犬が散歩中に吠える理由とやめさせるしつけ方法

犬が散歩中に吠える理由とやめさせるしつけ方法

犬を飼うと、毎日散歩に出かけます。ところが楽しいはずの散歩中、他の犬に会った途端に飼い犬が吠えてしまい困っているという飼い主さんも多いと思います。吠える対象は犬だけでなく、通行人や車などさまざまです。なぜ犬は散歩中に吠えるのでしょうか?その理由とやめさせるための対策やしつけ方法について紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が散歩中に吠える理由

柴犬が吠えあう

犬が他の犬にだけ吠える理由

犬はもともと「吠える性質」を持った動物です。「遊びたい」「怖い」など、何かを伝えるために吠えていることがほとんどです。では、なぜ犬は他の犬にだけ吠えているのでしょうか?その理由は以下のことが考えられます。

  • 警戒している
  • 怖い
  • 遊びたい
  • 興奮している
  • 縄張り意識がある

犬も人間のようにそれぞれ違った性格をしており、吠える理由は犬によって違いがあるようです。育ってきた環境でも異なり、社会性が養われていない犬の場合、他の犬と仲良くできない犬も存在します。

一方で、他の犬に会うと「遊びたい」とはしゃいで興奮するタイプの犬もいます。このような犬の場合は、散歩の長さや回数を増やし、比較的おとなしい性格の犬と遊ぶ経験を積ませることで、少しずつ落ち着くことがあります。また、年齢を重ねることで直ることもあるでしょう。

犬が通行人に吠える理由

吠える対象が周囲の犬だけでなく、散歩中に出会う人の場合もあります。他の犬同様、通行人に吠える理由として以下のようなことが考えられます。

  • 怖い
  • コミュニケーション不足
  • 警戒心

対象物に犬自身が慣れていないと、警戒心などから吠えることが考えられます。これらは、親兄弟から離される時期が早かったことや室内飼いが増えたことが背景にあり、犬に社会性が育まれていないことが大きな原因になっています。

犬の性格が形成され、成犬になってしまった犬の生活習慣を変えるのは難しい面もありますが、吠え癖を直すトレーニングを根気よく続けていきましょう。

犬が散歩中に吠える時のしつけ方法

しつけられてるダックスフンド

誰がリーダーか教える

散歩中他の犬に向かって吠える場合、自分をリーダーだと勘違いしていることがあります。自分がリーダーとして仲間である飼い主さんを守ろうと吠えている場合、お互いの主従関係の見直しが必要です。

こういった場合、飼い主さんが主導で犬を散歩させる「リーダーウォーク」を取り入れたり、プロのトレーナーに相談したりするなどの対策をとりましょう。犬は飼い主さんをリーダーだと学習できれば、散歩中に他の犬に気を取られずにすむようになります。

もし吠えてしまった場合でも、リーダーである飼い主さんが吠えるのをやめるよう指示を出すことで、簡単に止めることができるでしょう。

褒めるを繰り返す

犬に吠えることをやめさせるために効果的な方法は「吠えなかったら良いことがある」ということを犬に学習させることです。

散歩中、他の犬や通行人に対して吠えずにやり過ごせたら、おやつをあげて褒めるなどのしつけ方法を繰り返します。こういったトレーニングを続けることで、犬は「吠えない」を習慣にすることができるでしょう。

また、車や自転車などの動くものに反応して吠えるのは、もともと牧羊犬であった性質をもった犬種に多い傾向があります。この場合も、「吠えなかったら褒める」を繰り返し行うしつけ方法が有効です。犬が指示に従えたときには褒めたり、ご褒美をあげたりすると、より犬との信頼関係を深めることができます。

さまざまなものに慣れさせる

できれば犬の性格が形成させる子犬までに、できるだけ色々な刺激に慣れさせ社会性を身につけるようにしましょう。散歩中に恐怖心や警戒心のもとになるものに慣れさせておくと、「吠える」ことがない犬に育ちます。

例えば人に慣らす方法として、近所の方におやつをあげてもらい、家族以外の人が敵ではないと時間をかけて認識させることが大切です。

犬が散歩中に吠えるのをやめさせるには

噛みつく柴犬

吠える前に指示を出す

犬との散歩中に他の犬と遭遇しそうになったら、飼い主さんはタイミングを見て「おすわり」「伏せ」などの指示を出します。犬は吠えて興奮すると、吠えるのを止めるのが難しくなってしまことが多いので、飼い主さんの指示を出すタイミングがとても重要です。

