犬の散歩に必要な持ち物リスト!あると便利なグッズも紹介

犬の散歩に必要な持ち物リスト!あると便利なグッズも紹介

犬の散歩にはいくつか必要な持ち物があります。いざという時に困らないようあらかじめ準備しておくと安心ですよね。この記事では散歩の必需品やあると便利なグッズ、散歩の注意点をご紹介します。

犬の散歩に必要な持ち物リスト

グッズ

犬を飼い始めたばかりだと、犬の散歩に持っていくものに迷うこともありますよね。首輪やリードはイメージしやすいですが、快適な散歩のために飼い主さんが用意しておきたいマナーグッズもあります。

ここでは、散歩に出掛ける前にこれだけは用意しておきたい散歩にいるものをご紹介します。

リード

リードとは散歩ひものことで、散歩の際には必ず必要なものになります。犬の大きさによっても引っ張る力が違うため、とっさの犬の行動にも対応できる強度で、飼い主さんの手に馴染むものを選ぶと良いでしょう。

広い公園や広場などで散歩をする機会がある場合は、伸縮性のリードを持っておくと犬をのびのび走らせてあげることもできて便利です。

首輪かハーネス

犬の体につけ、リードをつないで使用する必需品です。

首輪は飼い主さんの指示が伝わりやすいため、しつけ中の犬に最適です。ハーネスは胴回りに装着するため、犬が引っ張っても首に負担がかかりにくくなります。犬の特性に合わせてどちらかを選ぶようにしましょう。

うんち袋(エチケット袋)

散歩中に排泄をする習慣のない犬でも、うんち袋は必ず持っていくようにしましょう。お腹の調子が良くない等の理由で何度か排泄をする場合もあるため、袋は多めに持っておくと安心です。

うんちを処理した後の袋を入れておくためのマナーポーチもあると、臭いを気にせず散歩することができます。

水の入ったペットボトル

散歩中におしっこをした時は、ペットボトルの水をかけて洗い流し、トイレシートで水分を拭き取るようにしましょう。生活圏内で散歩をする場合のマナーになります。

土や草むらでのおしっこの場合は、水で流すだけでも問題はありません。専用のボトルも販売されていますが、洗った食器用洗剤の入れ物でも代用が可能です。

懐中電灯やライト

夜の散歩の際には、懐中電灯やライトを持っていくようにしましょう。

車や自転車から犬は見えにくいため、事故に遭ってしまう可能性もありますが、ライトがあれば犬の存在を相手に知らせることができます。犬の首輪に付けられる小型のLEDライトも販売されています。

犬の散歩であると便利な持ち物

リードを咥える犬

散歩の際の必需品をご紹介してきましたが、他に持っておくと便利なものもあります。基本の散歩グッズを揃えたら、犬の性格や性質に合ったものを準備してみてはいかがでしょうか。

ウェットティッシュ

散歩終わりに汚れた足や体を拭いたりするために使用します。特に室内犬の場合は、家の中にほこりや細菌を持ち込まないためにも汚れを落とすことは習慣化すると良いでしょう。

犬に刺激のあるものが使われていない、わんちゃん用のものも販売されています。

トイレットペーパー

排泄時に犬のお尻を拭いたり、うんちを拾ったりする際に使用します。使った後はそのままトイレに流せるため処理もしやすいですし、最近では持ち歩き用のホルダーもあるようです。

新聞紙

犬が排泄しそうなタイミングですかさずお尻の下に敷くと、地面を汚さずにうんちを処理することができます。そのままくるんで持ち帰ることもできます。

虫除けスプレー

虫がいる季節には、虫除けスプレーがあると便利です。川辺や草むらにはフィラリアを媒介する蚊等の虫も多いので対策しておきたいものです。

犬の体に直接スプレーするタイプのものがほとんどですが、首に装着するタイプのものもありますので、体に直接振りかけるのに抵抗がある場合はそちらを使用しても良いでしょう。

おもちゃ

散歩の途中ではなく、広場や公園で使用するためのものです。フリスビーやボールといったおもちゃを持っていくと、飼い主さんと犬が一緒に楽しむことができるため犬の散歩への満足度も上がることでしょう。

犬のおやつ

散歩をしながらしつけをする場合、ごほうびとしておやつを使うこともできますし、吠えグセや引っ張りグセのある犬であれば、こちらに注意を引くために使うこともできます。

与えすぎは犬の体のためにも良くありませんので、使用する分を小分けにして持っていくと良いでしょう。

お散歩バッグ

散歩に必要なものをまとめて入れられる大きさのバッグがあると、散歩の時も、家でグッズを保管しておく時も便利です。ショルダーバッグのような斜め掛けバッグであれば、両手も空きますし、より快適に散歩できるでしょう。

雨・雪が降っている時の犬の散歩であると便利な持ち物

レインコートを着た子犬

外でないと排泄してくれない、散歩に行かないと寝てくれない等、雨や雪が降っていても散歩に行かなければならない場合もあります。雨や雪の場合に、持っていたら便利なグッズをご紹介します。

犬用レインコート

雨で体が濡れるのを防ぐことができる犬用のレインコートがあると、びしょ濡れにはなりにくく、家に帰ってからのお手入れもラクになります。ウェアを着るのが苦手な犬には、さっと着せることのできるポンチョタイプのものも販売されています。

