犬の糖尿病の症状・原因・治療法について

犬の糖尿病の症状・原因・治療法について

我が家は3匹の多頭飼いで、生活習慣病とも言われている犬の糖尿病について以前から興味があり、今回あらためて勉強してみました。人間と違って、不調を訴えてはくれないので、飼い主がしっかりと健康管理しなければいけないと痛感しました。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の糖尿病とは、どんな病気か

注射

  • インスリン産生の減少
  • インスリンを消費しずぎる
  • グルコース(糖)を、体内で利用できなくなる内分泌疾患です。

糖尿病になりやすい犬種は、肥満・非避妊犬です。

犬の糖尿病発症年齢は、7歳から9歳ごろになりやすいといわれています。

犬の糖尿病の種類について

  • Ⅰ型糖尿病→インスリンの分泌が不足している状態で、免疫が関連しているといわれています 。(インスリン依存性糖尿病【IDDM】ともいう)
  • Ⅱ型糖尿病→シンスリンは生成されるが、十分には生成はされません。(インスリン非依存性糖尿病【NIDM】ともいう)

犬の糖尿病の怖さについて

治療しないまま放置してしまうと、急激に白内障を起こしてしまったり、体内のpHバランスがくずれてしまいショック症状を起こしたりします。細菌感染の抵抗力が低下してしまい、”膀胱炎などの感染症を起こしたり、ケガをすると治りにくくなってしまいます。最悪の場合には亡くなってしまいます。

犬の糖尿病の症状について

  • 食欲増加
  • 口が渇くので、大量に水をほしくがる
  • 体重減少
  • 頻尿
  • その他
    脱毛
    皮膚感染
    白内障
    無気力
    尿路感染症
    毛が固くなる

犬の糖尿病の原因について

  • 肥満
  • 遺伝的な要因
  • 運動不足

犬の糖尿病の早期発見方法について

水の飲む量がいつもとちがっていたり、尿の量が多い、頻尿といった症状がでたら、病院へ行きましょうね。

犬の糖尿病の治療方法について(一度かかってしまうと、完治はしない病気です)

  • ”インスリン療法”で、血糖コントロール
  • 食事管理療法
  • 運動療法
  • 体重管理

犬の糖尿病の今後の生活について

糖尿病

毎日インスリンを皮下注射して、生活をしていきます。効果がでるのは、だいたい注射後3時間くらいで、18~24時間持続効果があります。ただし、インスリンにもさまざまな種類がありますので効果の持続時間や、効果が最大に現れる時間はインスリンの種類や打つ回数によって変わります。

インスリンの注射量は、多くても少なくてもいけないです。多すぎると、低血糖発作を起こしてしまうし、少なすぎると、血糖値が十分に低下しない状態になるので、注射の効果の意味がなくなってしまいます。

最後に、日ごろから気を付けたいことは、なにがあるのか

  • 毎日の食事管理
  • 毎日の運動管理(”肥満予防”をしていってください)
  • 犬の飲水量は、目安として1キロあたり1日50ml
  • 犬の尿量は、体重1キロあたり1日20~40ml

体重管理について

体重管理ドッグフード

急に体重を減らすのではなく、徐々に体重を減らしていきましょう。

運動管理について

  • 毎日同じ時間に運動をする
  • 毎日同じ量の運動をする
  • 毎日同じ量の運動時間にする

終わりに

犬の病気を防ぐのは、やはり”飼い主の愛犬健康管理”が一番ということが、よくわかります。かわいいからといって、人間の食べ物をちょくちょく与えてしまうと、肥満になり、糖尿病になる可能性が高くなるので、かわいいのであれば、人間の食べ物をちょくちょくあたえるのをやめることが、愛情なのかなあとも感じました。

我が家は、3匹の多頭飼いなので、それぞれが病気にならないように、しっかりと愛情をもって、生活管理をしていきたいと思います。

糖尿病の管理食もあるので、一部サンプルとして載せます。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。