日頃からこういった指示に慣れている犬の場合、出された指示の方に集中し、吠えずにやり過ごすことができるでしょう。また、指示を出したら従わなければならないリーダーだと犬に学習させるため、普段からコミュニケーションをとり信頼関係を築いておくことをおすすめします。

吠える対象を避ける

犬が吠える対象を、事前に避けることも効果的なやり方の一つです。例えば、散歩中に吠える対象が向かってきたら、犬が気づく前に方向転換をして別のルートに変更してしまいましょう。

また、散歩前に犬のお気に入りのおもちゃやおやつを持っていき、「犬が吠える前」に取り出し、気をそらすのも良いでしょう。おやつは鼻先に持っていくと匂いで注意をそらしやすくなるのでおすすめです。

まとめ

リードをくわえる犬

犬にとって吠えることは何かしらの理由があります。飼い主さんは、散歩中に犬が吠えた場合、どうして吠えているのかを理解するようにしましょう。

吠える理由を踏まえ、原因にあった対処法で、犬の緊張や不安を取り除くことが大切です。また、犬によって性格は異なるので、飼い犬にあったしつけ方法を見つけるようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 joe

    実家を出て15年、10年前に再び犬を飼い出したら聞いたことのない「犬の社会化」というワードが当たり前のようにしつけ本に載っていて驚いたものです。
    うちの犬は、子犬期にしつけ教室へ連日預けてトレーニングをお願いしていたため、人間も犬も大好きな犬に育ちましたが、お散歩をしていると犬が嫌い(苦手)なわんちゃんは多いような気がします。
    室内犬で滅多に犬に会わないのなら、犬が嫌いでも苦手でも問題ないと思うのですが、散歩のたびにストレスになるようだったら犬のために早期に解決してあげたいですよね。
    アイコンタクトで飼い主さんと信頼関係を持って、リラックスした状態で犬と挨拶が出来るようになると、きっと犬も楽しくなるのにな、と思います。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    愛犬を散歩していると、他のワンコに吠えられたり、逆に自分の愛犬の方が苦手な犬種で吠えてしまったり、対処に困る場面は確かにあります。我が家の愛犬はゴールデンレトリバーなので大きいという事で、警戒心から小型犬によく吠えられます。相手の飼い主さんの対処としては違うルートへ回避されたり、抱っこして通り過ぎたりしていますが、自分の愛犬から吠えてしまう場合は、記事にあるように違う事に興味を誘って目を見て話しかけます。おやつ入れを見せて「いい子にしてたら、これを後であげるからね。」というのが一番効果がありました。
    その他には、リードを持つ力加減で吠えるのを阻止できる場合もありますので、様子によって対処しようと思っています。日々の散歩でワンコ同士お互いに不快な思いをしないように、愛犬とのコミュニケーションを常にしていくことが大切だと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU


    ミニチュアダックスの男の子と暮らしています。
    ダックスは吠えやすい犬種と言われており、愛犬も特定の犬種にはこちらの声が全く聞こえないんじゃないかと思うほど、吠えまくってしまいます。
    記事にあるように、叱っても全く効果がなく、姿が見えなくなるまで吠えてしまいます。他の通行人が振り返るほどの大声で、恥ずかしくなることもしばしばでした。
    記事に書いてあるおやつを持ってアイコンタクトも試そうとしたこともありますが、お散歩中におやつを持ち歩くと、おやつ目当てでお散歩するようになるのもどうなのかなと思い、躊躇していました。
    実際、お散歩バッグにおやつ入りのタッパーを持ち歩いている飼い主さんも多いのですが、そのワンコは飼い主が立ち止まるとおやつ!とお散歩バッグに飛び付くようになっており、これを直すしつけをまたするのかなと思うと、我が家ではこの方法を試しませんでした。
    愛犬の性格上、嫌なものは嫌、おやつが出てきても食べないタイプということもあり、他の方法を試すことにしました。

    愛犬の場合、挨拶をしたときに怖い思いをした、又は、他の子と遊んでいる時に喧嘩になったことがある、などの過去に何か嫌な思いをした犬種のワンコさんが苦手となっています。それまでは平気で挨拶をしていたのに、1頭のワンコとの経験によってその犬種全てに吠えるようになっていました。
    経験による苦手意識、恐怖意識が働いているようでしたので、まず、その経験によって認識付けされたものを忘れてもらうよう、長い期間をかけることにしました。

    吠える犬種はなるべく避けるようにし、吠える機会を与えないようにしました。
    苦手意識を持っている時は克服するためにわざと鳴らした方がいいという意見もありますが、愛犬の場合、その方法は更に苦手意識を強くすると思い、とにかく避けるようにしました。

