ラディカは犬用キャリーバッグのおすすめグッズ!災害の備えにも

7104view

ラディカは犬用キャリーバッグのおすすめグッズ!災害の備えにも

近年は犬用のグッズがたくさんありますよね。近年はワンちゃん達も飼い主さんと沢山出かけられる場所があり、お出かけ用の様々なグッズがありますよね。そのお出かけ用グッズで特に必要なものは犬用のキャリーバッグかと思います。犬用キャリーバッグについて少しでも参考になれば幸いです。

犬とキャリーバッグ

近年はワンちゃん達と一緒に出かけられる場所が沢山ありますよね。

我が家でもワンちゃんと一緒に出かけられる場所にはよく一緒に行きます。そのため、犬用のお出かけ用グッズをペットショップなどでも沢山見かける飼い主さんは多いかと思います。

特にキャリーバッグはどの飼い主さんも持っているかと思います。我が家でもワンちゃん用のキャリーバッグは用途に合わせて二種類持っています。

犬用のキャリーバッグについて少しでも参考になれば幸いです。

犬用のお出かけグッズといえば、携帯用ボトル、水入れ、ゴミ入れなど様々ありますよね。その中でもワンちゃん達と一緒にお出かけする際に必要となってくるのが犬用のキャリーバッグかと思います。

キャリーバッグもペットショップなどに行くと沢山あるので、どれが良いか悩んでしまう飼い主さんも多いかと思います。

犬用キャリーバッグの必要性

犬用のキャリーバッグは、日々のお出かけなどに使うため多くの飼い主さんが持っているかと思います。

しかし、キャリーバッグはお出かけだけではなくその他必要になることが沢山あります。

災害時の犬用の部屋

災害が起きた際などワンちゃん達も一緒に避難することがあります。その際犬用のキャリーバッグがあることで一緒に避難できることもあります。

災害時にワンちゃん達を置いていくことはワンちゃんを家族の一員と思っている飼い主さんにとっては耐え難いことですよね。

我が家でもキャリーバッグは二種類あるのですが、一つは外でも使用しやすいような使用のキャリーバッグを用いています。

そして、我が家のワンちゃんがいつでも安心して入れるように日頃からキャリーバッグをお気に入りになってもらい、すぐにハウスで入れるようにしています。

動物病院に行く際の安心の場所

どんなに健康なワンちゃんでもある程度年を取れば動物病院に行くことも増えるかと思います。

ワンちゃん達にとっては動物病院は知らない場所であり、また様々な治療や処置を行うことによってワンちゃん達は恐怖を感じたり、病院が嫌になってしまうワンちゃんも多いかと思います。

その際に幼い頃より使ってきたお気に入りの犬用キャリーバッグがあればワンちゃん達も少しでも安心して動物病院に行くことが出来ます。キャリーバッグはただ単にワンちゃん達の移動の道具だけではなく、落ち着ける場所となることはとても大切なことですよね。

犬用キャリーバッグの選び方

先ほどもお伝えした様に犬用のキャリーバッグはただ単にワンちゃん達の移動の手段の道具だけではなくワンちゃん達が落ち着ける場所にもなります。

少しでもワンちゃん達が落ち着ける様な犬用のキャリーバッグを飼い主さんは選んであげたいですよね。

持ち運びがしやすいもの

犬用のキャリーバッグはワンちゃん達が落ち着けるのはもちろんのこと飼い主さんも一緒にお出かけしやすいもよが良いですよね。

どんなに良いものでも飼い主さんが一緒にお出かけしにくくては使うのが難しいかと思います。
我が家ではワンちゃんも落ち着ける使用、そして飼い主さんが使いやすい使用になっているものを用いています。

