犬用マットの種類を知ろう!使い方やメリットまで

犬用マットの種類を知ろう!使い方やメリットまで

最近では犬用ベッドなどと共に、犬用マットが販売されているのを多く見かけます。なぜ犬用マットが必要とされているのでしょうか。そこで今回は、どのような時にどのようなものが便利なのかを含め、犬用マットの必要性と失敗しない選び方について紹介したいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬用マットの種類と機能

犬用マットに寝転ぶチワワ

現在「犬用マット」として販売されているものは、大きく二つに分かれるようです。

  • ペットサークルの中や犬が生活するスペースに使用する
  • 犬がベッドとして使用する

一つ目は、ペットサークルの中や犬が生活するスペースにひくためのマットです。犬を飼っている皆さんは、犬の爪などで傷ついた床や汚れなどが気になったことがあると思います。また、フローリングなどの床の上を愛犬がすべって歩きにくそうにしているのを心配したこともあるかと思います。

犬が長年歩きにくい床を使用していると「股関節脱臼(こかんせつだっきゅう)」や「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」になってしまう場合があります。このような場合は、滑りにくいカーペットタイプの犬用マットを使用することをオススメします。

二つ目は、犬がベッドとして使用できるやわらかなタイプのマットです。ハウスなどの下にひいたりして使用します。このタイプの犬用マットには、介護機能にすぐれたものや夏の暑さを和らげてくれるもの、冬の寒さ対策に適応するものなどもあります。

また、犬用マットは犬用ベッドと違って持ち運びにも便利なので、愛犬と一緒に出かけるときやペットホテルを利用するときに簡単に持参することができます。外出先の見知らぬところでも、犬は自分の臭いのついているものが身近にあると安心します。普段使っているおもちゃを持参するのも良いですが、小さいので犬が安心するほどの臭いが感じられるとはいえません。犬用マットを持参すれば、愛犬が外出先で落ち着くことができるので、大変助かります。

犬用マットを使った温度調節

扇風機と犬

夏の犬用マットを使った温度調節

  • 通気性に優れた犬用マット
  • 保冷剤を入れる犬用マット:保冷剤を食べないように気をつける
  • 水で濡らしたマット:衛生面を気をつける

日本の夏は高温多湿で犬たちにとって辛い季節です。この季節はアルミや大理石、通気性に優れた高機能の素材などでできた犬用マットが活躍します。暑い夏、エアコンがなくてもクールタイプの犬用マットがあれば愛犬も気持ちよく過ごすことができます。

保冷剤を入れるタイプの犬用マットもありますが、犬がかじって保冷剤を破って食べてしまったりと心配な場合があります。水で濡らしたマットを使用することもできますが、こちらは衛生面が気になります。

冬の犬用マットを使った温度調節

  • 電気を使わない保温効果のある犬用マットがいい
  • 電気で暖めるヒーター:コードをかじらないように注意する

冬の寒い季節は、電気を使わない保温効果のある犬用マットが活躍します。特殊な素材を使い、犬の体温で暖めるものが良いようです。厚みがあると、フローリングなどからの冷気もシャットアウトしてくれます。電気で暖めるヒーターなどは、犬がヒーター部分やコードをかじって危険なことがあります。電気を使わないタイプの犬用マットならば、冷える夜やストーブが点いていない時のお留守番にも安心です。

犬用マットを使う時のポイント

犬用マットをハウスやケージの中に敷く時
  • 床面積の半分ぐらいの大きさにする
  • 冷たい所、あったかい所など温度の差を作る

ちなみに、ひんやりタイプの犬用マットもあったかタイプの犬用マットもハウスなどの中に敷く場合、床面積の半分ぐらいの大きさにします。特殊加工した犬用マットは、要求に関係なく暖めたり冷やしたりするので、犬に逃げ場を必ず作ってあげる必要があります。ハウスなどの中ではなく、犬が自由に移動できる空間に敷くのであれば、犬用マットの大きさを気にする必要はありません。