    この方法をとって数年が経ちますが、現在、他の犬種と挨拶をしている最中に苦手な犬種が参加してきた場合及び道路ですれ違う際、十分な距離がある場合は吠えずに通りすぎることが出来るようになりました。
    どんな犬種にも仲良くしてほしい、挨拶出来るようになってほしいと望む飼い主さんは多いと思います。
    私もそうでした。
    でも、人間も苦手なタイプの人はいます。全ての人と仲良くはなれません。挨拶出来るようにはなれないかもしれませんが、吠えかからない程度になれればそれで良いのかなと最近は思うようにしています。
    おやつは効果がなかった、という飼い主さんがいらしたら、時間はかかりますがこの方法もお薦めです。
  • 投稿者

    30代 女性 瑞希

    私はテリア犬を飼っています。
    テリア犬の典型として、好戦的な部分もありますが、基本は好奇心旺盛でフレンドリーな気質のため、余程の大型犬を見ない限り、自ら吠えるケースはほとんどなく、むしろ、吠えられるケースの方が圧倒的に多いです。特に、チワワ、Mダックスには嫌われやすい傾向にあり、遠目からもワンワンキャンキャンガウガウとやられるのです。飼い主さんの多くは、「ごめんなさいねぇ」的な無言の挨拶をして下さいながら、抱っこで連れ去ってしまったり、迂回され、その様子を愛犬は、挨拶したいのになぁとシュン...として見送っています。

    この記事は、私(と愛犬)のように、避けられる側にとっても、とても勉強になる記事でした。ついつい、吠えることを叱ったり、迂回したりせずに、他犬と対面させる機会を作って慣らした方がいいんじゃないか?何なら練習相手になるよ〜なんて思ってしまいがちなのですが、犬にも性質や個性があるもの。どうしても他犬が受け入れられない子がいたっておかしくないとも言えるはずですよね。そんなワンちゃんや飼い主さんがストレスをためないでいる方法として、紹介されている考え方やトレーニングの実践はありではないでしょうか。

    特に、まだまだパピーちゃんならば、社会化の実践をすすめますが、ある程度の年齢の愛犬と暮らしていて困っている方は多くいますので、教えてあげたいと思います。
  • 投稿者

    女性 マーチ

    お散歩中にすれ違いざまにものすごい勢いで吠えられると、なぜかこちら側がすみません、と急ぎ足に去るようにしていますが、良く考えたらすみませんはあちら側か、と記事を読んでふと思いました。なかなか吠える犬のしつけは難しいのでしょうが、若いうちに頑張ってあげるのが犬のためにもなりそうですね。
  • 投稿者

    女性 匿名

    犬の種類や性格にもよります。うちは3ヵ月まで親犬に育ててもらい、幼稚園、小学校に通い服従訓練もうけました。競技会の大勢犬がいるところでは静にしています。街のなかで散歩すると、吠えて暴れます。通りすぎ、相手の犬が吠えていても知らんぷり。
    室内飼いの頼りになる警察犬シェパードくんです。人とおなじで性格です。
  • 投稿者

    女性 匿名

    これ実践しようとがんばっていますが、犬同士は挨拶するものと思い込む飼い主の場合、お座りさせてアイコンタクトをしている所でもお構いなしに犬を近づけてきたりします。うちの犬はもちろん吠えます。この地域の飼い主はだいたいこんな感じなのでしつけもままならず、途方に暮れています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    他犬に合わないと吠えずに済むのは当たり前のこと。
    私は静止・制御の練習になると思い避ける事はしませんし、相手には迷惑でしょうが、しないで欲しいかなと思ってます。
    まっ、小型犬なのでそれが可能なのですが_。
    おかげで前もって『しぃーだよ。』と言う指示を聞いてくれるようになりました。
    勿論、吠えずに通り過ぎることが出来れば褒めます。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    SUSUさん素晴らしい。
    犬も十頭十色。
    「犬の挨拶」とやらを勝手にしてくるむちゃくちゃな愛犬屋。
    社会化期はオーナー元に来る前、生後7週程度でとっくに終わっている。
    2ヶ月からは恐怖の刷り込み期。
    その時期にやたらめったら犬同士臭い嗅ぎさせる。
    自分のご愛犬に引きずられているから、行ったろかやったろかの戦闘モードに気付いていない。
    たまたま相手の犬に救われているだけ。
    自身の犬を知らない、見極められていないご愛犬屋達迷惑。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。