用途に合わせて二種類あるのですが、どちらもとても使いやすく、そしてワンちゃんもお気に入りのため喜んで自ら進んで入っていきます。

用途に合わせて用いれる犬用キャリーバッグ

我が家では犬用のキャリーバッグを二種類用意しています。

これはワンちゃんとお出かけする際に、その行く場所に合わせて用途が異なるため使いやすいものを用いることにしています。

●災害時にも使える自立直立犬用キャリーバッグ

一つは災害時の際にも使える様にと日頃よりゲージの中に入れてあります。

こちらは立てかけられる形で、移動の際も肩掛け及びリュックとして用いられるため、飼い主も重宝しています。

●簡易お出かけ用犬用キャリーバッグ

簡易お出かけ用犬用キャリーバッグ

もう一つは、近場など少しのお出かけに必要なものを入れられ、すぐに出かけられる肩掛け専用のキャリーバッグです。

こちらちは、災害時に犬用のグッズがすぐに運べる様にご飯も含めて常にストックしておく物を入れてあります。

ケージ内にキャリーバッグ

こちらは肩掛けで形も決まっていないため、自転車などで出かける際など形にとらわれず移動出来る点はとても重宝しています。

犬用キャリーバッグのメリット

犬用のキャリーバッグを用いることは様々なメリットがあります。そして、場所によってはキャリーバッグを用いらなくてはいけない場所もありとても大切になってきます。

公共機関におけるマナー

電車やバスなどの公共機関を用いる際は必ずワンちゃん達は必ず犬用のキャリーバッグに入らなくてはいけません。これは、ワンちゃん達が公共機関を利用する上で最低限のマナーです。

大きいワンちゃんにとっては、キャリーバッグに入って一緒にお出かけすることは大変かと思います。
しかし、公共機関を利用する際は犬のアレルギーや苦手な人もいるため、それらのことを考えて、犬の飼い主さんが気をつけなくてはいけません。

災害時のワンちゃん達の落ち着ける場所

日頃より犬用のキャリーバッグに慣れていてもらえると、災害時などにおいてはキャリーバッグに入っていれば一緒に避難出来ることもあります。

また、避難した際に危険から大切な家族の一員であるワンちゃん達を守るためにも必ず犬用のキャリーバッグに入って貰うことは大切になってきます。

そして、ともに避難する際など見知らぬ場所に行ってもワンちゃん達がいつもと同じ様に安心していられる場所があるということはとても大切になってきます。

このため、日頃より犬用のキャリーバッグは日頃からワンちゃん達が慣れていて、落ち着ける場所になっていてもらえることが大切となります。

お勧めの犬用キャリーバッグ

我が家で用いている犬用のキャリーバッグはラディカの犬用キャリーバッグです。

ワンちゃん達が安心出来る

ラディカの犬用のキャリーバッグを選んだ理由はワンちゃん達が入っても安心していられる様な布製の素材であるという点です。

そして、大きさも様々あり、広々としているため圧迫感がなく、我が家のワンちゃんも安心して入れるのでとても気に入りました。

飼い主も使いやすい形状

また、多くの犬用キャリーバッグは手で持つような形のキャリーバッグが多いのですが、こちらは肩掛けやリュックサックとして用いれる形の物がある点です。

ペットショップなどで多く見かけるプラスチック性の犬用キャリーバッグが多いのですが、手で持運びを行う形の物があれば便利で使いやすいと思っていた所こちらの犬用キャリーバッグを見つけたので決めました。

様々なバリエーションから選べる可愛い犬用キャリーバッグ


ボーダーウォークイン3WAYキャリー M ブラック(2)

ラディカには様々なバリエーションの犬用のキャリーバッグがあります。そのため、大きさだけではなく、形及び模様なども選べる点はとても重宝しています。

少し前までは犬用のキャリーバッグといえば質素な物でただ単に移動のためにワンちゃん達が入るものというような物で実用性のみを重視したものが多かったのですが、今では実用性だけではなくオシャレな物が沢山あるため、飼い主さんもお家のワンちゃんに合うもの、飼い主さんの日頃の持ち物に会うものなどが選べるのは非常にありがたいですよね。