犬用マットを利用した高齢ワンコの介護方法

 シニア犬

  • 寝返りがしやすい犬用マット
  • 体にかかる圧力を分散させるマット
  • 床ずれ防止の持ち手の付いた犬用マット

犬が高齢になってくると、ほとんど動かず一日中同じ場所で寝ているようになります。このようなシニア犬には縁のあるベッドよりも、寝返りがしやすい犬用マットが快適なようです。

通気性があり、高反発力のある素材で体が沈み込まない状態で、体にかかる圧力を分散させるように設計されている高機能の犬用マットは、値段は張りますが、起き上がったり寝返りしたりといった動作が楽に行えるようです。

また、大型犬のシニア犬の介護には、床ずれ防止の移動を飼い主が楽にできるように、持ち手の付いた犬用マットもあります。持ち手があると、犬ごと動かせるので便利です。介護用犬用マットは、一日中ベッドで過ごすシニア犬が快適に過ごせ、飼い主にとっても介護が楽になる優れものです。

犬の床ずれについてはこちら↓

犬用マットのメリット

コーギーと犬用マット

  • 丸洗いできる
  • 抗菌加工や消臭機能
  • 激しく動いてもズレにくい
  • 夏用マットは犬の体温を下げる
  • 冬用マットは保温機能がある
  • シニア犬は介護用マットで快適に過ごせる

犬用マットは普通のカーペットと違い、丸洗いできる素材のものがほとんどです。撥水加工が施してあるものも多く、オシッコなどで汚してもすぐに拭き取ってしまえば清潔に保てます。また、抗菌加工や消臭機能のあるものがほとんどで、嫌な臭いの発生も防げます。さらに犬が激しく動いてもズレにくいように加工されていたりと、犬と飼い主が快適に過ごせるような機能もプラスされています。

犬がベッドとして使用できるタイプのものは、夏の暑さに対応して犬の体温を下げてくれるものや冬の寒さに対応して床からの冷気をシャットアウトしてくれるもの、犬の体温を利用して暖かさを保てるように工夫された犬用マットなどがあります。また、シニア犬にはベッドよりも犬用マットの方が過ごしやすく、シニア犬の介護のための高機能素材を使った犬用マットもあります。

おすすめの犬用マット10選

HeroDog ペットマット 犬 ペットベッド クッション 4カラー6サイズ選択可(グレー XS)

HeroDog ペットマット 犬 ペットベッド クッション 4カラー6サイズ選択可(グレー XS)
1,976円(税込)

超小型犬用のXSから大型犬用のXXLまで、6種類のサイズがそろっています。色もグレー、ブラウン、ブルー、レッドの4色から選べます。やわらかいフランネル地で、わんちゃんの寝床にピッタリです。裏面は滑り止めになっています。中綿が入っていてクッション性があり、防寒効果も期待できます。通気性も良好です。洗濯機で洗えますので、清潔に保つことができます。寝る前にわんこがホリホリしてもけば立たず、丈夫なので、サークルやクレートに敷いてあげるのにいいですね。


Yihiro ペット用ベッド・マット クッション(ブラウン・L)

Yihiro ペット用ベッド・マット クッション(ブラウン・L)
1,599円(税込)

幅50cmのSサイズから100cmのXLサイズまで展開しています。カラーはピンク、ブルー、ブラウンの3色から選べます。こちらもフランネル素材で、わんこが暖かく眠ることができます。密度の高い繊維でできているので、ふわふわで心地よいマットです。通気性も良いです。洗濯機で洗え、色あせが少ないので、長く愛用できます。わんこのお気に入りの場所を作ってあげるのにピッタリです。ドッグカフェなどに行くときの敷物としても役立ちます。


ペティオ (Petio) 老犬介護用 床ずれ予防ベッド 中型犬用

ペティオ (Petio) 老犬介護用 床ずれ予防ベッド 中型犬用
5,437円(税込)