犬用の靴

犬用の靴を履いていれば、足が汚れにくいため帰ってからのお手入れもラクですし、雪の日には地面の冷たさから足を守ってくれます。

シリコン製など、防水性の高いものを選ぶと良いでしょう。普段から靴に慣らしておくと、いざという時にすんなり履いてくれるでしょう。

季節ごとの犬の散歩であると便利な持ち物

春夏秋冬

散歩に持って行きたい持ち物には、季節ごとに追加しておきたいものもあります。暑い季節や寒い季節に持っておくと便利なものをそれぞれご紹介します。

だんだんと気温が上がり、フィラリアを媒介する蚊やノミ、ダニ等の虫が増えてくる季節です。特に草むらや水辺には虫が多いため、虫除けスプレーを持っておくと良いでしょう。最近では、虫除け機能のある高機能素材の洋服も販売されています。

暖かくなってきても、まだ肌寒い日もありますので体温調節のため小さい犬は薄手の洋服を持っておくと安心です。

昼間は暑いため早朝や夜に散歩に行くことも多くなりますが、それでも暑いためマナーボトルとは別に飲み水を持参すると良いでしょう。こまめに水分を与えることで、熱中症予防にもなります。

犬用のネッククーラーやひんやりする洋服を着せても良いですし、中には保冷剤を入れられるものや、濡らすだけで冷たくなるものも販売されています。

夕方は虫も活発に活動するため、虫除けスプレーも忘れずに準備しておきましょう。

気温が不安定で日が落ちると急に寒くなったりすることもあるため、冬毛に生え変わりきっていない犬やシングルコートの被毛の犬、小さな犬などは洋服を準備しておくと安心です。

虫もまだまだいますので、虫よけスプレーも持っておくと良いでしょう。

普段暖かい室内で暮らしている犬は、急に寒い外に出ると体温調節がうまくできないこともありますので、特に小さな犬には、動きやすくて暖かい洋服を着せてあげると良いでしょう。

雪などで地面が凍っている場合もありますので、犬用の靴を準備しておくと冷えたり滑ったりするのも防ぐことができます。

犬の散歩での注意点

!マークと犬

散歩は犬にとって楽しみな時間ですが、快適な散歩にするために飼い主さんが守るべきルールやマナーも存在しています。ここでは散歩中に飼い主さんが気を付けておくべきことをご紹介します。

手ぶらでの犬の散歩はNG

犬の散歩中には、排泄をしたり吠えたり、犬の喉が渇いてしまったりと色々なことが起こる可能性がありますが、その都度飼い主さんの責任で対応しなければなりません。

手ぶらでの散歩は、排泄してもそのまま放置していると周囲の方々に捉えられる場合もあるため、不快感を与えてしまうこともあります。

犬が快適に散歩をし、周囲の方々に不快な思いをさせないようにするためにも、予測されうることに対応できるよう準備をしておくことが大切です。

子犬はワクチン接種を済ませる

子犬はまだ免疫力も弱く感染症にもかかりやすいため、2〜3回のワクチン接種完了後、2週間経過するまでは散歩デビューは控えるようにしましょう。

3〜14週ごろは「社会化期」と呼ばれ、環境に慣らすのに最適な期間といわれています。他の犬との接触は感染症の危険もあるため、外の環境に慣らすのであれば飼い主さんが抱っこしての散歩をするようにしましょう。

散歩前にリードや首輪を確認する

リードや首輪のナスカンが弱っていたり壊れていたりすると、散歩中に犬が引っ張った際に外れてしまい、思わぬ事故につながる可能性もあります。首輪も犬の体のサイズに合っていないと抜けてしまうこともあります。

ゆるんでいないか、体に合ったサイズに調整されているか、壊れている所はないかを散歩前にきちんと確認しておくようにしましょう。

必ずリードをつける

散歩の際には、リードは必ず付けるようにしましょう。周囲の方々の全員が犬が好きというわけではありませんので、恐怖感や不快感を与えてしまったりすることもあります。

最悪の場合人を噛んでしまったり、交通事故にあったりすることにもつながります。飼い主さんも周囲の方々も快適でいられるよう、リード無しでの散歩は避けましょう。

排泄の後始末をする

飼い主さんが特に注意すべきなのが、排泄後にきちんと後始末をすることです。住宅の前や商店街の店先では排泄はさせないようにしたいものです。

おしっこをした後は、持っているペットボトルの水で洗い流すようにし、うんちは拾ってその場所を水で洗い流し、持ち帰った後自治体の指示に従って処理するようにしましょう。

道端にうんちが落ちているのは、誰にとっても気持ちの良いものではありません。周囲の方に嫌な思いをさせないためにも排泄後の処理は必ず行いましょう。

まとめ

散歩する犬と女性

便利グッズから季節に応じたグッズまで色々ご紹介しましたが、まずは必ず必要なものだけでもあらかじめ揃えておきたいものです。犬が身に付ける首輪等は、サイズや強度が犬に合ったものを選ぶようにしましょう。

中には犬が苦手な方もいらっしゃいますので、そういった方に恐怖心や不快感を与えないためにもルールやマナーは必ず守るようにしましょう。

散歩は基本的には毎日行くものですし、犬と飼い主さんとの大切なコミュニケーションの時間でもあります。持ち物が多いと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、楽しく安全に散歩をするためにも準備しておくようにしましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい