由ですが、中には成犬になってからも見られることがあります。トイレを上手にできた後、「上手にできたね」とご褒美としておやつを与える飼い主は多いです。トイレトレーニングの最中などは、特にこの方法を使う人が多いでしょう。

しかし、トイレトレーニングでこの方法を使った場合、トイレトレーニングが完了した後は、徐々におやつを与えることをやめていく必要があります。そうしなければ、トイレをすればおやつがもらえるという習慣が付いてしまうからです。

この習慣が付いてしまうと、成犬になってからもおやつ目当てでトイレに行くようになってしまいます。その結果、たくさんのおやつがほしいがために、小分けにしておしっこを出すことにより、トイレ回数が増えてしまうのです。

犬は賢い動物なので、このように悪知恵を働かすことがよくあります。このような悪知恵を許してしまうと、エスカレートすることもありますので、早めに対処するようにしましょう。

4.病気の可能性

後に詳しくご紹介しますが、上記のような理由が考えられない場合、何らかの病気を発症している可能性が疑われます。おしっこの回数が多くなった時に考えられる病気は、以下の通りです。

  • 腎臓病
  • 糖尿病
  • クッシング症候群
  • 尿崩症
  • 膀胱炎
  • 尿路結石

おしっこの回数や、1回に出るおしっこの量、さらに最近の様子などから、どの病気に当てはまるのか判断することも可能ですが、やはり正確に病気を検査してもらい、正しく治療する必要があります。

中には糖尿病など、そのまま放置してしまうと命にかかわる可能性のある病気もあります。「最近、おしっこの回数が増えてきたな」と感じたら、念のため、一度かかりつけの動物病院で診察してもらいましょう。

愛犬のトイレが近すぎる…これって問題?

トイレシーツの上に乗る子犬

先ほどもお話しした通り、夏場や冬場といった水を多く飲む機会が増える時期であれば、基本的には問題ありません。飲み過ぎた水分を排泄しているだけだからです。

しかし、病気や老化が原因となって、おしっこの回数が増えている場合は、なるべく早く検査や診察をしてもらい、それぞれの症状に合った治療をしていくことが望まれます。

おしっこやうんちなどの排泄物は、犬の健康を知るバロメーターでもあります。そこに飼い主が少しでも違和感を感じたのであれば、迷わずかかりつけの動物病院に相談してみてください。

重症化する病気の場合は、早期発見によって、病気を完治させることも可能です。また、愛犬のストレスや体の負担のことを考えても、早めに検査してもらい、治してあげるべきでしょう。

まとめ

印刷される犬

いかがでしたでしょうか。犬のおしっこの回数が増えた時は、まず愛犬の様子を観察してみてください。違和感があるようであれば、病気の可能性が疑われるため、すぐにかかりつけの動物病院で詳しく診察してもらいましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。