シャンプー嫌いなワンちゃんが撫でられるだけで綺麗に!?

7062view

シャンプー嫌いなワンちゃんが撫でられるだけで綺麗に!?

シャンプー嫌いなワンちゃん多いですよね。ワンちゃんに負担がなく、『ウェット手袋なでなで』でささっとワンちゃんが綺麗になります。ノンアルコールです。

『ウェット手袋なでなで』とは?

今回は、シャンプー嫌いのわんちゃんに、是非おすすめしたい商品『ウェット手袋なでなで』を紹介したいと思います。

どんな商品?

『ウェット手袋なでなで』のパッケージ 本田洋行 ウェット手袋なでなで10枚入 アロマティックグリーンの香り

シャンプーの代わりに、ウェットタイプの手袋をはめて撫でるだけで、ワンちゃんの臭いや汚れを取り除けます。
手袋型なので、顔や耳の中や足の裏など細かい部分もしっかり拭けます。
使用後の手袋は洗濯して繰り返し使えます。(ただし、香料は洗った場合匂わなくなります)
ノンアルコールなので、ワンちゃんに安心して使用出来ます。

どんな時にオススメ?

シャンプー嫌いなワンちゃんのケア

シャンプーが嫌いなワンちゃんは多いですよね。お湯を使ったシャンプーでしっかり汚れを洗い流すメリットもあるけれど、この手袋を普段のシャンプーと併用する事で、ワンちゃんのストレスが軽くなります。
我が家では、シャンプーするまでもないけれど、少し汚れてしまった時に使っています。

ケガや病気でシャンプーできない

患部を触らないように拭けば良いので、ケガや病気があっても清潔な身体を保てます。

寒い季節のシャンプー代わりに

冬になるとシャンプー後、中々被毛が乾かなくて風邪をひいてしまう可能性もあるので重宝します。

臭いが気になる

ちょっと臭う時にさっと拭けます。普通のシャンプーの時に顔や耳が洗いにくいので、そういった部分に最適です。

飼い主が実際に使ってみた感想

手袋をはめて早速ワンちゃんを撫でてみました。

まずは無難な背中から。

撫でられる柴犬(手袋を見ている)

『ん?』

大人しく撫でられる柴犬

『何これ…。』

次は首回りを撫でてみましょう。

撫でられて気持ち良さそうな柴犬

『嫌じゃないかも知れない…。』

お腹や尻尾も優しく撫でてみると、アロマティックグリーンの良い匂いがしました。
無香料もあります。

『ウェット手袋なでなで』は、若干ひんやりしていたら、手袋をはめてしばらく経って手袋が温かくなってから使用した方が良いでしょう。

背中や首など、触られるのが苦痛に感じない場所から、耳や尻尾、足など敏感な部分を進めた方が良いと思います。

ワンちゃんの感想

『気持ちよかったワン。まだ肉球やってないワン。早くやってよ〜』

肉球を見せる柴犬

負担がなく清潔を保てるのは良いですよね。
料金もリーズナブルで、まずは一度お試ししてみてもいいと思います。
我が家ではすっかり愛用しています。

シャンプーについて

シャンプーの頻度

基本的には1ヶ月に1回〜2回が望ましいようです。
ただ、雨で汚れたり、犬の種類によってはもっと洗っている場合もあると思います。
ただ、たくさんシャンプーをしてしまうと、愛犬の皮膚の免疫力を弱めてしまったり毛がぱさぱさになり傷んでしまう原因になります。
臭いが出やすいワンちゃんは、週に1、2回お湯だけで体を洗い流すようにしましょう。

シャンプーのコツ

お湯は37〜38℃で、人間が少しぬるいと感じるぬるま湯位が丁度良いと思います。
シャンプー剤はより低刺激の製品を使用し、できるだけ皮膚へのダメージを抑えましょう。
人間が使用するシャンプー剤は犬には刺激が強すぎるため、皮膚を痛めてしまう原因となりますので、ワンちゃん用を使うようにしましょう。
すすぎが重要ですので、ぬるま湯でしっかり洗い流します。
また、洗いにくい顔部分は『ウェット手袋なでなで』がオススメです。

愛犬の健康を保つのはこまめなお手入れ!

いつまでも、元気に健康でいて欲しいから、愛犬のお手入れは大切ですよね。
お手入れをしていると、愛犬の怪我や病気に気付きやすく、対応も素早く出来ます。
大切な家族の一員だから、忙しい時もコツを見つけてお手入れしていきたいですね!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!