シニア犬の床ずれ防止用マットです。大、中、小の3サイズから選べます。高齢で横になっていることが多い、または寝たきりのわんこのために作られたマットです。コットン100%のパイル地で、肌触りが良く、ウレタン2層構造になっているので、弾力性があり、体圧が分散され、寝ているときの圧迫を軽減します。四隅に持ち手がついており、大きなわんちゃんの寝返り補助が楽にできます。室内を移動するときも便利です。抗菌、消臭加工でいつも清潔です。手洗いも可能です。


エコクーラー Tomameri ペットマット ひんやりマット

エコクーラー Tomameri ペットマット ひんやりマット
1,000円(税込)

暑さ対策に使える、冷感マットです。サイズはMとLから選べます。良質なジェルを使ったマットで、冷蔵庫などで冷やす必要がなく、わんこの体感温度を8℃下げることができます。適度な冷たさで、冷えすぎることはありません。暑い夜にも、ひんやりしたマットで、ぐっすり眠れますね。ひっかきや噛みに強いので、安心してサークルやクレート内にも設置できます。車でお出かけするときにも、便利に使えます。カバーは防水性があるので、わんこが粗相したときも、さっと拭き取れます。


wan nyan paradise ペット ぐっすり ふんわり ベッド(L, 茶)

wan nyan paradise ペット ぐっすり ふんわり ベッド(L, 茶)
4,080円(税込)

厚みがある、ふんわりしたマットです。よりベッドに近い寝心地が魅力です。M、L、XLの3サイズで、ゴールデンレトリバーのような大型犬にも対応しています。小型犬を多頭飼いしている方にも、おススメです。10cm~15cmと、普通のマットよりも厚みがあるので、シニア犬にも良いです。カバーは取り外しができ、洗えます。室内でのわんこのくつろぎスペースを作ってあげたいときにもおススメ。とにかくふわふわを愛するわんちゃんには、喜んでもらえます!


Kingstar ペット ひんやり マット クールマット

Kingstar ペット ひんやり マット クールマット
1,799円(税込)

丈夫な冷却マットです。二重構造になっていて、強度があり、留守番中や就寝中に犬が破ってしまうかも…と心配の飼い主さんにおススメです。万一破ってしまっても、中のジェルが無害なので安心です。冷蔵庫で冷やさなくても、接触することで、体感温度が8℃ほど下がります。お出かけ時にはそれほど暑くなかったから、クーラーをつけてこなかった!という時でも、このマットを敷いておいてあげれば、わんちゃんが涼しく過ごすことができます。車での外出時にも便利です。わんちゃんだけでなく、飼い主さんの足元を冷やすのにも使えますので、1つ持っていると便利かもしれません。


【OTOFLY】ペット ひんやりシート 90*50cm

【OTOFLY】ペット ひんやりシート 90*50cm
1,499円(税込)

こちらの冷却マットは、幅40cm、65cm、90cmの3サイズ展開です。冷蔵庫で冷やす必要がなく、接触することで、体感温度を7℃下げてくれます。アメリカのブランドで、100か国以上で愛用されていますので、品質は間違いないと思います。使わないときには三つ折りにでき、収納に困りません。カバーは上質なナイロン製で、わんこが噛んだりひっかいたりしても、破れません。愛犬のケージなどに入れておくのにピッタリです。お出かけにも持っていけますね。


ドッグケアマットMサイズ(一般用) オレンジ

ドッグケアマットMサイズ(一般用) オレンジ
9,720円(税込)

介護用にも使える犬用マットです。SサイズからLDXサイズまでの3種類から選べます。空気層が96%と高いので、通気性が良く、夏は蒸れずに、冬は暖かく使うことができます。適度な反発力があり、わんこの体が沈み過ぎず、起き上がるときに足腰に負担がかかりません。どの年齢でも幅広く使えるので、わんちゃんのお気に入りの寝床にピッタリです。抗菌性能も高く、繊維くずが出にくい素材なので、ダニの心配もありません。汚れたときは洗えますので、いつも清潔に保つことができます。


ドギーマン 電気のいらない暖か、ほこほこ保温マット M

ドギーマン 電気のいらない暖か、ほこほこ保温マット M
2,380円(税込)

