アメリカンコッカースパニエルの病気について

【獣医師監修】アメリカンコッカースパニエルの病気について

お気に入りに追加

アメリカンコッカースパニエルは陽気で、どんな犬種とも仲良くなれる飼いやすい犬種だと思っている人も多いのではないでしょうか。そんなアメリカンコッカースパニエルですが、かかりやすい病気があるのです。どんな病気にかかりやすいのか?きちんと病気の知識を得ておきましょう。

5440view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

アメリカンコッカースパニエルの病気

遠くをみつめるアメリカンコッカースパニエル

チェリーアイ

アメリカンコッカースパニエルを飼う上で覚悟をしておかなければいけない病気が、チェリーアイという目の病気です。
チェリーアイと呼ばれてはいますが、正式には第三眼瞼腺突出という病名になります。
チェリーアイは「瞬膜」とよばれる目頭の部分の白い膜にある第三眼瞼腺が飛び出た状態になってしまい、飛び出た部分は米粒から小豆程のサイズまで大きくなる症状がでます。
そもそも、原因はいまいちわかっていない部分がありますが、瞬膜を固定している繊維性結合組織が欠損もしくはもろくなってしまうことで発生すると考えられています。アメリカンコッカースパニエルは、遺伝で発症してしまう確率が高いのです。
遺伝によって発症してしまうチェリーアイは、いつどのタイミングで発症するのかしないのかがわからないため、飼い主ができる予防法などがありません。
発症したときの治療法は、飛び出てしまった瞬膜を手術で元の位置に戻すことになりますが、手術の合併症としてドライアイになる可能性もあります。
合併症はもちろんのこと、再発する可能性もありますし、片側も発症することもあるので、それらを踏まえて手術をするかを決定するため、チェリーアイに詳しい獣医さんに相談するようにしましょう。

白内障・緑内障

アメリカンコッカースパニエルは水晶体が白濁してしまう白内障や、眼圧が上昇することによっておこる緑内障など、遺伝で目の病気がおこる可能性が高いと言われています。チェリーアイのチェックと一緒に目の状態をチェックしてあげましょう。

外耳炎

アメリカンコッカースパニエルは、大きな耳が垂れているのがチャームポイントであると同時に、耳の中の環境が維持されず外耳炎になってしまうリスクも抱えています。
放置をしてしまうと中耳や内耳にまで病変が進行してしまい、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

飲み薬や点耳薬で治療できればいいのですが、アメリカンコッカースパニエルは外耳炎が重症化しやすい可能性もあり、手術になってしまうケースもあります。早期に発見するためにも定期的に耳の中を掃除するようにし、清潔な状態を保つように心がけましょう。

アレルギー性皮膚炎

毛の多いアメリカンコッカースパニエルは、全身がアレルギー性皮膚炎になってしまうケースが少なくありません。しきりに痒がっていたりする場合は獣医さんに相談してみましょう。

脂漏症

脂っぽい皮脂が多く分泌されてしまうため、独特な匂いを放ち皮膚がベタベタしてしまう脂漏症という病気になってしまうことがあります。

脂漏症になってしまうとかゆみや脱毛、落屑が起こり、マラセチアなどの二次的な感染症が広がってしまうこともあります。治療するためには、自宅でも定期的に皮膚のコンディションを整える必要があるため、シャンプーはかかせません。

アメリカンコッカースパニエルが病気になりやすい理由

口を開けているアメリカンコッカースパニエル

アメリカンコッカースパニエルは陽気なコッカーと呼ばれている一方で、病気の好発犬種として名前をみかける犬種でもあります。しかし性格は人懐っこく、とても賢いため躾もしやすいのが事実です。

とはいえ、ダブルコートで被毛が長く食事を好むため、飼い主がきちんと体重や体の状態を管理しておかなければいけません。
そのうえ、アメリカンコッカースパニエルは主に皮膚や目、耳の病気に気をつけなければいけないのです。

まとめ

犬用バギーに乗っているアメリカンコッカースパニエル

アメリカンコッカースパニエルは、比較的病気の多い犬種であることには間違いありません。
しかし、綺麗な被毛や人懐こい笑顔を見せてくれるため、たとえ病気になってしまうかもしれないリスクを背負ってでも一緒に生活していきたいと思える犬種でもあります。
飼い主にきちんとした知識が備わっていれば、たとえ遺伝で病気が発症してしまっても愛犬と幸せに暮らしていくことはできます。
アメリカンコッカースパニエルに限らず、遺伝的に病気になりやすいわんちゃんもいると思います。病気になってしまったとき、慌てず対処できるよう飼い主として愛犬のことをしっかり学んでおきたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 あんず

    アメリカンコッカースパニエルは大好きな犬種ですが、病気にかかりやすいとは知りませんでした。
    被毛が綺麗な分手入れも大変そうです。
    耳や目の病気にも注意が必要なのですね。
    安易に家族として迎えるのはよそうと思いました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。