てんてこ、てん。【第56話】「てんの脳内事情②」

てんてこ、てん。【第56話】「てんの脳内事情②」

【…★隔週土曜更新★…】元気盛りの保護猫9匹と、突然現れたのんびりおっとり、シニアの天然保護犬『てん』との凸凹エッセイ漫画。今回は、てんが音に敏感になってしまったお話その②です。

お気に入り登録
てんてこ、てん。第56話1枚目
てんてこ、てん。第56話2枚目
てんてこ、てん。第56話3枚目
てんてこ、てん。第56話4枚目

てんのパニック状態を目の当たりにした当初は、どんな音に反応するのかが全く分からなかったので、日々の生活音に対しかなり神経質になっていました。

だけど、猫たちにはそんな思いが伝わる筈もなく、ケンカしたり駆け回ったりと、所構わず騒音を立てまくる毎日。

その音で、またいつパニック状態に繋がるかと冷や冷やしていたのですが…

てんの目の前で乱闘騒ぎを起こしても、突然高い所から降ってきても、てんは微動だにせず、それどころか時には自分も混ぜてくれと言わんばかりに猫たちを追いかけることも。

…もしかして、鈍い音には反応しない?てんを観察していると、次第にどんな音に反応しているのかが分かってきたのでした。

てんの脳内事情、次回最終章です。年内最後の配信となりますので、是非見て下さいね!

てんてこ、てん。の他の話を見る

作者:Mika

■Instagram:https://www.instagram.com/atelier_momoan

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 けんちゃんちゃんまま

    うちの柴犬は17歳です。一年くらい前から認知症の傾向が現れました。段々出来ない事が増えてきましたが、逆に以前は出来なかった抱っこや添い寝が出来るようになったり、大嫌いだった病院にいっても全く騒がなくなりました。受診の回数が増えているのである意味助かっています。元気で長生きして欲しいばかりです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

今回の「てんてこ、てん。」を読んだ感想を聞かせてください(*^_^*)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。