床からの冷気を遮断する素材で、わんちゃんが暖かくいられるマットです。ボア素材なので、肌触りも良く、ふんわりしています。裏面に滑り止めがついているので、フローリングの上に敷いても、ズレる心配がありません。リビングなどに、わんこの居場所を作ってあげたいときなどに便利ですね。電気を使わないマットなので、火事や感電の心配もありません。保温シートをとり出せば、洗濯できますので、汚れても大丈夫です。お出かけ用のマットとしても使えそうですね。


ペット用 毛布 2win2buy

ペット用 毛布 2win2buy
1,399円(税込)

商品名は「毛布」ですが、マットとして使います。サイズはSからXLまでの4サイズ、カラーはピンクとブラウンの2色から選べます。フランネル素材で軽く、それでいて保温はしっかりしてくれます。わんこのベッドの上に敷いたり、キャリーの中に入れたり、色々な場面で使えます。細菌やダニの増殖を抑え、お洗濯もOKなので、衛生面もバッチリです。大きいサイズは、人間用のひざ掛けにも使えますので、わんことおそろいで買うのもいいですね。


犬用マットのまとめ

パグと犬用マット

大きな犬用マットは、サークルの大きさに合わせて切り取れるような素材でできています。また、小さなサイズを組み合わせてピッタリのサイズで使えるように工夫されている犬用マットもあります。

いずれの犬用マットも上手に使えば、愛犬と飼い主にとってとても便利なものです。いろいろな場所で犬用マットを上手に使い、愛犬との楽しい生活を快適にしていきたいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ちょびこ

    一時期なぜか犬のマット集めにハマってしまって、かわいい柄のものとかもこもこで触り心地のいいものとか色々買ってしまいました(^-^;暑さを軽減するためにアルミタイプのものを買ったこともあるんですが、乗ることすら嫌がってしまい結局ほぼ使わない状態でしまいこんであります。ジェルマットもどうも落ち着かないのか何度も座りなおしたり寝直したりして、結局マットから降りて普通にフローリングで寝たり。接触冷感タイプのものは寝てくれますが、よく考えたら犬にとって接触冷感ってどれくらい効果あるんでしょうね?温かいタイプのものはすごく好んで乗ってくれます。やっぱりぬくぬくしているところは大好きで、しっかり丸まって寝てくれています♪
  • 投稿者

    30代 女性 zzz

    夏場の暑い日は、クーラーを入れていても暑いのか、ひんやりジェルシートみたいなペット用マットを用意しているのですが、うちの愛犬は、主人の人間用のクールジェルシーツを愛用しています。ペット用のものよりも人間用のモノの方が面積が広く、ジェル部分も厚みがありぬるくなりにくいようです。
    しかしある日人間用のクールジェルシーツを畳んで置いておいたら、案の定愛犬はその上でひんやりすやすや気持ちよさそうに眠っていたのですが、体が冷え過ぎてしまったようで気管支炎になってしまいました。
    他のものは人間用で流用できる場合がほとんどですが、クールジェルシーツに関しては、人間用のものは、体が小さい犬には効果がありすぎだったようです。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    我が家はゴールデンレトリバーを飼っていますが、現在14歳になるまでフワフワの厚手のマットを使用した事がありません。1番洗いやすくて硬過ぎず、立ち上がりも踏ん張れるのに良いものは《長めのキッチンマット》だと気付き、何枚かを並べて使用して汚れたものだけ洗っています。キッチンマットにも様々なものがありますが、肘だこが出来ないように少しフンワリ感があるもので洗濯しやすい素材を選んでいます。お陰様で14歳になる今でも、しっかり立ち上がる事が出来ますし、マメに洗えるので衛生的にも良いと思います。冬場の寒い時期には、そのマットに毛布を乗せてあげると、自分で温度調節出来るようです。その子その子でマットにも相性があると思いますので、飼い主が快適なものを選んであげたいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ダックスの男の子と暮らしています。
    犬用マットはいろいろな種類があり、季節が変わる度に新しい機能や柄の物はないかな~とついショップを覗いてしまいます。