まとめ

犬用のキャリーバッグは日頃からお出かけの際などにも使うようにするなど、これに入ると楽しいことがあるとワンちゃん達に思ってもらうことが大切になります。

そして、ただ可愛いだけでなく、実用性も兼ね備え、災害時にも用いれる物を選ぶ事が大切になってきます。

犬用のキャリーバッグは時にはワンちゃん達の避難所になるということも飼い主さんは忘れないでいることが大切かと思います。

大切なワンちゃんもそして、飼い主さんも共に使いやすく、お気に入りの犬用のキャリーバッグが見つかると良いですよね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 silan

    わたしもわんちゃん用のキャリーバックを持っています。ドライブや旅行など出かける時にあると何かと便利ですし、記事にもありましたように災害時なども役立ちますよね。たくさん種類や色やデザインもあるのでわんちゃんに合った物を選べますし絶対に持っていて損はないと思います。
  • 30代 女性 かおり

    犬用のバッグは、最近いろいろな種類が売られていて、自分の子に合ったものを選ぶのもなかなか難しい時があります。特に8kg前後の子は重みもかなりあるので、実際に実物を見てバッグに入れてみてから選べるといいのですが・・。この記事にあるように、いざという時に役立つように選びたいものです。
  • 30代 女性 くぅ

    私の家では、キャリーバッグは常に安心できる場所であってほしいため、私たちが過ごすリビングにいつも置いています。布製とプラスチック製の2つを持っていますが、うちの愛犬はプラスチックのしっかりとしたほうが落ち着きます。帰省の際、飛行機や車移動になるので、少しでも落ち着ける空間であってほしいため、リビングに置いてみたら、自分から入ってそこで寝てしまうほどくつろいでいます。今は移動中は、必ずといっていいほどキャリーバッグの中ではイビキをかいて寝ています(笑)
  • 40代 女性 羽心

    犬用のキャリーバッグは、近年様々なデザインが出てきていますね。我が家は大型犬なので、持ち運び用のキャリーバッグには入れられないのですが、実家のマルプーはちょっとしたお出掛けや、病院に行く際には喜んでキャリーバッグに入っています。災害時にもきちんと入れるように、日頃から慣れさせる事が大切だと思いました。
  • 30代 女性 なごみ

    キャリバックは、大きさや素材便利さなどを考えてやっと私と愛犬に合うキャリバックが見つかりました。使いづらいタイプやネットで購入したら愛犬が大きく入らなったものがあり、失敗してしまった事もあります。
  • 40代 女性 ぱん

    キャリーバッグを購入後は、日常的に使って犬に慣れてもらうことが必要ですね。
    わたしの家族は愛犬たちのために、キャリーバッグや犬用カート、自転車に取り付け可能のカゴなど色々と用意しています。
    これらは地震などいざという時のために、とても大切ですよね。
    そして犬たちが安心できて便利、なおかつ災害があった時のことを考えてキャリーバッグを選びたいものです。
    実際災害のとき、避難所内に犬を入れてくれないところもありました。
    犬が苦手な方もいますし、犬のなき声が気になる方もいるとのことです。
    そのような場合、わたしたちは愛犬と肩身の狭い思いをしてその場所にいるか、もしくは愛犬を連れて外に出ることになるかもしれませんよね。あまり考えたくないことですが、犬にとって心地よい環境を与えてあげることを考えて日頃からキャリーバッグを用意しておくことをおすすめします。

    また犬用のキャリーバッグを手作りされる方も多いようです。
    裁縫が得意な飼い主さんでしたら、愛犬のために愛情をこめて作ってあげるのも素敵ですよね。
    とくにデニム生地で作成したものはおしゃれで、しっかりとしたバッグが出来上がります。
    作り方はネットで”犬用キャリーバッグ 手作り”などと検索するとたくさん出てきます。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。