    夏用として、アルミのペット用マットを買ったことがありますが、質感が嫌なのか、上に乗る物という認識がないのか、一度も使ってくれませんでした。こういうワンコは多いようですね。
    現在、ニトリのエヌクールのハーフケットを使っています。
    小型犬なので、ハーフケットがちょうどいいサイズになります。
    片面がひんやり素材、裏面はパイル素材になっていて、気温や気分によって使い分けているのか、毎回ほりほりしながら、カスタマイズして使っています。
    クールジェルマットも試したことがありますが、柔らかい質感が好きではないようでした。

    移動用のバッグの下には、介護の床擦れ防止の高反発スポンジを敷いています。東京ハンズなどで売られている人間用の物で、最適な大きさにカットして使うことが出来ます。
    脚の関節と腰を守るためにも、ダックスなどの胴長短足の犬種やシニア犬に、このスポンジはお勧めです。

    冬用については、フリース素材など、ふわふわモコモコとしたものが好きですね。
    ダックスは無類の布好きと聞いたことがあります。
    愛犬もまさにそうで、自分用のマットはもちろんのこと、バスマットやキッチンマット、毛布、タオルケットなど、家族のものでも新しい布製品は大好きで、すぐに自分の物にしています。

    なお、肌が弱くて湿疹が出来やすいワンコは、マットやタオルを洗う洗剤を変えると良くなることもあるそうです。
    愛犬もよく湿疹が出来るため、対策をいろいろとしていますが、愛犬用のマットやタオルを洗う際は、蛍光剤、漂白剤、着色料無添加の洗剤を使っています。この効果がどうか、はっきりと証明は出来ていませんが、洗剤を変えてから湿疹は出来ていません。
    肌が弱くてマットやタオルの素材を厳選している飼い主さんは、洗剤も変えてみると少し効果があるかも、、、と思います。
  • 投稿者

    40代 女性 RYUCH

    我が家では人間のベッドのシーツを季節ごとに変える時に犬用のマットも変えるようにしています。梅雨頃から蒸し暑くなってくるので接触冷感とか通気性のいいもの変えるので犬用のマットも夏用のものに切り替えます。真夏用にアルミシートのようなものも買いましたが、乗り心地がよくないのかほとんど乗らず、それをベッドに敷いているときはベッドで寝ずにフローリングに直接寝ていました。フローリングも冷たくて気持ちいいんだと思うのですが。というか真夏は暑すぎるのでエアコン入れっぱなしなので逆に家の中はかなり涼しく快適なのでそこまで冷たいマットでなくていいみたいです。冬はもっこもこのものを用意しているのですが、とても気に入っていて鼻をうずめて気持ちよさそうに寝ています(^^♪
  • 投稿者

    40代 女性 てとめる

    毛布、マットはうちも利用していますね。やはりシニア犬になって足腰が弱ってきたのでフローリングになっている部分には全てマットを敷きました。毛布は寝床にいつも敷いています。マットは飼い主であるわたしも歩いていて膝に負担がかからないし滑らないなあなんて実感出来ているので愛犬にも良いんじゃないかと思っています(^_^)毛布は寝床とは言え、汚れやダニ、ノミなんかも気になるので週に一度は洗っていますね。昔、毛布みたいなタイプの暖かいマットを買いましたがコンセントなんかもついていたので清潔感が保てず結局、捨ててしまったのですがこの記事にある保温マットはコンセントも使わないので良さそうですね。買ってみようと思います。
  • 投稿者

    20代 男性 ぶち

    愛犬が老犬になってきて厚手のマットを使うようになりました!うちは犬用ではなく、子供が使うマットを敷いています。パズルみたいに組み合わせて敷いていくマットなので汚くなったところは、その部分だけ取り替えたりしています。ただフローリング部分も残してあげないとひんやりしたところに行きたい時に困ってしまうので、ある程度の部分だけ敷いてます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。